せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

舌ながばあさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

舌ながばあさん 作:千葉 幹夫
絵:武建華
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784097272373
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,104
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自然と共存していく美しさ

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    舌ながばあさん、なんて奇妙なお化けなの!!
    それだけで 子供の興味をそそるには充分って感じです。

    でも、ただのお化け絵本ではなく、内容はとても温かで、そして深いものでした。
    自然破壊で自分たちが苦しんでいる人間。人間が幸福でないと怖がってくれないから人間を救うお化け。(妖怪かな?)
    そして最後は 人間と、自然と、お化けが共存している。
    ある意味とても奇妙だけど美しい姿です。

    今年は東北大震災、そして昨日の台風で大きな被害が日本列島に続発していましたが、自然の力の大きさをこの絵本を読みながら改めて恐れ多く感じます。

    投稿日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なめられたくないかも

    タイトルと絵に惹かれて借りてきた本です。

    朝、息子が学校へ行く前に時間のゆとりのあった時に読み聞かせをしました。

    舌長ばあさんとありますが、絵の感じはばあさんといよりも若い感じがします。

    お姉さんと言ってもとおりそうなのですが、そこはおはげなので、ばあさんなのかしら。

    みんなを驚かす悪者風なのに、水がなくて困っている人たちを助けようとするあたり、結構いいおばけだわという評価に変わりました。

    息子は舌長ばあさんになめられるのは嫌だと言っていました。

    舌が長いとどんな利点があるのだろうと思いますが、ことのほか役にたつ舌で、活躍ぶりにびっくりです。

    絵とお話がとてもユニークだと思います。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いおばけ

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    舌のながいおばあさんと身体も顔も大きい朱のばん。人間を脅かすために村へ出て行くけど、全く驚かない人間たち。なんだか様子がおかしいい・・・人間がしてしまった環境破壊のために力を貸してくれます。
    とても心優しく心強いオバケたち。それだけではなく、環境破壊について、考えさせられるお話です。木を切り過ぎたらどうなってしまうのか・・など子供でも分かりやすかったです。
    絵がとても独特で中国のとっても良い感じが伝わってくる素敵なえですす。

    投稿日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけと人間の共存

    下の子(年中)が昔話が好きで表紙の絵を見て
    気に入り読みました。
    人間が自然を破壊してしまったばっかりに村は大変な事になり、
    そこへ舌ながばあさん達がやってきて。
    舌ながばあさんっておばけなのね。と思いながら
    読んでいると子ども達はどうして木を切るとこうなるのか
    よくわからず色々聞いてきました。
    ただのおばけの昔話ではなく、
    現代の環境問題にも通じる内容で、
    子ども達と色々話も出来て楽しく読みました。
    ぜひ親子で話しながら読むと良いと思います。

    投稿日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちひろ美術館のコレクション絵本だとは、知りませんでした。

    岩崎ちひろさんが、今私たちに この舌ながばあさんを通して教えてくれているんですね!

    おばけは、人間を怖がらせるのが仕事なのに・・・・

    絵本の舌ながばあさんと朱のばんの 妖怪は、なんと、怖がらせるだけの 怖い妖怪ではないのですね。

    人間が木を切り倒したので、洪水になることをちゃんと 知っていて
    人間より 利口ですね!

    人間たちは、そのことに気づかずにいて、水がなく米がとれない芋がとれないと困っている。

    川に済む 竜神さまがじつに 豪快で かわいくて 絵本の楽しさが伝わってきます。

    朱のばんが おしりをだして 流されていく絵が じつに おもしろくて 笑えてしまいます。

    中国のお話なんです。

    舌ながばあさんもおしゃれでかわいい!!

    朱のばんもこわそうですが なんとも 憎めないかわいらしさがあるのです。

    人間は 木を植えて また 幸せに暮らすのですが、教えてもらって 「有り難う!」ですね


    そして私たちにも どう生きるのが良いのか 教えてもらいましたね

    舌ながばあさん、朱のばんに 有り難う!

    これは 是非とも 今の子供たちにも 絵本を読んであげて 感じて欲しいな〜 と思いました。

    投稿日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい上に心にしみるよい絵本

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     おばけと人間の共存のお話。「人間の生活が安定しているからこそ、おばけに驚いてくれる。だから、人間たちを助ける。」という舌ながばあさんの台詞に心を打たれました。
     人間の身勝手さによる環境破壊、おばけを通して自然への畏怖の念と共存の大切さなどストーリーの面白さに加えて心に何かと感じさせてくれる素晴らしい絵本だと思います。

    投稿日:2008/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今に通じる民話

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    舌ながばあさん・朱のばんこという妖怪のお話です。
    絵が「武健華さん」という中国の方なので景色や服装を見ていると中国のお話のようにも思えるのですが・・日本の江戸時代の福島県の民話なのだそうです。

    人間を脅かそうと村におりていきた妖怪が村の異変に気づき助けるという不思議に楽しいお話でした。

    異変とは・・・現代につながる自然破壊です。
    昔も今も人間って進歩がないのでしょうか??


    4年生に読み聞かせしたのですが、展開もおもしろく絵も独特なので後から数人でじっくり見入る子どもも多かったです。

    最後のページが楽しくてこんな妖怪ならおどかされてみたいです・・

    投稿日:2008/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高の妖怪絵本。

    娘は「ゲゲゲの鬼太郎」が大好きな妖怪・お化けマニアです。妖怪図鑑に出てくる「舌長ばあさん」と「朱のぼん」が出てくるだけで狂喜乱舞もの。そして主役!大活躍!いい妖怪!で終わるので大満足みたいでした。
    しかもこの絵本、話は面白いし絵もすばらしい!お話事態は日本のお話ですが、中国の人が絵を描いているので、洋服や髪方が中国風で一風変わって面白いです。是非いろいろな人に読んでもらいたいです。
    ちなみにここに出てくる「朱のぼん」は鬼太郎だと悪役「ぬらりひょん」の手下の「朱のばん」として出てきます。絵が違って比べてみると楽しいです。

    投稿日:2007/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然破壊に警鐘。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    舌の長いおばあさんと、朱のばんというおばけが出てきます。
    舌ながばあさんの楽しみは、峠にやってくる人間を驚かすこと。
    ところが、最近は誰も山に登ってこない。
    そこで、二人はこちらから脅かしに行こうと、山を降りていくのですが・・・

    とてもユニークなおばけが出てくるはなしですが、
    内容は、自然破壊に警鐘してくれた絵本でした。

    人間達のために、自然を取り戻そうとする姿は考えさせられます。

    普段は、人間を驚かしたりするけれど、本当はとても人のいい(?)おばけ。
    人間が困っていたら助けてくれる。
    そこで、一緒に環境問題を考えることが出来たらいいですね。

    人間も、おばけも共存できる社会でありたいです。

    人前に、おばけや妖怪が出てくるのは、何かを訴えたいメッセージがあるから。
    日本の『ゲゲゲの鬼太郎』を思い出しました。
    似てませんか?

    投稿日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないお化け

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    舌がなが〜く伸びるおばあさんと朱のばんという大きなお化けのお話です。
    お化けの楽しみといえば人間を驚かすこと。
    でも、最近人間がぜんぜん山に来ないので村まで様子を見に行くのですが・・・・。
    ある理由から水不足、食糧不足のため人間達が元気がありません。
    いくら舌ながばあさん達が驚かしても驚く元気がないのだから、驚かしても張り合いがないのです。
    そこで、舌ながばあさんと朱のばんの二人して村の水不足
    を解決してしまうのです。
    とても面白い内容で絵もすごく個性的でした。
    環境問題についても考えさせられるので
    小学校の読み聞かせ会で読んでみようとおもっています。

    投稿日:2007/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット