しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

1ねん1くみ1ばんワルなかなかよいと思う みんなの声

1ねん1くみ1ばんワル 作:後藤 竜二
絵:長谷川 知子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1984年11月
ISBN:9784591015445
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,328
みんなの声 総数 11
「1ねん1くみ1ばんワル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人が読むと心配になる

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子2歳

    1年生になった長男がお友達に勧められてシリーズを読み始めたので、私も並行して読みました。

    クラスで一番のワルのくろさわ君と「ぼく」の友情が育っていくのだなと予感させる第1巻です。私の子供のころにも、こんな子いました。そして息子の周辺にもいるようです。

    息子はこの本の「ぼく」のようなタイプではないのですが、それでもくろさわ君が気になるようで、熱中して読んでいました。

    私は大人なので、この先くろさわ君が進学で困らないかとか、お母さんがいないみたいだけど、お父さんはどんな人なのかしらとか、いろいろ心配になってしまい、簡単に「楽しかった!」とは思えませんでした。読者である子供たちも、何か変だぞと思いながら読んで、成長するのでしょうね。

    掲載日:2015/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう子、一人はいますよね

    1年生になった息子に借りてきました。

    ちょっと活発(やんちゃともいう)で、
    先生の話しをちゃんと聞けなくて・・・ってどんなクラスでも
    一人はいますよね〜
    私の子供のころもいましたし、息子も同じくいるようです。

    くろさわ君はおかあさんがいないようなカンジで描かれていましたが
    きっと息子には、そこは汲み取れてないと思います。
    こういう家庭の事情がある子なんだと大人目線で見ると理解できても
    1年生の子供たちにはまだまだ無理ですよね〜

    くろさわ君を上手に受け止めている先生も素敵です。
    こういう先生が担任だったらいいですよね。

    シリーズになっているので他にも読んでみたくなりました。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1ばんワル!!

    「ワルって、なぁに?」と聞いてきたうちの娘。
    内弁慶で、どちらかというと学校で良い子で”振る舞う”我が子に
    読み聞かせました。
    幼稚園にも、いました。
    入学したての小学校にもいるでしょう。
    こんなやんちゃな男の子。
    社会勉強をしてらっしゃ〜い!

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないヤツ

    息子が1年生になったので、読んでみようと思いました。
    くろさわ君はとても乱暴でめちゃくちゃなことばかりしています。
    わたしは、えーこれはちょっと…と引き気味でしたが、
    息子はニコニコ。3歳の息子までもが、滑り台から自転車で
    降りるくろさわ君をまるでヒーローを見るかの目で見ています。
    子供たちは、すぐに本の世界に入ってしまうのですね。
    幼稚園の間は、なんとなく親の目がありますが、1年生はそうじゃないものです。いろんな子がきっといて、自分が思いもしないような
    行動をとる子も居るものだと思います。
    そんなことを楽しく教えてくれている本なのかもしれません。

    掲載日:2009/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな子

     普段子供同士の遊びの中や、学校での集団生活で、いろんな子がいる

    ということをわかり始めてくる時期に、読んであげたい本です。

    人間関係でのつまずきや、悩みの出てくる頃、このような本を読む

    ことで、いろんな子がいて、自分もまたその一人であることの再確認を

    し、人間関係を築いていってもらいたいです。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな友達!

    1ねん1くみシリーズの1冊です。
    1年1組で1番のワル「くろさわ」君とクラスで一番気の弱い「ぼく」のお話。
    対照的な2人が主人公というのが面白いですね〜。

    くろさわ君はすごく暴れん坊さん。
    でもそれにはちょっとした理由がありそうです。
    そんなところを息子はわかったのかなあ?
    まだ読み切れなかったかなあ…と感じました。

    くろさわ君をはじめ、1年1組は個性的な様子。
    息子のクラスもそんな感じなので、
    お友達と過ごす毎日に色々なことを感じて、
    どんどんたくましくなっていってほしいなあと思いました。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしょもない悪ガキだけど憎めない存在

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    1年1組で、一番悪がきのくろさわ君。一方、おとなしくて、そんなくろさわ君に、時々振り回されてしまう気の弱いぼく。くろさわ君のやらかす事件をちょっと戸惑いながら見つめるぼくの視線で、物語は、進みます。
    私が子供の頃にも、くろさわ君のように、平気でテストで0点をとりまくったり、すぐに友達と喧嘩をはじめたり、ちょっと強がったり、威張ったりする特別目立つ男の子が、クラスに一人はいたものです。
    今度、小学校に入学する娘は、はじめは嫌そうに、そんな彼の姿を見ていたようですが、人一倍正直だったり、寂しがり屋だったりする、彼のユニークな発言に、クスクス笑い出しました。どうやらお母さんが、いないような節があります。でも、いつも彼は、元気一杯。学校には、いろんな性格の友達がいるから、毎日エキサイティングで楽しいのですよね。
    くろさわ君は、憎みきれないワルなのです。

    掲載日:2004/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット