ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

なんのおと はる自信を持っておすすめしたい みんなの声

なんのおと はる 作:ビーゲン セン
絵:永井郁子
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784904716045
評価スコア 4.18
評価ランキング 19,636
みんなの声 総数 10
「なんのおと はる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • めずらしいおともいっぱい

    なんのおとは シリーズなんですね。

    めずらしいおともいっぱいでてきて
    絵を見ているだけもたのしく感じます。

    読んでいて子どもが答えを当ててくれると
    うれしいですね。

    みんなおんなじ早く大きなあれ 親心ですね。

    春のおとはもっともっとたくさんあるから、みんなも
    さがしてくださいね。遊びながらさがそうよ。

    投稿日:2019/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音に色を感じる

    小さな子は、音に色を感じることがあると
    どこかで聞いたことがあります。

    この絵本を読んで、
    もしかしてこういうことなのかなと思いました。

    この絵本では、色だけでなく「形」もついているので
    感受性が豊かになりそうです。

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピーヒャラ ピーヒャラ

    いろいろな春の音を楽しめる孫の大好きな擬音語いっぱいの絵本です。

    表紙からして、春らしいときめいてしまう色彩に惹かれます。

    幾つになっても音感♪を楽しめるのはいいなあって思いました。

    春祭りの、「ピーヒャラ ピーヒャラ」に嬉しくなります。

    投稿日:2011/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聞こえてきます♪

    この「なんのおと」シリーズは、読んでいて
    とてもさわやかな気持ちになれる絵本です。
    なんだか、音がすぐそばから聞こえてくるような
    気持ちになることができますよ♪
    春にちなんだいろんな音がでてくるので、できれば
    やっぱり春に読みたい絵本ですよね☆
    外に飛び出して、一緒に聞いてみたいなと思える
    絵本でした♪

    投稿日:2011/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / うんちっち / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット