あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

もじゃらんこなかなかよいと思う みんなの声

もじゃらんこ 作:きしだ えりこ
絵:ふるやかずほ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834026122
評価スコア 4
評価ランキング 23,050
みんなの声 総数 16
「もじゃらんこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もじゃらんこって?

    表紙の丸い顔の子たちは、毛虫だったんですね!
    「もじゃらんこ」もなんだか毛虫っぽい響き…

    わからんわからん、もじゃもじゃ、じゃらじゃら
    など、同じ言葉を繰り返す事でリズム感がでて、読むのがぐっと楽しくなりますね!

    苦手な毛虫も、もじゃらんこだと可愛いので…私もこれからもじゃらんこって呼ぼう(笑)

    投稿日:2014/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい毛虫

    表紙をみただけでは、毛虫の絵本だとは気づきませんでした。
    開いてからも、毛虫とは思えないほどのかわいらしさ。
    こんなにかわいい毛虫は、他にないでしょう。
    「もじゃもじゃ」の響きで、きっと赤ちゃんから楽しめそうですね。

    投稿日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • けむしっぽい

    けむしのもじゃらんこたち、どこにいくのかな?
    わからん、わからんと言いながら、どんどん進んでいきます。
    葉っぱに登ってかくれんぼ。
    もじゃらんこたちが顔をだすと、子どもは楽しそう。
    葉っぱを食べるでもなくまた他のところへもじゃもじゃ歩いていくもじゃらんこたち。
    行動に目的がないところがけむしっぽいのかな。

    投稿日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかった!

    息子が入院中に病院でよく読んだ絵本。
    毛虫のような3匹が もじゃもじゃとどこかへ向かう、ちょっと不思議なお話し。

    落書きのような(すみません。。)絵が可愛いし、リズムが楽しいので親子で楽しく読めました☆
    でも、
    もじゃらんこって何だろう。。?

    【事務局注:このレビューは、「もじゃらんこ」こどものとも0.1.2 2000年9月号 に寄せられたものです。】

    投稿日:2007/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの感性にぴったり

    「もじゃらんこ」という名前の生き物。「どこいく どこいく もじゃらんこ」「わからん わからん もじゃらんこ」
    もじゃらんこが、何の生き物なのか、どこへ行くのかもわからないけれど、「もじゃらんこ」の名前通り、とても愉快な絵本です。きしだえりこさんの詩は、本当にこどもの感性にぴったりの言葉とリズムで語られていて、ちいさな子どもはもちろんのこと、赤ちゃんも大人も、楽しくなるような本が多いですね。

    【事務局注:このレビューは、「もじゃらんこ」こどものとも0.1.2 2000年9月号 に寄せられたものです。】

    投稿日:2007/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4ヶ月の娘が初めて夢中になった絵本

    生まれて初めて読み聞かせをはじめたころ読んであげました。
    生後4ヶ月頃って、人の顔に興味を持ち始めますよね?
    そんな時期の娘にとっては、まさにツボの絵本でした。
    この絵本は、キュートな姿の3匹の毛虫が主人公。
    どのページも、正面から顔が描いてあるせいか、赤ん坊は
    毛虫の顔に興味津々。ときに葉っぱの影に隠れて
    見えなくなって、また再び顔を現すなど、
    「いないいないばあ」の要素も楽しめる内容です。
    生後4ヶ月から1歳ぐらいまで、よくまあ飽きもせず毎日何度も
    読んだよなあと懐かしくなる思い出の絵本です。
    子供がごく小さい時期、子供自身が興味をもって
    かぶりついてくる本は、貴重だと思います。

    【事務局注:このレビューは、「もじゃらんこ」こどものとも0.1.2 2000年9月号 に寄せられたものです。】

    投稿日:2004/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な生き物

    主人公はもじゃらんこと呼ばれる毛虫のような生き物3匹です。草の上にのったり、葉の裏に隠れたり、移動していきます。どこにいくのかは分かりません。
    「わからん わからん もじゃもじゃ あっち じゃらじゃら こっち」繰り返すフレーズが何度も続きます。
    リズム感良く読んであげたいですね。それにしてももじゃらんこって一体何??(笑)
    小さいお子さん向けです。

    【事務局注:このレビューは、「もじゃらんこ」こどものとも0.1.2 2000年9月号 に寄せられたものです。】

    投稿日:2004/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット