話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

ピーボディ先生のりんご」 その他の方の声

ピーボディ先生のりんご 作:マドンナ
絵:ローレン・ロング
訳:村上 由佳
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784834250473
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,078
みんなの声 総数 9
「ピーボディ先生のりんご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マドンナの ーすべての先生へ捧ぐー  この話で驚いたのは、300年前の話をもとに みんなに伝えたかった話で  原作者バーム・シェム・トゥ”(教育者) 言葉の持つ力と、そして、他人を傷つけることのないよう注意深く言葉を選ぶにはどうすればよいか (このほんの主題)

    マドンナの伝えたかったことが この絵本には込められているのです

    はじめのページに赤いリンゴと羽ーこの本の持ち主は、ー

    このメッセージに込められていることの深さを、読んでいくうちに心に深く残りました!

    子供たちと 野球を楽しんでいる ピーボデ”ィ先生は、フルーツマーケットでリンゴを買って帰るのが、日課でした。
    ある時 トミー・ティトルボトムという男の子が 先生がお金を払わないでリンゴを持って帰ったのを見て おかしいと思い(この場面だけを見れば正しかったかも・・・・でも 真実を見なかったのですね)
     
    友達にはなし 又同じ場面を目撃し、みんなもおかしいと思い 家族やみんなに話します  
    うわさは あっという間に広がります(うわさとは こんなふうにして広まり どんどん 誇張されて広がっていくものですね!)

    このことを先生は実に明快で、実践で 深く教えるのです!

    この先生の教え方は、読者のお楽しみです!

    私もあっ!と思わされました。

     先生は、実に静かに トミーの心に深く残るように教えたのです!
    教育者とは、こうあるべきと マドンナも思ったのでしょうね

    この話をお話会で 素話された方がいます その時に感動し この絵本を読んで 益々 絵のすばらしさにも感動しました!

    大人が読む絵本かもしれませんが・・・ 高学年にも分かる話だと思います。 
    機会があれば読んであげたいと思います!

    投稿日:2010/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかった事にはできない

    • 蒼葉さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 群馬県

    「作者がマドンナ?なんかイメージが湧かない・・・。」と最初の印象。でも読んだ後とてもいい絵本だなぁ、と思いました。

    「君が広めた私が泥棒だという噂もなかったことにはできないんだよ」ピーボディ先生の言葉。これにはジ〜ンときました。確かにやったことは無かったことには出来ません。だからこそ、ちゃんと罪を償わなくちゃいけないんですね。なんだか考えさせらるような絵本でした。

    投稿日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • マドンナさんは、全5冊から成る絵本シリーズを出版されているのですが、世界約110カ国で40カ国以上の言葉に翻訳され、好評を博し、一話完結で、各巻でのイラストを描いている画家もそれぞれ一流!
    今回のイラストは、ローレン・ロングさんです。ひょろっとした感じの登場人物が、見ていても癒される感じで、個性的で素敵なイラストでございました(o^_^o)

    〜全世界でベストセラー!マドンナの絵本シリーズ〜
    「大切なのは、どう見えたかじゃなく、本当はどうか、なんだよ」
    母マドンナが語る、真の勇気の物語♪

    【マドンナさんのコメント】
    この本のもとになっている話は、300年ほど前に生まれたもので、私はそれをカバラ先生から聞きました。言葉の持つ力と、そして、他人を傷つけることのないよう注意深く言葉を選ぶにはどうすればよいか、が主題です。
     原作者のバール・シェム・ドヴ(善き名の主)は、自身も優れた教師で、人助けに生涯を捧げ、すべての人を等しく愛することの大切さを強く説いています。
     原作のすばらしさを十分に伝えることが出来ていれば良いのですが。
     この本を世界中の先生方に捧げます。

    この作品を読ませて頂き、言葉の持つ力について、改めて痛感させられました(>_<)
    ワタクシも、トミー少年のように、羽毛の入った、枕を持って反省しなければならないと思う事が、過去に数々、あった様に思います(>_<)
    ピーボディ先生が、トミー少年に言った「この次からは、そんなに慌てて人を判断してはいけないよ。それと、よーく覚えておくんだ。自分の口から出る言葉に宿る、もの凄く大きな力のことをね」という一言の重さを、今後も忘れずにいたいと思います(o^_^o)
     お子様にも、お薦めの1冊でございます♪

    投稿日:2006/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / たいせつなこと / かばんうりのガラゴ / じゃあじゃあびりびり / りんごがひとつ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット