ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

ふらいぱんじいさんなかなかよいと思う みんなの声

ふらいぱんじいさん 作:神沢 利子
絵:堀内 誠一
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年01月
ISBN:9784251006356
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,841
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • フライパンが!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳の子には長すぎるかな〜と思いましたが、一つずつ区切りがあるので、一生懸命読んでいました。
    フライパンが旅にでるという衝撃の設定に母はかなり驚きましたが、子どもはフライパンが〜と笑いながら、喜んで見ていました。
    自分で本を読むことができるようになると、これくらいの大きさの文字でお話しになっている本はありがたいです。

    投稿日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本→童話への移行に

    4歳になったばかりの息子に
    4歳になったからお兄ちゃんの本
    (長い絵本の事をそう呼んでます)
    が読めるように
    なった!と嬉しそうにしていました(笑)
    保育園へ行く前に1小節ごと読んであげました。
    ちゃんと準備しないと
    ふらいぱんじいさん読む時間ないよー
    というと頑張って準備をしていました。
    フライパンは海に浮かばないとか、話に違和感がある
    というレビューもありましたが、
    お話として単純におもしろく
    そういう矛盾点は気になりませんでした。
    とても楽しく読めたので
    絵本→童話への入り口にぴったりだなと思いました。

    投稿日:2015/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嫁のおすすめ

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    嫁が幼い頃好きだったとかで、昔の本棚から引っ張り出してきました。さすがに3歳の息子にはちと早すぎたようで、途中からパラパラめくって『はい、おしまい』。だよなあ。。。と仕方ないので自分が続きを。読んでなかなか。下手なベストセラー小説より面白いです。

    投稿日:2014/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な冒険

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子6歳

    多分、私自身が子どものときからある幼年童話。
    読んだのは初めてですが、なかなか面白い。ロングセラーになっているのもうなずけます。

    ふらいぱんじいさんはたまごを焼くことができなくなってしまって悲しくて、冒険の旅に出ます。ゴキブリに言われて、というところがスゴイと思ってしまいましたが、とにかく旅に出ます。身近なフライパンで、そしておじいさんが主人公と言うところになんだか元気が出てきます。

    途中、大変な目に会いながらも最後はハッピーエンド。
    ふらいぱんじいさんの力強さが良かったです。

    絵がかわいくて素敵で、子どもはふらいぱんじいさんや家の中のいろいろなもの、木などに顔(目と口)が描かれているのが気になっていたみたいです。

    投稿日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな旅

    懐かしいなー。と、誰もが読んだことがあるこのお話。
    少しお話を忘れていたので、こんな話だったんだーとあらためて息子と読みました。
    3歳の息子には少しお話は長いけれど、最後までよく聞いていました。
    ジャングルや海や、子どもたちが興味を持つような場面や生き物がいくつも登場するからでしょうか。
    ふらいぱんじいさんの旅はドキドキでもあり、楽しいたびでもあります。
    カラーの絵のページがところどころあるのですが、パッと明るくなって目を引きます。
    かわいらしいふらいぱんじいさんのステキな旅とその結末。
    楽しく、最後は優しい気持ちになれる本です。

    投稿日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海に浮くフライパン

    フライパンじいさんの旅を描いているのですが
    娘はフライパンじいさんが海に浮かんで波に乗るところで
    しきりに「ねぇフライパンなんだよねぇ」と聞くのです^_^;
    娘いわく「フライパンは浮かばずに沈むはず」とのこと。
    ・・・・最近やけに厳しい突っ込みの娘です。
    作品としてはとても楽しく好感が持てたのですが・・・。

    投稿日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記念の絵本

    最近幼年童話にもぼちぼち手を出している我が家ですが
    この絵本はちょっとした娘との記念の絵本になりました。
    これまで幼年童話の読み方といえば
    1冊を何日かに分けて読んでいたのが常ですが
    この絵本は初めて一度に通しで娘が聞いていることが出来たのです。ただ最後まで辛うじて聞いていることが出来たというだけで
    感想を聞くと「わかんない」と即答され肩透かしを食いましたが^^;

    目玉焼きを焼くことが出来なくなって悲しみにくれて
    冒険に出たふらいぱんじいさんがたくさんの動物たちにであって
    最終的には自分の心地いい居場所を見つけてゆく様子が
    大人の私にもジーンときてラストにほっこりとした気分になりました。
    あとがきの神沢さんのフライパンへの思いとかが興味深くて
    面白かったです。

    投稿日:2007/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングセラー

    • ゼミさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳

    かれこれ30年前に読んでおもしろいなと印象に残っている
    作品です。当時も小学校おすすめの本だった記憶があります
    ふらいぱんじいさんのゆかいな冒険のお話。
    およげたいやきくんとかぶる気がしますが・・。
    どんな出来事にあっても最後はハッピーエンド!
    子どもはこんなお話をたくさん読むことによって
    いつかきっと幸せになれのだという事を肯定的に受け止め、
    信じることが出来るのでしょうね。

    投稿日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳の子でも聞いてました

    • とっちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    今まで読んできた絵本とは違って、字が多い本だったので、2歳の次女は飽きちゃうかな〜と思いましたが、長女と一緒に最後まで熱心に聞いていました。
    字数は多いですが、字が大きく、挿絵も随所に入ってますので子どもが飽きることなく読めました。

    内容はふらいぱんのおじいさんが家出をして自分を必要としてくれる場所を求めて旅をするというお話です。
    海に潜っちゃったりしてサビないのかな〜と心配しましたが、最後は憩いの場所を見つけられてよかったですね。

    投稿日:2006/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふらいぱんじいさん?!

    フライパンが主人公の本なんて、なかなかありませんよね。
    フライパンが冒険していくお話。
    最後には、心がほっこりする場面もあり、なかなか楽しいです。

    投稿日:2006/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット