宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

わたしとあそんでなかなかよいと思う みんなの声

わたしとあそんで 文・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:与田 凖一
出版社:福音館書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1968年08月
ISBN:9784834001532
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,224
みんなの声 総数 125
「わたしとあそんで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 優しい気持ちにさせてくれる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マリー・ホール・エッツは、1895年アメリカ ウィスコンシン州生まれ。
    1984年没。
    1944年の作品で日本では1963年に訳された「もりのなか」で、つとに知られています。

    「もりのなか」は、モノクロームの世界でしたが、他の作品も一色を基調としたものが多く、今回の作品は、クリーム色が基調となっています。
    物語は、主人公の女の子が、原っぱに遊びに行くシーンから始まります。
    ばったがいたので遊ぼうと思ったのに、逃げてしまいます。
    次は、かえる、やはり逃げてしまいます。
    そんなやり取りの繰り返しが続きます。
    女の子は、仕方ないので池の辺の岩に腰掛けてじっとしていると、さっき逃げていった動物達が寄って来るのです。
    その時、女の子は、目で動物達を追い駆けます。
    決して動かず、目だけを動かしているのでなかなか気付かないかも知れませんが、その微妙な動きが秀逸。
    最後に、動物達と女の子が一緒の空間にいるのを見ると、何とも言えない穏やかな気持ちになることでしょう。

    追いかけると逃げるけれど、じっとしてると寄って来るという野生動物達の習性は、まさに真実。
    マリー・ホール・エッツの幼少期に動物達と親しんだ実体験が、この作品の原点なので、なおさら真実味を帯びて語りかけていきます。
    優しい絵に加え、後ろから覗いている太陽も良い味を醸し出していて、安心して読み聞かせできる古典的作品としてオススメします。

    投稿日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    4
  • 気持ちをかさねやすい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    バッタ、カエル、カメにうさぎ、一緒に遊びたいのに次々に逃げて行ってしまう動物たち。
    追いかけようとすると逃げて行ってしまう、さみしい気持ちがすごくよく分かり、最後に動物たちが近寄ってきてくれたとき、ホッとして、感情の揺れを楽しめました。
    小さな子でも分かる、一人ぼっちで寂しい気持ちを、親と一緒に安心して味わえます。

    投稿日:2018/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも安心して絵本の中に入って行けそう

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    よくおすすめされていますが、
    中の絵があまり好みではなかったので、躊躇していましたが、
    今回読んでみて、もっと早く読んでおけばよかったと思いました。

    驚くような展開はないけれど、
    静かに優しく進むストーリで、
    子どもも安心して絵本の中に入って行けそうです。

    ぐいぐいいってしまうよりも、
    静かに待つってことも時には大切なんですよね。

    これって、子育てにも言えるのかも。

    投稿日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかいお話です

    • ミィ好き子さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    全体的に絵もお話もほんわかしています。
    自我が強い4歳の子に、ちょうど良い内容だと思います。
    絵本の中では相手が動物ですが、人通しでも同じだと思いました。
    この絵本を通して、感じるものがあってほしいなと思っています。

    投稿日:2014/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達できて良かったね

    朝の野辺で、女の子がいろいろな生き物に興味をしめします。
    でも、近づいて行くとみんな逃げてしまいました。
    同じような風景の繰返しは低年齢向き。
    何にでも興味を示す幼児向きだと思います。
    女の子がじっとしていたら、今度はいろいろな生き物が近寄ってきて、鹿の子にペロペロされてしまいました。
    くすぐったいけどとてもうれしい発見です。
    全ページ、お日様に見まもられているのもお母さんには安心感。
    お母さん好みの一冊です。

    投稿日:2013/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふふっ

    「あそんで、あそんで」と追いかけているときは、誰にも相手にされず・・・
    じっとしていたら、みんながやってきます。
    こんな出来事、わかります。思わず「ふふっ」と笑いました。
    女の子がじっとしている場面の目の動きなんかも、とてもいいですよ。

    投稿日:2012/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あそびかたが女の子ですね〜

    5歳の息子は「で、遊んで無いじゃん。」と感じたようです。
    確かに、男の子の「遊んだ!」っていうのは、ちょっと違うのかもしれません。

    表紙のかわいらしさといい、登場する動物たちのフワフワ感といい、
    ターゲットは女の子と女親だと思います。

    私自身は、かわいらしさにメロメロ。
    ぜひ本棚にそろえたい♪と思うのですが、息子にはちょっと物足りなかったようです。

    0歳の娘が大きくなったら、ぜひ一緒に読んでみたいと思います。

    投稿日:2012/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のお気に入り

    娘が4歳半ごろから急にお気に入りになりました。
    それまで、読んでも反応が悪かったですが、突然です。
    静かに進んでいくお話ですが、最後はほのぼのと心温まります。
    大人の目線での感想は、絵のタッチがとても素敵で、
    女の子の位置で背景が微妙にずれていく視点がおもしろいです。
    最後の女の子の表情がたまらなくキュートで私も大好きな一冊です。

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の発見

    動物さんとの接し方をほんわりと教えてくれる優しさがあります。

    うちの息子3歳は動物さんが大好きで
    ハトを見つけると追いかけまわすし
    猫を見つけると 後ろからギュッと背中を持ち上げたりして

    動物が大好きなのに、動物に逃げられてしまいます。

    そんな息子にとって 主人公の女の子が動物さんに逃げられてしまう前半は共感で
    後半は息子にとって発見でした!

    動物さんの世界を壊さずに、動物さんが怖がらないように

    やわらかいタッチの絵が不自然ではなく すーっと息子に入っていったようです。

    投稿日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 追えば逃げる

    表紙の絵そのものの、ほのぼのやさしい絵本です。
    『あそびましょ。にげちゃった…』の繰り返し。
    かえるも、カメも、リスもみんな逃げてしまいます。

    でも・・・。
    諦めて座り込んだ途端みんな集まってきます。
    なかなか深い話です。
    小動物とのふれあい、女の子の行動への共感。
    2歳の娘の反応も良かったです。

    投稿日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット