なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

ふらいぱんじいさん」 パパの声

ふらいぱんじいさん 作:神沢 利子
絵:堀内 誠一
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年01月
ISBN:9784251006356
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,427
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 嫁のおすすめ

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    嫁が幼い頃好きだったとかで、昔の本棚から引っ張り出してきました。さすがに3歳の息子にはちと早すぎたようで、途中からパラパラめくって『はい、おしまい』。だよなあ。。。と仕方ないので自分が続きを。読んでなかなか。下手なベストセラー小説より面白いです。

    投稿日:2014/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい人生の過ごし方

     おひさまみたいな卵を焼くのが大好きなふらいぱんじいさん。ある日新しい目玉焼きなべがやって来て,卵が焼けなくなってしまいます。そんなじいさんは,冒険の旅に出ます。

     フライパンが旅に出るというだけで,おかしいのですが,旅の途中のエピソードがとても面白くて楽しめます。
     フライパンじいさんも,最初は「卵・卵・・・」と卵を焼くことばかり考えていたのですが,様々な動物たちと知り合ううちに,卵焼きだけでない,新しい喜びを見つける事ができます。

     本当に楽しいお話ですが,仕事に追われて定年退職したお父さんのことみたいで,少し切ない気持ちになりました。

     でも,名もない島の木の上で,鳥たちを育てているフライパンを想像するだけで,何とも言えないうれしい気持ちになりませんか!
     
     低学年には,少し長いお話ですが,字も大きく書かれていて,十分楽しめると思います。

    投稿日:2011/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かつて神沢さんのお話を聞く機会があり、その時に神沢さんの幼少時代の事を初めて知りました。子どもの頃、体が丈夫ではなく外で遊べなかった時期があったようですが、そのことを知ってもう一度「ふらいぱじいさん」を読み返してみました。自分が小学校一年生で読み、長女が4歳の時に読み聞かせして以来三度目でした。
    古いフライパンが旅に出る。そしていろいろな出会いを経験するー神沢さんが子どもの頃の「外で遊びたい!自由にいろいろな所に行ってみたい!」という思いが、堀内誠一さんの絵によって、この素晴らしい一冊の本が生まれたんだなあと思いました。その作者の素直な気持ち、思い出が物語を生み、一冊の本になり、大人によって子どもたちに読み継がれ、子どもたちもまた自分で読んで、暖かな気持ちになっていくんだなあと実感できました。
    この本がいつまでもいつまでも大人に、子どもに読み継がれてほしいと願っています!
    私自身も一生の内で「ふらいぱんじいさん」を後何回読むのか楽しみです。次は孫ができた時かなあ!?

    投稿日:2010/12/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット