虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

きつねのかみさまなかなかよいと思う みんなの声

きつねのかみさま 作:あまん きみこ
絵:酒井 駒子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784591079539
評価スコア 4.78
評価ランキング 455
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • きつねのりえちゃん

    酒井駒子さんの作品が好きなので、本当は自分用に買いました。
    幼児からお奨めとありますが、うちの息子にはまだ難しいかな、という思いもあり、本棚にひっそりと置いておいたのですが、
    息子が目ざとく見つけ、「あそこにご本あるよ!新しいご本でしょ、取って!」と言うので、読んであげると意外や意外。
    結構楽しめるんですね。
    ストーリー自体は理解できているかどうか不明ですが、
    たくさん狐たちが登場し、縄跳びをしている姿をじっと見つめていました。
    その狐が可愛く、しかも名前が「りえ」だなんて。。。
    人間の「りえちゃん」と弟のやり取りもほのぼのして可愛いです。

    投稿日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 暖かな空気に包まれるような絵本

    • かよたさん
    • 30代
    • その他の方
    • 香川県

    「きつねのかみさま」という題から、もっと神秘的なお話を想像していました。
    読んでみると、実際にはもっと可愛らしいお話で、いい意味で期待を裏切ってくれました。

    主人公が語り手になっているのは絵本では珍しい気がします。
    読み終わった後、暖かな空気に包まれるような感じがする絵本です。

    投稿日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねのうたがかわいい

    きつねというと、神社や昔話といった怖いイメージ。
    けれども酒井さんが描くきつねたちは、無邪気で楽しそうでとっても愛らしい。

    最後は複雑な気持ちにもなったけど、りえちゃんは優しいです。きっとまた、きつねの子たちと遊びたかったんだろうなぁ…
    りえちゃんはきつねのかみさまで、みんなのおねえちゃんですから。

    いつかどこかで、こんな世界に出会える気がしてなりません。
    場所や時間や空気、色んなものが重なり合った時に…

    でもそういうものは、子どもの方が見つけるのが上手いんだろうなぁと思います。

    投稿日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二人のりえちゃん

    りえちゃんは、縄跳びを置き忘れ、弟と一緒に取りに戻ります。そこにいたのは10匹の狐。みんなで縄跳びを楽しみましたが、なんと狐のりえちゃんが、「ほしいと思っていたら狐の神様が縄跳びをくれた。私の名前まで書いてある」と言い出します。人間のりえちゃんはその縄跳びが自分のとは言い出せず、あげることにします。

    とくにオチはないのですが、女の子の優しさや、動物たちと遊ぶほのぼのした感じがとても素敵です。ほっとする絵本でした。娘も気に入ったようです。

    投稿日:2012/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな優しさ

    キツネの神様の正体は・・・小さな優しい女の子です。
    とても優しくて、楽しいお話だと思いました。

    絵が、このお話の雰囲気作りの大きな役割になっていると思います。
    少し暗めの色使いは、霞がかかったようで、キツネが遊んでいるという不思議な雰囲気を盛り上げているように感じました。

    投稿日:2012/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい語り口調が魅力

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    女の子の一人称で 語られる文章が
    可愛らしくて 優しい気持ちになれる作品です。

    更に 酒井駒子さんの絵が 
    良い意味で 独特の風味を付け足した感じになっていますね。

    「きつねのかみさま」なんてタイトルは
    まるで日本昔話の様ですが
    内容は ファンタジーです。

    難しいものではないので、幼稚園児からでも
    読んであげられる作品です。
    でも、幼すぎもしないと思うので小学校に上がってからでも長く読めると思います。

    投稿日:2008/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい夢

    あまんきみこさんときつね、というコラボに魅惑を感じて手にとりました。
    これも下読みでは響くものを感じなかったのに、娘と読んだらおもしろかった。
    不思議。子供と読むと違う世界が広がるのでしょうか。
    なわとびに興味を持ち始めている娘と読んだからでしょうか。

    誰でも持っているなわとびと、どこにでもある公園で繋がるファンタジー世界。
    10匹のきつねと跳ぶくすぐったいような楽しさ。挿絵の女の子のようにウフフと笑いが漏れてきそう。
    いつでも誰でもきつねのかみさまになれるかもしれない。かわいい夢にあふれたお話。

    投稿日:2007/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 余韻が残る絵本です

    りえちゃんは好奇心いっぱいでおねいさんらしく、けんちゃんは
    りえちゃんのうしろからそっとのぞいている姿がほほえましいです。ふと気がついたのですが、子供達の服が「黒」なんですね。絵本で黒い服なんてちょっとめずらしいなと思いました。でもとてもしっくりしています。「黒」にこだわりのある酒井さんならではだと思いました。子供は「ほかのきつねたちはなんていう名前なのかな、名札をつけていればいいのに」などといいながら読んでいます。読み終わるとなにか余韻が残って、また読み返してしまう素敵な絵本です

    投稿日:2007/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がほんわかやさしくて好きです。

    • ひいこたんさん
    • 20代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    なんとも、言えないこの絵のやさしさが気に入って手に取った1冊です。

    縄跳びを無くして、探しに行くところから、始まりますが、きつねに出会った時に、
    「あぁ・・きつねの神様に会ってしまったんだなぁ」
    って、単純に思ってしまいました。

    りえちゃんの縄跳びで、狐達と一緒に遊んで、結局、その縄跳びは、狐達に挙げちゃうんですけど、
    最後の最後に、きつねのかみさまの本当の理由が分かるんです。

    あぁ!!そういうことか・・って妙に納得しちゃって、絵本て、奥が深いなぁて思いました。

    気になる方は読んでみてください。
    素敵な本ですよ。

    投稿日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおなみ こなみ ぐるっとまわって きつねの め
    私たちも、子供の頃、縄跳び 楽しかったので、とても 懐かしい!

    「おおなみ こなみ ぐるっとまわって ねこのめ」と歌って足をぱっと ひらいて、縄をまたいだ。

    絵本の きつねの姿が、かわいい!
    りえちゃんが 縄をまわしてあげてる。自分の縄跳びだとしっても きつねのりえちゃんにあげるのです。
    この場面が、なんとも いいんです。

    帰り道 弟の けんちゃんが「そうかあ。おねえちゃんは、きつねのかみさまだあ。くくくっ」
    むねが きゅんとした。

    絵本を読んでる私も、むねが きゅんとしました。

    投稿日:2006/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット