でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

ももたろうなかなかよいと思う みんなの声

ももたろう 作:松谷 みよ子
絵:和歌山 静子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年
ISBN:9784494001316
評価スコア 3.8
評価ランキング 35,187
みんなの声 総数 14
「ももたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最初の1冊にはしにくい

    息子が、鬼の絵本が読みたいと言い出したので、それならと思い、『ももたろう』を数種類借りてきました。

    有名な昔ばなしは、細部の異なるものが多数出ているものだと思いますが、この『ももたろう』も私が知っている話とは随分違いました。

    まず、桃は「どんぶらこ」と流れてくると信じていたのに、この絵本では「ドンブリコンブリ」流れてきます。また、成長した桃太郎が普段とても怠け者であることも驚きました。さらに、お供の動物たちにきびだんごを半分だけわけてあげています。それも3個しか持っていかなかったからのようです。私はきびだんごはたくさん用意し、1個丸々分けてあげたと思っていたので、この点も驚きました。

    でも何と言っても特徴的なのは、犬、猿、キジだけでなく、助っ人のかに、いしうす、うしのくそなどなどが登場することでしょう。これには本当にびっくりしました。でもあとがきを読むと、作者の創作ではなく、地域によっては実際にそういう昔ばなしもあるようですね。

    そういうのも楽しいですが、何となく親として、私自身が馴染んでいる「桃太郎」を息子にも伝えたいと思ってしまいます。こちらの絵本は、その後で違いが分かるようになって(さらに『さるかにがっせん』にも親しんで)から話題作りに読みたいと思いました。

    投稿日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ビックリももたろう

    今まで読んだももたろうのイメージが吹き飛んでしまうような、ビックリももたろうです。
    三年寝太郎のようなももたろうが、鬼ヶ島に行っても、そう簡単には鬼たちを退治出来ません。
    他の昔ばなしのキャラクターも加勢してくれるという、トンデモももたろうでした。
    これはこれで面白いのですが、正調ももたろうを知らない子の、初ももたろうにしてしまうと、問題を生じそうに思いました。

    投稿日:2018/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外の展開

    桃からうまれた桃太郎。誰もが知っているお話ですが、この本はちょっと違う。ぐーたらな桃太郎に、昔話の助っ人達が出てきての鬼退治。

    「これは何?」と思いながら読み進めたところ、あとがきを読んで納得。
    岡山や兵庫に伝わる桃太郎とのことでした。

    スタンダードな昔話もいいですが、地方独特のお話も味があっておもしろかったです。

    子供には、「かちかちやま」など昔話を既にいくつか読んでいたので、最後に昔話の助っ人がぞくぞくと出てくる場面は、知っている動物達が出てくるということもあって、特におもしろがってみていました。

    投稿日:2011/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話のすけっとたち!?

    • 8ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    山行き型の桃太郎のお話です。

    なんと、この本には昔話の助っ人たちが登場します。さるかに合戦の臼や牛のくそ、かちかち山の狸(だったかな)なんかまで、出てきて桃太郎の鬼退治を手伝います。
    え?桃太郎ってもっと強かったんじゃないのかな、
    それとも、鬼がものすごい強いのかな。
    きびだんごも持ってるけど、半分ずつしかあげないし、元気が出ないのでは?など、いらぬ心配をしてしまいました。

    絵は、かわいいです。

    投稿日:2009/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなももたろうもアリ?!

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    今までの桃太郎とは一味違ったももたろうで、
    正直最初はびっくりしました。
    食っちゃ寝の、ぐうたら桃太郎も、いざという時には大活躍するので、やはりヒーローではあるのですが、なんともいえない人間臭さが面白いところです。
    さらにもう一味パンチの効いた面白さは、
    なんといってもいろんな昔話の助っ人たちが集まってきてくれて活躍するところですね。
    「おーー!!こんなのアリ?!スゴイ!」と、ちょっと興奮してしまいました。面白い展開で、大人が楽しめます。
    ただ、子供に初めて読む桃太郎としては、この本よりももっと定番のオーソドックスな方をオススメします・・・(苦笑)

    投稿日:2008/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食っちゃ寝

    桃太郎のお話を子供に読み聞かせたくて、図書館で借りました。この絵本の桃太郎は食っちゃ寝、食っちゃ寝で強くなります。最後の鬼退治はいろんな昔話のキャラクターが出てきて、皆で鬼退治します。
    自分の知っている桃太郎とは違いますが、こんなバージョンもおもしろいと思いました。2歳の息子は寝るのが嫌いなので、桃太郎はいっぱい食べていっぱいねんねして強くなったんだって、と言って読んでいます。

    投稿日:2007/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな桃太郎もいるんだよ

    桃太郎というと、「日本一」という旗を掲げた優等生のイメージを持っていましたが、岡山には食っちゃあ寝の桃太郎で、犬・猿・雉以外の助っ人も登場するお話が伝わっているそうです。「こんなの桃太郎じゃないよ」と思うかもしれません。けれど、いつもきちんとしているわけではないけれど、やるときはやる桃太郎は親しみやすく、「こんな桃太郎もいいな」と応援してあげたくなります。
    昔話は語り継がれるうちに少しずつ変化していくところが、面白味の一つだと思います。そんな昔話のバリエーションに興味を持つきっかけにもなる絵本だと思います。

    投稿日:2004/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット