ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

とらっくとらっくとらっくなかなかよいと思う みんなの声

とらっくとらっくとらっく 作:渡辺 茂男
絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1966年07月
ISBN:9784834000641
評価スコア 4.35
評価ランキング 11,617
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 乗り物好きさんのために

    3歳の息子に読みました。
    息子が0歳からお気に入りの山本忠敬さんのイラスト。トラックの描写も緻密だし、風景も臨場感にあふれていてさすがです。
    トラックが荷物を運ぶ様子が細かいところまで描かれていて、乗り物好きにはたまらないですね。
    もちろん、乗り物好きの息子もじーっと見てました。ただ、3歳になるとちょっと写実的なお話より、童話のような空想のお話が好きになってきているので、あまりツボではなかった様子。
    おそらく、2歳後半ならドンピシャだっただろうなあ。
    ラストページの標識のイラストも、これは好きだろう?!と思ったのですが、そうでもなかった(笑)
    好みって、ほんと変わるんですね。
    でも母の私はとっても好きな絵本です。

    投稿日:2013/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙のトラックのレトロ感が気に入って読みました。でこぼこ道、この絵本が出版された時代にはリアルに存在したものが描かれていると思います。色合いなのか言葉なのか今のところ子どもの受けは悪いのです。時代の雰囲気が伝わる絵本なので大人に読むと懐かしいのではないでしょうか。

    投稿日:2016/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • スピードオーバー

    道路標識に興味を持った息子に、「標識がいっぱい描いてある本があるよ」と言って見せてあげたのがこの本です。

    息子は、道で見た標識が本にも載っていると喜んで、どんな意味なのかを勉強しました。

    子供向けの絵本でスピード違反で捕まるシーンが出てくるとは、おもしろいですね。今後は、運転中、スピードオーバーしたら息子に注意されそうです。

    投稿日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • マニアック

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    そうとう車好きのお子さんなら気に入りそうです。うちの娘は女の子だからか、それほど車に興味を持っているわけではありません。でも、「しょうぼうじどうしゃ じぷた」が大好きなので、同じ作者のこの作品も気に入るんじゃないかと思って図書館で借りました。
    結論から言うと、描写がマニアックで、車の種類も結構出てきますし、普段から車に乗って高速を走るという経験をしていないとわかりにくい内容かと思います。だからこそ、ドライブ大好きの車マニアの男の子なんかに人気があるのかもしれません。

    投稿日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出発から到着まで

    もうすぐ2歳になる息子に。

    トラックが荷物を乗せて目的地に着くまでの道中が描かれています。
    運転を交代しながら高速道路を走ったり、白バイにつかまったり、
    日が暮れた暗い山道を登ったりと、長距離運転をするトラックの
    仕事ぶりが伝わってきます。
    最後のページには道路標識ものっていて、
    好きな標識を見つけるのも楽しいです。

    図書館で息子が読みたがったので借りてきましたが、
    好きなページはおとなしく聞いているものの、
    そうではないところでは次へとめくろうとします。
    文字も多く、「じょこう」「ギア」「けいてき」
    など少し子どもには聞きなれない言葉も出てくるので
    息子にはもう少し大きくなってからの方が楽しめる気がしました。

    古いだけあって、昭和の香りのする本です。

    投稿日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • トラックが荷物を運ぶお話。
    港から高速に乗って山を越えて街へ行くまで、重機や乗用車、バスなどいろんな種類の車とすれ違います。
    お話が単調なので寝かしつけの時読んでいるとちょうど眠たくなるようでお役立ちです。

    投稿日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • トラックの一日

    荷物を運ぶトラックの一日です。

    町や工事中の道を走ったり、山道を走ります。

    なんと途中で白バイに、スピード違反で捕まってしまいます。
    速ければ、カッコイイわけじゃないですからね。
    スピードよりも、安全第一です。

    最後のページには、道路標識がずらり。
    免許を持っていながら「おっ、そういえばコレはそうだった」と、思い出すこともあり、私の復習にもなりました。

    投稿日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きにおすすめ

    • ちちちっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 秋田県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    2歳になったばかりの娘に読みました。

    車に乗っていると工事車両や救急車両などを指さして「あれ何?」と聞いてくるようになった娘。
    車にも興味が広がってきたんだと思い、特に娘が興味を示しているトラックの本を図書館から借りてみました。

    娘には少し文章が多いのと内容も難しいようです。
    しかしトラック以外の車も多く出てきて、娘は「これ何?これは?」と聞いてきて楽しんでいます。
    車好きの子にはおすすめです。

    投稿日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きにはもってこい!

    二歳には少しむずかしいかと思ったのですが、
    車が大好きな息子にはもってこいの絵本でした。

    トラックが荷物を運ぶお話です。

    途中いろんな車が登場するので、
    子供は目を輝かせながら見ていました。

    途中ハラハラするシーンもあったりして、
    読んでいるこっちもハラハラしました。

    絵もとてもかわいく、表紙からしっかり楽しめます。

    投稿日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白バイが登場しますよ!

    2歳2ヶ月の息子に読んでやりました。車が好きな子なので読んでやりましたが、本の意外な展開に私がびっくり!

    トラックが港から荷物を配送先の大都市まで1日かけて運んでいく様子がおもなストーリーですが、ちょっと意外な展開に白バイにつかまってしまうところが。高速道路でつい気持ちよく走りすぎてスピード違反で捕まってしまうのです。白バイに追いかけられているシーンしか絵はありませんので、つかまっている様子の絵があるわけではありませんが、あまり警察につかまったという展開の絵本は聞いたことがありませんよね。息子も白バイには興味を示していますが、なにをするものなのかはこの絵本で少し分かり始めたのかもしれません。こういうのって説明するのは難しいですしね。ちょっと古い本なので、逆に新鮮さを感じました。

    トラックの本なのに、白バイで妙に盛り上がれるおもしろい本ですよ。

    投稿日:2009/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット