なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

まほうつかいバーバ・ヤガー」 パパの声

まほうつかいバーバ・ヤガー 作:松谷 さやか
絵:ナタリー・バラン
出版社:福音館書店
本体価格:\903+税
発行日:1987年
ISBN:9784834000702
評価スコア 4
評価ランキング 23,154
みんなの声 総数 5
「まほうつかいバーバ・ヤガー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むすめも魔法使い?

    オーソドックスな昔話の感じで、日本の「三枚のおふだ」を思い出しました。
    バーバ・ヤガーは山姥ににています。
    でも、継母がむすめに冷たい仕打ちをするのは、西洋的展開でしょうか。
    山小屋向きを呪文で変えてしまう技を持っているむすめなので、安心して見ていられました。(^ω^)

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典的な名作

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    バーバ・ヤガーという名称に惹かれて、読んでみました。
    バーバ・ヤガーとは、スラヴ民話に登場する妖婆。
    各種の民話で語られるほか、芸術分野ではムソルグスキー作曲の組曲『展覧会の絵』の1曲「バーバ・ヤーガの小屋(鶏の足の上に建つ小屋)」で知られるとのこと。
    日本語では魔女、山姥、鬼婆、妖婆というところでしょう。

    原作は1941年で、邦訳は1987年。
    ロシア民話の再話という形をとっています。
    何と言っても、ナタリー・パランの切紙細工のような絵が、民話というに相応しいもの。
    とても味わい深い絵だと思います。

    物語は、主人公の娘の父が、母がなくなった後に、新しい母を迎えるシーンから始まります。
    その新しい母のお姉さんが、バーバ・ヤガーで、娘はお遣いに行かされるのです。
    その時に、娘は自分のおばさんに相談していくのですが、その時のアドバイスが秀逸。
    このアドバイスに基づいて、話は大きく展開するので内容については読んでのお楽しみとしたいのですが、実に良く出来たお話だと関心してしまいました。

    古典的な名作として、オススメしたい作品です。

    投稿日:2011/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット