新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

源平絵巻物語 6 屋島のたたかい」 ママの声

源平絵巻物語 6 屋島のたたかい 作:今西 祐行
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\2,990
発行日:1981年10月
ISBN:9784034270608
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,098
みんなの声 総数 4
「源平絵巻物語 6 屋島のたたかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 西へ、西へ。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    源平合戦勉強中の(私もだけど、)11歳の息子と読みました。

    どんんどんどんどん平家が都から西に西に流れてきて、
    あーもういよいよ次は壇ノ浦!
    という、流れがわかって、とてもドキドキします。

    幼い天皇とともに西へと追いやられてしまう平家。
    勢いづいてくる源氏勢と、
    なんだかとっても器量が大きいようで小さいようで、不思議な義経。
    そしてそんな緊迫した戦いの合間に行われた
    弓矢占いがまたオツです。

    お話のもっていき方、書き方がうまいなぁ。
    難しい歴史書よりも、ワクワクドキドキしながら歴史が勉強できて、
    本当にありがたいシリーズです。

    つぎはいよいよ、壇ノ浦!
    今からもう楽しみです!

    投稿日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 合戦でありながら優雅さを感じる

    戦記物語ですが、今の戦争物とは違ってどこか優雅さがあるのが源平合戦だと思います。

    戦いの最中に船が出ていくさうらないをするなんていうのも、殺伐とした戦いの中ではある意味考えられない出来事のようにも思われます。

    でも、このことで歴史に名を残すことになったのが、那須与一なわけで、この場面もお芝居などでも有名な場面の一つだと思います。

    この時の義経は、戦いの場を得られて一番血気盛んな時かもしれません。

    全体を通して読むと物悲しさも感じますが、一つ一つのエピソードは有名なものが多く、源平物語の人気の高さが窺えます。

    どの巻も読みごたえがありますので、歴史に興味を持つ時期に親子で読むといい絵巻物語だと思います。

    投稿日:2011/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット