あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

ピーボディ先生のりんごなかなかよいと思う みんなの声

ピーボディ先生のりんご 作:マドンナ
絵:ローレン・ロング
訳:村上 由佳
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784834250473
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,512
みんなの声 総数 9
「ピーボディ先生のりんご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人の言葉の重み

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    人の言葉の重み、大切さを教えてくれる絵本です。

    ちょっとした子供の誤解から、町の中で泥棒だという噂が広まってしまったピーボディ先生。
    先生は子供に、言葉の持つ力の重みを枕の羽毛を使って考えさせます。
    決して感情的に怒ったりせず、子供にじっくりと考える機会と時間を与える先生に、自分も見習いたいと思わされました。
    そして、失いかけた信頼がまた戻ったのを見たとき、ホッとするのと同時に、心がじんわりと温かくなるのを感じました。

    ただ、やっぱりこの状況では噂がどうこうは抜きにして、誤解を受けてしまうのは仕方ないという気持ちがあったのも正直なところ。
    たとえ正当な理由があったにしても、周りがそれを見たらどう感じるか考えたら、先生の行動はちょっとどうかな?と考えてしまいました。
    せめてお店の人に声くらいはかけたほうがいいですよね。

    投稿日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々と考えさせられるお話でした

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子16歳、女の子14歳、女の子12歳

    歌手のマドンナ作の絵本。

    ピーボディ先生は小さな町の小学校の先生。
    週末には少年たちに野球も教え、だれからも尊敬されています。
    ある日、トミーがふと目にした先生の行動を、友だちにしゃべった事から先生は町中の人たちから誤解を受けてしまいます。

    言葉はその口を出た瞬間から自由自在に広がり始める。
    それも大きな力を持ち、人々の間を飛び回り、失せる事はない。
    先生はそれを空中にばらまいた羽枕の羽根になぞらえていましたが、全くその通りだと思いました。

    何気なく、悪意なく発したとしても、その結果人を傷つけてしまうことは良くあることです。
    言ってもいい事なのか、言ってしまった後に人が傷つかないかどうか、考えながら行動することは難しい。でもとても大切なこと。


    ただし、ピーボディ先生の「どう見えたか、というのは、どうでもいいことなんだよ。大切なのは、ほんとうはどうか、なんだ。」という言葉はちょっと引っかかりました。

    ことわざにも「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」とあるように、立ち振る舞いも言葉と同じように大切なのだと思います。
    間違った事をしていなければ、何をしてもいい、ということにはならない、ですよね。
    なので☆4つ。

    でも、人と付き合っていく上で、とても大切なことを教えてくれている本だと思います。
    「大人になった子供たちにも」とのマドンナの添え書きがありました。

    投稿日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / たいせつなこと / かばんうりのガラゴ / じゃあじゃあびりびり / りんごがひとつ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット