新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ぐりとぐらとすみれちゃん」 みんなの声

ぐりとぐらとすみれちゃん 作:なかがわ りえこ
絵:やまわき ゆりこ
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:2003年10月
ISBN:9784834006339
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,878
みんなの声 総数 156
「ぐりとぐらとすみれちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

156件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  •  わたしは、小さいころから、本が大すきで、「ぐりとぐら」の本も全部暗しょうして
    しまいました。どの本にも思い出がいっぱいあります。

     わたしが1番すきなのは、「ぐりとぐらとすみれちゃん」。
    ぐりとぐらは、朝からやさいをたくさん食べているんだね。わたしも、やさいが大すき。
    でも、わたしなら、にんじんのオムレツじゃなく、にんじんケーキにしようかな?

     わたしも、ラディッシュやバジルやレタスを育てています。
    朝起きるとすぐ、大きくなったかな?と見に行きます。
    わたしも、りっぱなおひゃくしょう。

     わたしは、とってもくいしんぼう。だから、まずお料理に目をつけます。
    ぐりとぐらたちが作ったお料理は、どれもおいしそう。
    どれから食べようかな?と、いつも絵本を見ながらまよっちゃいます。

     わたしもいつか作ってみたいな、すみれかぼちゃみたいなまん丸かぼちゃで、
    せかい一大きなパンプキンパイを。
     そしたら、森の動物たちもぞくぞくと集まってきて、みんなでいっしょに食べるの。
    こおろぎのかなでる音楽の中で。

     ぐりとぐらの歌も大すき。おぼえやすくて、おもしろいから。
    わたしもお料理するときに歌っています。
    ぐりとぐらが、このよで1番すきなのは、お料理すること、食べることなんて、
    とってもすてきなことだと思います。
    ぐりとぐらのおいしそうなお料理や、みんなのうれしそうな顔を見ていると、
    わたしも、気持ちがほっかほかになります。

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    4
  • 新鮮!

    ぐりとぐらに人間の女の子、すみれちゃんが登場します。ほかのシリーズもそうですが、いつも動物たちがたくさんでてくるシーンがありますが、人間の女の子が出てくるのは珍しく、とても新鮮でした。お料理もいつもながら、作るのも楽しそう!食べるのもおいしそう!

    投稿日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • にぎやかな絵本

    すみれちゃんというタイトルからは予想もしないようなお話でした。
    これ、ハロウィーンの時期に読んだら楽しいですね。
    ハロウィーン絵本だと思います。

    大きなかぼちゃから広がるお話。
    森の動物たちが集まってみんなで楽しく食事をするシーンは本当ににぎやかで、見ているだけてとっても楽しかったです。
    安心してよめる絵本です。

    投稿日:2015/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美味しそうなかぼちゃ料理

    お料理がだいすきなぐりとぐら
    今回のお題はかぼちゃ!

    実はこの絵本、実在の女の子を題材にたお話なんですってね。
    「ぐりとぐら」が大好きだった女の子で、
    幼くして思い病気で亡くなってしまったのだそう。
    ご両親が「ぐりとぐら」の作者さんにお手紙を書いて、
    作者のなかがわさんが、すみれちゃんを絵本に登場させてくれたそうです。

    そんな背景を知って読むと、、少し切ない気持ちがこみあげてきますが
    とってもいい絵本ですね。

    投稿日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生命はめぐる

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    今回のテーマは「かぼちゃ」。
    煮物にパンプキンパイにパンプキンスープ・・・そのほっこりさからか、秋になると食べたくなるお野菜です。
    なので、今の気分にピッタリでした。

    大きなリュックを背負って登場したすみれちゃん。
    大きすぎるからエイっと投げてかぼちゃを割るシーンが印象的です。
    できあがったお料理も美味しそう。

    読後、実はすみれちゃんには実在の女の子のモデルがいるということを知りました。
    せつない背景があるようです。
    そう思うと、最後にぐりとぐらがすみれかぼちゃのタネを埋めるところにぐっときます。
    生命がつながれていく、そんな想いもこめられているのかもしれないと思いました。

    投稿日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもかわいらしい絵本です。

    娘が大好きな絵本の1冊で、図書館で何度も借りてきては、日中も、ねんねの前も繰り返し読み、借りていない時に「すみれちゃん読みたい!」と大泣きしたので、ついには購入しました(笑)

    とても愛らしいすみれちゃんの仕草が印象的で、「こんなにあせかいちゃった」と額の汗を拭ったり、ぐりとぐらに「あたり!」と返事をするシーンは、娘もお気に入りで、よく真似をしています。

    この本が作られたバックグラウンドを思うと、すみれちゃんが帰っていくシーンと、ぐりとぐらがカボチャの種をうめるシーンに、しんみりしてしまいます。

    願わくば、みんなでワイワイ楽しい時間が、長く長く続きますように…。

    投稿日:2021/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの名場面を思い出す

    ぐりとぐらといえば、やっぱり食べ物のお話が楽しいですね。
    今回はすみれちゃんという女の子が、おおきなおおきなかぼちゃを持ってやってきます。
    みたことのないかぼちゃだなと思ったら、すみれかぼちゃなんですって!
    大きくて普通には割れないので、どすん、どすんと地面に投げつけて割るというユニークな方法が楽しかったです(子供たちは、たべもの投げたらあかんなー!と怒っていましたが笑)
    最後にみんなで沢山のかぼちゃ料理を食べるページは、ぐりとぐらの一作目のカステラを食べるページを思い出し、何だか懐かしくなりました。

    そして、このお話に出てくるすみれちゃん。
    モデルとなる子がいらっしゃったそうで。
    この絵本の誕生秘話を知ると、子をもつ親としては胸がいっぱいになりました。

    投稿日:2020/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃのお話。

    ぐりとぐらのもとにやってきた不思議な女の子のすみれちゃん。
    すみれちゃんがお土産にくれた「大きなかぼちゃ」をめぐるお話でした。

    大きなかぼちゃでつくられたたくさんのかぼちゃ料理。
    どれもとてもおいしそうでした。
    秋〜冬にかけて読みたい絵本です。

    投稿日:2020/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまた美味しそうなお料理のお話

    小学校1年生の娘が図書館で借りてきた本です。ぐりとぐらは自分自身、子供の頃読んだものの、それ以外は昨年クリスマス時期に購入したぐりとぐらのおきゃくさま、を読んだだけなのでこちらは初めて読みました。
    すみれちゃんって、すみれの花の妖精?とか想像しましたけど、すみれの咲くところに住んでいる女の子で持ってきたかぼちゃを思い切った方法で割ってくれます。すみれちゃんのかぼちゃは、お料理の好きなぐりとぐらの手によってステキなお料理に出来上がります。来年もその次の年もまたかぼちゃができるといいね!と思いました。

    投稿日:2019/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • つぎはかぼちゃができますね

    ぐりとぐらの畑仕事、朝の食事にもちゃんと使って、
    充実した生活だなあと、いつもインスパイアされます。
    かぼちゃを植えようと、本で勉強しているところに
    かぼちゃのおみやげつきで、すみれちゃんがやってきました。
    まるごとかぼちゃって大変なんですよ。
    初めてこの絵本を見たとき驚きました。
    こんな風にわるの?すごいなあって。
    かぼちゃのお料理がいっぱいで美味しそう。
    読むたびに、まねて作りたくなります。
    お客さんがいっぱい食べに来て、二人はお料理上手。

    投稿日:2016/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

156件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / しろいやさしいぞうのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年6月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット