ねずみくんのきもち ねずみくんのきもち
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
いじめや自殺の多い今、「おもいやり」や「想像力」の大切さを教えてくれる、ねずみくんからこどもたちへのメッセージ。

くれよんのくろくん」 パパの声

くれよんのくろくん 作・絵:なかや みわ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784494008926
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,768
みんなの声 総数 319
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くれよん大好き!

    この本はクレヨン大好きな息子の為に買いました。
    この本ではくろくんは仲間はずれにされてしまいますが
    うちの息子のクレヨンの黒は1番減っていて短いです。
    クレヨンの箱のふたを開けると必ずと言っていい程
    真っ先に黒を取り出します。
    この本を買って随分経ってからですが
    同じようにシャープペンを使って黒を削ってみました。
    息子も「わー!出た出た♪」と大喜び。
    早速自分の名前を書いていました。
    おかげで息子のクレヨンの黒はまた一段と小さくなりました。
    息子は‘なかやみわさん’の本が好きなので
    妻は何度も何度も読まされています。

    投稿日:2006/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • オンリーワンのくろくん

    黒色のくれよんが自分らしさを見つける話。

    それぞれの色のクレヨンが自分らしく木を描いたり空を描いたりしている中、黒色のくろくんだけは、他のクレヨンと違って何も描けない。

    ところが、他のクレヨンたちが喧嘩を始めたのをきっかけに、くろくんの活躍の場が・・・。

    大人も読んでいて楽しい絵本です。

    投稿日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっと驚く花火!

    4歳の子供(女子)のリクエストで購入。
    そらまめくんのベッドで見慣れている作者のやさしい絵。
    クレヨンで絵を描く楽しさと、友人関係でそろそろいろいろある年代(4歳)ということもあり、いいお話ですね。
    なんといっても、ページをめくると、あっと驚く花火かな!
    楽しい展開ですね。
    お勧めですね。

    投稿日:2012/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポ良く読み聞かせできます。

    対象年齢が3〜4歳となっていますが、2歳の娘の大好きな絵本の一つです。
    お話のテンポが良く、読み聞かせ初心者のパパママにも読みやすく、
    擬音語の感じが子供をひきつけます。
    クレヨンのお話なので、読んでる途中にあえてお話を脱線させても(このお花きれいね〜等)喜んでくれるので、飽きもきません。
    くろくんが仲間はずれになってしまっていることについてや、みんなが好き勝手言っている時のことについて、シャープペンのお兄さんに対しての気持ちや、こういうアドバイスができるのってすごいねとか、
    まだまだ、いろんな見方で読むことができます。
    2歳くらいからの絵本本格デビューのパパママにおすすめの一冊ですね。

    投稿日:2007/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も内容もおすすめ♪

    • Sugiさん
    • 30代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子4歳、男の子0歳

    絵も色使いも話もおすすめな絵本です。
    子供たちが自由に遊び始め・・・
    エスカレートしてケンカも始まり・・・
    仲間はずれの子も出て・・・
    幼稚園でもそんな光景を見かけます。
    そんな中で、
    仲間はずれの子には意外な特技があって・・・
    みんなが見直して、反省する・・・
    という展開がいい感じ。
    絵のタッチもテンポもよくオススメです。

    投稿日:2004/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動、ただ、感動。

    職場で劇にしてみました。
    大好評でした。
    小学校なんかではスクラッチング(?)の勉強にもなるなあ・・・なんて思いましたね。

    投稿日:2003/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の色使いがとても印象に残る本

    「そらまめくんのベット」が大好きな娘です。
    この作品は同じ作者ということで、購入することにしました。
    絵の色使いがとても印象に残る本で、娘も興味を持って眺めていました。
    ただ、娘は「そらまめくんのベット」の方が好きなようです。
    この本を読み始めてまだ日が浅いので、もう少し読みつづけるともっと興味を持ってくれるかなと思いました。

    投稿日:2003/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい本です

    娘が最初に何に興味を持ったかと言うと表紙でした。くろくんが箱を開けてますよね。それから始まって「なんでくろくんはこうしてるの?」の質問攻めでした。それだけ絵が気に入ったんだと思います。大人の観点から行けば仲間はずれはよくない皆凄いことができるんだ。と言いたいのですが、子供は素直に見てるし、そんなこと考えていないだろうと思います。まだ教えるべきかどうか迷うところですが、絵本の中から彼女なりに気づいてくれれば良いと思ってます。

    投稿日:2002/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んで元気になれる。

    • ラウムさん
    • 30代
    • パパ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    確かにクレヨンの黒ってあまり使わないですね。髪の毛の色とか・・そんなものですよね。
    くろくんは仲間外れにされて・・・・でも最後に大逆転!
    黒を使って他の色が映えるなんて、想像もつきませんでした。
    クレヨンを通して、「人間だってみんなどこかで必要とされてるんだよ。」という事を言っているような気がしました。
    何となく読み終わってほんわかするような、お勧めの絵本です。

    投稿日:2002/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット