しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いもうとのにゅういんなかなかよいと思う みんなの声

いもうとのにゅういん 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年02月
ISBN:9784834001617
評価スコア 4.81
評価ランキング 223
みんなの声 総数 129
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ぎゅーっと

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    妹が入院したことをきっかけに、成長するお姉ちゃんのお話です。
    林さんと筒井さんのペアの絵本は、子どもの小さくて繊細な心を丁寧に描いています。不安な気持ちなども読んでいる側にとても伝わってきて、心をぎゅっとつかまれた感じがしました。絵がやわらかくて本当に素敵です。
    兄弟のいるお子さんには何か感じるところがあるかもしれません。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねえちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おねえちゃんとして成長するあさえちゃんの姿が良かったです。
    我が家も次女が入院をしたことがあり、そのことを思い出しました。
    長女は当時2歳になりたてだったのでただたださびしかっただけだと思います。夜いきなり病院に妹と親が行ってしまい、長女は祖父母の家に預けられてしまったので。その時のことを覚えていたのかわかりませんが、あまりこの絵本にはくいついてきませんでした。同作者の「こんとあき」等は大好きなのですが。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長を感じました

    3歳になったばかりの娘に読みました。
    文章が長い絵本なので最後まで聞いていられるか心配でしたが、全くの杞憂でした。
    自分と同じような女の子が出てくることに釘付け。娘に妹はいませんが、普段、保育園で小さい子と触れあっているので、感情移入して聞くことができていました。
    たまたま祖母が入院していたこともあり、病院のシーンや点滴が描かれたページを見ては「おばあちゃんと同じだねぇ」と言っていました。
    色々なことがわかるようになってきているのだなと成長を感じました。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?またお留守番?

    『はじめてのおつかい』『あさえとちいさいいもうと』が好きです。そして、この絵本が、同じ作者コンビ3部作のもう1冊とのこと。あさえちゃんとあやちゃんが出てきます。
    『あさえとちいさいいもうと』では、お母さんがおつかいにでかけてしまいましたが、今度はあやちゃんが病気で、またあさえはお留守番を余儀なくされます。今度はひとりきり。思わず「また?」と思ってしまいました。いくら急用とはいえ、幼稚園児が一人でお留守番なんてあり得ないよなぁ・・・と。
    でもあさえちゃんはその苦難を乗り越えて、ちゃんとお姉ちゃんらしく振る舞います。ちょっと痛々しい感じさえしてしまいました。
    あさえちゃんがつくる折り紙が、長女がよく折るものとそっくりで、なんだか我が家の出来事のように思えました。林明子さんの絵には本当にいつも驚かされます。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもなら 妹とけんかする 姉妹。 大事なお人形を貸してあげたくない気持ちなんです。
     こんなあさえちゃんが 妹が急に入院することになって
    ママは妹につきっきり お姉ちゃんは我慢するんですね、一人でお留守番 淋しくて 悲しくて パパの帰ってくるまでベットに潜って待っている心境が 分かりますね!
    ほっぺこちゃんが唯一頼りなんです。(大事なにんぎょう)
    かわいそうになります
     
    妹のお見舞い折り紙を作って持って行ってあげる優しさ
    お姉ちゃんだからこその 優しさですね!
    我慢したり 妹のこと考えてあげたり 姉妹はいいものです
    姉はどうしても我慢することが多いので 大人になって心優しくなるのですね(私の場合も姉は優しいのですよ)

    妹に 大事なほっぺこちゃんをあげてしまうの。          
    本当にずいぶんお姉ちゃんなって・・・・お母さん・お父さんのの愛情を受けているからこんなに優しくなれるのだと思いました  こうして 成長していくのですね
    けなげな お姉ちゃんがいとおしく思えました。
    妹が 元気になって退院したらまた けんかするかな?
    そんな兄妹であってほしいと思います(産まれた環境で人間は立場が違うのですね。  

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんの気持ち

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「はじめてのおつかい」の舞台になった同じ町に住む女の子のお話ということで、作者の遊び心が隠されていると何かの本で読んで知っていたのですが、息子はそこまで気づくまでははまらず、一回読んだくらいでした。その隠された遊び心は、我慢できずに私が自ら教えちゃいました。「本当だー」とは言っていましたが。

    普段はきょうだい喧嘩もするし、いやなこともいっぱいあるけれど、お姉ちゃんの心配する気持ち、不安な気持ち、思いやる気持ち、伝わります。男兄弟でもおんなじだろうと思います。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉さんになれたあさえちゃん

    あさえとあやの姉妹、妹のあやちゃんが盲腸で入院します。ママが病院に行ったから、一人で怖くても、パパが帰るまで我慢、我慢。翌日、あさえちゃんは妹に、折鶴と、大事な大事なお人形をプレゼントします。精神的に成長したあさえちゃんを喜ばしい思いで読める絵本です。絵が外国絵本にありそうな写実的な印象ですが、日本人が主役なのでちょうどよくミックスされています。

    お姉ちゃんにオトナになって欲しいときに読ませたらいいと思います。

    英語版もあり、セットで読み聞かせすると英語の勉強にもなります。セットで買うのをおすすめします。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらためて感じる想い

    • マヨコさん
    • 30代
    • その他の方
    • 神奈川県

    弟や妹がいるお兄ちゃん、お姉ちゃんて、
    とてもしっかり者で、そして人一倍に優しいんだなあ…と、
    この絵本を読んでみて、あらためて感じました。

    私にも兄がおりますが、子どもの頃はケンカも多く
    『お兄ちゃんてすごく意地悪、嫌いだ!』
    …なんて、ケンカするたびに思ったりしていました。
    それでも、私が風邪をひいて熱を出したり、病気で入院したときには
    私のために大好きなお人形やぬいぐるみを家から持ってきてくれたり、私が好きな漫画本を持ってきてくれたり、
    優しくて思いやりのある一面を見せてくれたこともありました。
    ケンカをすることがあっても、妹の私にはいつも優しくて、
    大好きで自慢だった私の兄。

    絵本の中の、あさえの妹に対する優しい想い。
    どことなく子どもの頃の兄によく似ているなぁ…と、
    この絵本を読むたびに、私はいつもそんな子ども時代を思い出します。

    【いもうとのにゅういん】

    兄弟、姉妹って、本当にいいものだな…と思えるような、
    とても優しい気持ちにさせてくれる、素敵な一冊です。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙からも語られる物語

    「あさえとちいさいいもうと」の続編ですね!
    それに気づいた時点ですごくテンション上がりました。

    妹のあやちゃんのいたずらに、ちょっとイライラ気味のあさえ。ところがあやちゃんは盲腸炎で入院することに。あさえは、お見舞いに何を持って行こうか、一生懸命考えます。

    今回もまた子供だけで放置されてしまうわけですが…。これは賛否両論あるでしょう。しかし、あさえの不安な気持ち、心細さってお母さんが不在だからこそしっかり描かれるわけで、一緒に病院について行ってたらこの成長物語は成立しなかったでしょうね。

    表紙と中扉の絵が、あさえがほっぺこちゃんをどれだけ大切にしているかを物語っています。そのお人形を抱いて眠るあやちゃんの寝顔が背表紙に描かれているのですが、眺めているとじ〜んときてしまいます。あさえのいじらしさ、成長、姉妹愛、全てが伝わってきます。

    素敵な絵本です。

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉妹の愛

    突然、妹が入院することになったお話です。

    一人ぼっちになったあさえちゃんの気持ちと、妹への愛情を丁寧に描いた絵本でした。

    登場人物が同じなので、『あさえとちいさいいもうと』の続編なのでしょうか?
    前作に比べると、あさえちゃんの心の成長が感じられると思います。

    愛情と感動が詰まった一冊でした☆

    掲載日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット