話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

きつねにょうぼうなかなかよいと思う みんなの声

きつねにょうぼう 絵:片山健
再話:長谷川 摂子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年12月
ISBN:9784834012934
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,092
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ステキな家族

    このお話は、キツネの正体を隠しながら生活している奥さんとその家族のお話でした。子供がある日自分のお母さんの正体を知ってしまって、それがきっかけで離ればなれで家族は暮らしていました。でも、何かあったらお母さんは家族のために労を惜しんでいない姿がとっても感動しました。

    投稿日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに相応しい昔話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    日本の昔話の再話。

    文字通り、きつねが嫁入りして、正体がわかってしまったので去っていったというお話です。
    人間と人間以外の結婚は異類婚姻譚と言われるそうで、正体を知られたら、一緒に暮らせなくなるというのも、良くある昔話のパターンだと思います。

    でも、この作品の読後感は、他の昔話の比較にならないくらい、何とも言えず爽やかなものがありました。
    親子の愛情、夫婦の愛情が、沢山垣間見れるからなのでしょう。
    片山 健さんの絵は好き嫌いがはっきり分かれるところですが、この作品には相応しい絵調だと思いました。
    読み聞かせの昔話の一冊に加えて欲しい絵本です。

    投稿日:2008/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の深い愛

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    母きつねが、子どもに歌うところでは、胸がいっぱいになりました。
    子どもと離れ離れになるなんて、想像しただけで涙が出ます。

    片山さんの絵が好きですが、この絵本はちょっと文章とのバランスがよくないかあ。。
    もう少し、優しい雰囲気で描いてあったらよかったです。

    投稿日:2006/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素晴らしい

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳

    子どもの耳鼻科の待合室で見つけて読みました。子ども達は、文章の言い回しなどが耳慣れないせいか、途中から自分で別の本を出して読み始めてしまいましたが、私はお構いなしに最後まで声を出して読みました。

    片山健さんは、恐ろしい絵を描く人というイメージがありましたが、この本では、お話を上回るほどの素晴らしい絵を描いています。
    特に椿の咲き乱れている場面など、しばらく見入ってしまうほど素晴らしいものでした。

    母の愛情をひしひしと感じるお話にこの吸い込まれてしまうような絵。昔話の世界を堪能できる絵本です。

    でも、結局我が家では、最後までお話と付き合ったのは私一人だったので、評価は涙を呑んで☆4つとします。

    投稿日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット