宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きつねのかみさま」 ママの声

きつねのかみさま 作:あまん きみこ
絵:酒井 駒子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784591079539
評価スコア 4.78
評価ランキング 455
みんなの声 総数 78
「きつねのかみさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

66件見つかりました

  • 心温まるファンタジー

    • はなしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子11歳、男の子9歳

     もう何度も読んでいますが、何度読んでもいい絵本です。
    数々の名作を書かれているあまんきみこさんのほんわかとした心が優しくなるお話に、タッチにファンタジーを感じさせる酒井駒子さんがピッタリの絵を描いており、読みながらも、その世界観にドップリ浸らせていただきました。
     題名から、キツネが神様なのかと思って読んだのですが、読み終わってキツネにとっての神様のことであることがわかりました。もしも自分が、神様なんて言われたら、くすぐったいけれど、悪い気はしませんよね。
     キツネと人間が、縄跳びを通して、心を通わせ寄り添う姿が、何とも言えず心温まります。
     「おおなみ こなみ ぐるっとまわって きつねのめ」
    のフレーズに、親子揃って、
     「えっ、なんで?]
    となり、ぐいっとお話に惹き込まれました。
     主人公のりえちゃんの優しさが、読んでいて嬉しくなります。
     子供の学校で、三学期に縄跳びに取り組んでいるので、読み聞かせに行こうと思います。

    投稿日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちだけの素敵な世界。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    主人公のりえちゃんの言葉、一人称で語られる文章は、
    とても優しく、心地よく読むことが出来ました。
    りえちゃんが、お話しするように書かれているので、
    とても、りえちゃんの気持ちがストレートに伝わってきます。
    相手を思いやる心優しいりえちゃん。
    弟のけんちゃんとのやりとりが、かわいらしい。
    きつねの子も、りえちゃんという名前には驚いたけど、
    だから、「きつねのかみさま」なのね。
    誰だってお祈りして願いが叶ったら、
    それも自分の名前が書いてあったら、そう信じちゃうよね。
    きつねの神さまがくれたって。

    あまんきみこさんの優しくて、子供たちだけの素敵な世界のファンタジー。
    酒井駒子さんの絵が渋くて暗めだけど、女の子もきつねの子も、
    とってもとっても可愛いです。
    是非、手にとって読んでみてください。

    投稿日:2009/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかくなります

    • にゃんちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    酒井駒子さんの絵はホントに素敵です。
    よるくま、はじめてのおつかいも大好きです。
    この本の絵はタッチは何ていうのかな・・・
    どうやって書いてるんだろうね、って
    お絵かきの大好きな娘も、じーっと見入ってます。

    もちろんお話もいいです。
    きつねのりえちゃんの嬉しそうことばをきいて
    自分のことはいいの、って譲れる人間のりえちゃんは
    心がかなり大人ですね。
    小さい弟のけんちゃんが一緒に公園に行く、
    って言ってもジャマ者扱いしないで。
    きつねたちの前に出て行くシーンでは
    一緒に手をつないでいたり。

    みんなの笑っている顔が目に浮かびます。

    投稿日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい語り口調が魅力

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    女の子の一人称で 語られる文章が
    可愛らしくて 優しい気持ちになれる作品です。

    更に 酒井駒子さんの絵が 
    良い意味で 独特の風味を付け足した感じになっていますね。

    「きつねのかみさま」なんてタイトルは
    まるで日本昔話の様ですが
    内容は ファンタジーです。

    難しいものではないので、幼稚園児からでも
    読んであげられる作品です。
    でも、幼すぎもしないと思うので小学校に上がってからでも長く読めると思います。

    投稿日:2008/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねとなわとび

    今はかわいい絵とほんわかしたお話で、
    きつねと仲良くなわとび・・を楽しんでます。
    りえちゃんの行動がしっかり理解できるのは年長さんになったくらいかな?
    年中の娘がなわとびをあげるなら、
    「本当は私のものだけど、あげるね」と言ってしまいそうなので
    きつねのかみさまにはなれなさそう(笑)
    理解できる頃にもう1度読んだら、違う反応がありそう。楽しみです。

    投稿日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちに♪

    お姉ちゃんの【りえちゃん】と弟の【けんちゃん】

    忘れてしまった縄跳びを公園に取りに行くと、置いた場所にはありません。
    探していると、【きつね】たちが縄跳びで遊んでいるところに出会うのですが・・・☆

    きつねたちに誘われて一緒に縄跳びで遊んでいる場面。
    きつね達とのやり取りがとてもかわいくて大好きです。
    みんなの表情が本当に素敵なんですよ!!

    りえちゃんはこの縄跳びが自分の縄飛びだと気付くのですが、きつね達から、みんなで縄跳びしたいと【きつねのかみさま】にお願いしていたら縄跳びがあったというお話を聞きます。

    そのお話を聞いたりえちゃんは・・・

    弟の最後のセリフがなんともほのぼのほんわか、この絵本のタイトル【きつねのかみさま】に繋がっています。
    絵本の持つ温かな優しい余韻を抱いたまま絵本を閉じれると思います♪

    投稿日:2008/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもラッキーでした。

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    「ビロードのうさぎ」で酒井駒子さんのファンになった直後、今度は本の中古屋さんで、お買い得になっているこの絵本を見つけました。

    主人公のりえちゃんは、一体何歳なのかしら?
    こんなに優しく弟のけんちゃんをリードしているし、なわとびのコツをきつねの子たちにも教えてあげる。
    最後には、’りえちゃん’のなわとびを、自分のなわとびだと勘違いしてしまった’きつねのりえちゃん’にさりげなく渡してしまいました。
    こんなにかわいくて、機転の利くおねえちゃんは、ママのあこがれ!ですよね。

    最近、あまんきみこさんの講演会に行ってこられた次女の担任の先生から、「(あまんさんは)すごく優しい語り口調でしたよ。」と聞いて、「うむ、なるほど!」と感じています。

    こんな素敵な新品同様の絵本を中古で買えて、ラッキーでした。

    投稿日:2008/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の表情が最高

    公園で、縄跳びのなわを忘れてしまったおかげで、出会うことのできたきつねたちの縄跳び風景。
    小さなりえちゃんとけんちゃんの兄弟、そして、きつねたちのほのぼのとした表情がとてもいいですね。
    やはり、酒井駒子さんの描く子供の表情は最高です。
    小さな女の子が、きつねの子に、自分のなわとびを譲ってあげる気持ち。
    「いいの、いいの」と言いながら、なんだか、ごちゃまぜの気持ちだった女の子。
    小さな子のがんばった姿がいじらしく、よかったね、えらかったね、と思いながら読みました。
    はねるように跳ぶきつねの縄跳び姿もとてもかわいいですよ。

    投稿日:2007/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまんきみこさん

    学生の時にあまんきみこさんの作品と出会ってまた今日出会えて嬉しく思います。絵も”よるくま”の酒井さんで嬉しくなりました。弟がお姉ちゃんをとても慕っていてお姉ちゃんも弟の事を大好きに思っていたからこそ狐の友達に出会えたのではないかなと思いました。みんなで縄跳びをするところはとても楽しそうで人間も動物も関係なく時間を共有しているところが素敵だなと思いました。自分の忘れ縄跳びを名乗り出るよりも次回またみんなで遊んだり狐の友達の夢を壊さずにいるお姉ちゃんは器が大きいなと思いました。このお姉ちゃんの配慮の御蔭でまた皆で幸せで楽しい時間を過ごすことが出来で良かったと思いました。私の一番お気に入りの場面は男の子がお姉ちゃんにおいていかれまいとケーキを全部口の中に押し込んでしまうところです。大好きなお姉ちゃんといつも一緒にいたいという強い気持ちが可愛らしなと思いました。

    投稿日:2007/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神様お願い一緒になわとびさせて下さい

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    大好きなあまんきみこさんの作品に酒井駒子さんの絵というので購入した本でした。

    秋の読書週間読みきかせで本選びしていて1番に思いついた絵本です。

    きつねのかみさま・・というのはどんなかみさまを想像しますか?

    私も読んでみてびっくり・・・そうか〜
    あまんきみこさんのほんわか心温まってくるお話です

    なわとびがしたいこぎつねがきつねのかみさまにお願いしてなわとびをもらうのです

    きつねのかみさまはなわとびをちゃんとくれました。

    なわとびを公園に忘れてしまった私・・とこぎつねたちの不思議で楽しい時間・・・

    きつねがなわとびをしている絵・私と弟けんちゃんがきつねと一緒になわとびしている表情はとても優しくでいつまでも見ていたいです。

    投稿日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

66件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット