話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

きょだいな きょだいなふつうだと思う みんなの声

きょだいな きょだいな 作:長谷川 摂子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1994年08月
ISBN:9784834012422
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,856
みんなの声 総数 251
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あったとさあったとさ

    長谷川摂子さんと降矢ななさんのコンビが生み出す、ちょっと不思議なお話。

    あったとさ、あったとさ、に始まり、
    色んな巨大なものが登場します。
    巨大なトイレットペーパーが出てきて、
    みんなでお尻を拭くところは子供たちが
    とっても反応していました。

    ただ、突拍子もないものが次々と登場する
    その繰り返しが少しつまらなかったのか、
    そのほかのものにはあまり反応していませんでした。

    切り口としてはとても面白いんですけどね。

    我が家は、この2人のコンビだと、
    めっきらもっきらどおんどんや、おっきょちゃんとかっぱなどの、ストーリー性のあるものの方が好みでした。

    投稿日:2020/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好みではなかったみたい

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳2ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    とても読みやすいお話しだなとおもったのですが、残念ながら息子の反応はいまいち。数回読んだだけで、読みたいと持ってくることはありませんでした。
    娘がもう少し大きくなつたら、今度は娘に読んであげようと思います。

    投稿日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • もひとつ・・・でした

    絵本ナビでの評判もいいし、野原の真ん中に巨大なピアノが…、というストーリーにも魅かれて図書館で借りてきました。

    子供に読み聞かせる前にまず読んだ時の私の印象は、「文章のリズムが心地いいな〜。絵も独特の雰囲気を出しているし、巨大なもので遊ぶ子供たちも楽しそうでいいな。ただちょっと長くて飽きるかな?(他の方の感想にある、黒電話はうちに子も知らないし地獄の閻魔さま、というのもちょっと…とは思いましたが、ピアノや固形石鹸、桃、トイレットペーパーなど、身近なものが多く出てくるし大丈夫だろうと。)

    そして、3歳11か月の息子に読み聞かせたところ。

    もひとつ、な反応でした。。。
    とりあえず最後まで本の前に居るにはいましたが、途中から明らかに興味が逸れてしまってました。
    どうもうちの子には、なんだか訳のわからないお話、と映ったみたいです。最初に読み聞かせて以降、自分からリクエストすることなく、図書館に返しました。
    もう少し反応あるかな〜と思ったのですが…子供によって様々ですね。

    投稿日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • イマイチの反応でした。。

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    3歳の息子に読みましたが、反応は・・・イマイチでした(_ _。)
    私は気に入って買ったんだけどな〜。
    単調な文章のリズムがはじめは心地いいけど、結構幾度も繰り返されるので、少し退屈するのかもしれません・・。
    「きょだい」という言葉も3歳児にはあまり馴染みがないし、電話も黒電話は見たことがないですしね(苦笑)
    もう少し成長したらまた反応が違うのかな☆と期待しています!

    投稿日:2010/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいのだけど。。

    • ホリスさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    突拍子もないストーリーだから楽しいのだけど、
    親として気になったところがいくつか。。

    ひとつは、「のっぱら」という言葉。のっぱらって
    普段から使う言い回しでしょうか?少なくとも私は
    言わないので、「のはらの」と変えて読んでます。
    海外在住なので、「のっぱら」と言って「野原の
    別の言い方」とは子どもはすぐにわからないので、神経質に
    なってるのは確かです。

    それと、じごくからえんまが出てくるところ。
    私はまだ「じごく」を子どもに教えられないので
    「おばけがでるよ〜」とお話を変えています。

    でも、とてもリズミカルで先にも書いたように
    突拍子もないところがおもしろいようで、子どもは
    気に入っています。

    投稿日:2007/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • だから、なに?

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    大変評判のよい絵本らしいので、読んでみたのですが、我が家の感性には合いませんでした。

    出て来るものが突飛で(それを楽しむ絵本なのでしょうが)、「だから、なに?」「そう?それで?」という感じで、子供達は白けていたようです。

    唯一、末娘だけは絵の細かいところを楽しんでいたようですが、2度目に読んでと持ってくることはありませんでした。

    投稿日:2004/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今週のお題にあって・・・

    今週のお題に奨められて、年長の息子に読み聞かせをしてみました。最初に私が、この絵本を手に取った時、
    何年か前に読みたかった本だなと思っていたんです。
    繰り返しが、単調なのかな?
    やっぱり、的中してしまったみたい。
    沢山の絵本を読んできた息子にとって、今や冒険ものやストーリー性があるお話でないと、乗り出して目を輝かせてくれない。絵本と共に子供も成長しているんだなと思いました。

    投稿日:2004/09/23

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット