まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

だれかしらなかなかよいと思う みんなの声

だれかしら 作・絵:多田 ヒロシ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1972年6月20日
ISBN:9784579400171
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,165
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • わかりやすくて楽しいようです

    お誕生日のお祝いに、おともだちがやってきます。
    おともだち誰かしら?のセリフと、ドアのまどに、
    少しだけ、お友達が見えます。
    おともだちが、だれかあてるのはうれしいようです。
    ちいさなねずみさんや、せいたかのっぽのきりんさんなどいろいろ
    やってきてかわいいです。

    投稿日:2017/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 扉の向こうは

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    お誕生日にプレゼントを持った動物たちがおうちに遊びに来てくれます.
    ドアの窓から少しだけ動物の姿が見えていて,子どもと誰が来てくれたのか当てっこしながら楽しめます.

    キリンさんがプレゼントしてくれたのが今実際に読んでるこの本だと気づいたとき,息子はとてもうれしそうでした.

    投稿日:2015/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おたんじょうび

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おたんじょうびに動物たちがお祝いに来てくれます。
    ドアからちらっと見える姿が楽しいです。
    言葉が話せる年の子ならいっしょに誰が来るかあてっこをして読みたいですね。
    1歳の子に「○○だねー」と言いながら読みました。

    投稿日:2014/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう

    パーティーにいろいろな動物がやってきます。
    「とんとんとん だれかしら」というリズムが好きなようで、おままごとでは、保育士が「トントントン」とドアをたたくマネをすると「だれかしら」と言うようになりました。
    見ているだけで楽しくて、心の温まる絵本だと思います。

    投稿日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0〜2歳くらいにおすすめ

    息子が2歳のときに、いただいた絵本。
    誕生日の男の子に、たくさんの動物のお友達が訪ねてくるというストーリー。

    ドアの窓から、その動物の一部分が見えるので、
    どの動物だか当てっこができます。
    よくありがちな絵本ですが(これは1972年発行と古いですが)、
    1歳くらいから、読んで楽しめそうです。

    息子に読むには、ちょっと遅かったようです。

    投稿日:2013/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物さんたちがやってくる

    色んな動物たちが、おうちを訪ねてくるお話です。
    「とんとんとん、だれかしら」のリズムにのって色んな動物たちが次々と登場。
    ねずみさんやきりんさんなど娘が大好きな動物たちがやってくるので楽しいみたいです。
    何度かこの絵本を読んでいるうちに娘も覚えたようで、立っている私のおしりを「とんとんとん」とたたきながら、「だれかしら」と言っています。その様子がなんともかわいらしいです。
    お誕生日ということを少しずつ理解しているようで、この絵本の最後にお誕生日のページが出てくるところも嬉しい様子。「おたんじょうびなんだねー。よかったねー」としみじみ言っていて、それもまたかわいらしいです。
    我が家は2歳になってから購入しましたが、もっと小さいうちから楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドアに窓があいているところがいい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    特に大きなストーリーはありません。ドアをトントン叩いて、お友だちの動物がやってくる。ドアの向こうの「だれか」はだれかな?って、ドキドキしながらページをめくる。
    ドアに窓があって、自然に誰だろう?って、見ている子どもたちが少しだけ想像できるきっかけをもらえるところもいいと思います。

    この手の作品は絵本にはよくありますが、内容は楽しいですし、ハンドサイズなので、持ち歩きにも便利です。

    投稿日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お誕生日

    タイトルからはわかりにくいですが、お誕生日の絵本でした。
    「たんじょうび おめでとう」と、みんながプレゼントを持ってやってきます。
    扉のノックの音や、小窓からチラッと見える姿に個性がでて、面白いです。

    私は、きりんさんが「だれかしら」のこの本をくわえていることが、とても面白かったのですが、1才児ではまだ気づかなかったみたいです。

    投稿日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドア物は好き

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜2歳児の親子のお話会で読んでいるの見てました
    小さな子供はドアから誰かが出てくるというパターンがとても好きです
    とんとん・・・と聞いただけで、体が勝手に反応するようです

    少し長いかな〜と思いましたがかなり集中して見ていました
    お誕生日のときにはぜひ読んであげたい絵本ですね

    投稿日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は当てっこが好きです

    誕生日会に訪ねてくる動物たちの一部を見て、「だれかしら?」と当てっこしながら読める本です。子供は当てっこするのが大好きです。と言っても何回か読めば、簡単にすぐ誰だか分かってしまうのですが。他にも動物の一部が出てきて、次のページで誰だか分かるっていう幼児用絵本はありますが、多田ヒロシさんの絵は優しい感じが出ていて私は好きです。

    そう言えば、きりんはこの本をプレゼントに持ってきているんですね。

    投稿日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(56人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット