まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

いったでしょなかなかよいと思う みんなの声

いったでしょ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784032272703
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,232
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いったでしょごっこ

    転びそうだな、つまずきそうだな、・・・母には分かるんですよね。で、注意をしても、子供はやっぱり転ぶ、つまずく。

    でも、そんなとき、「だから注意したでしょー!!」と怒るのではなく、子供もギャーギャー泣くのではなく、サラッと「いったでしょ」の一言で終わるのは、この親子にゆとりを感じます。

    我が家でも、子供達が騒いでいたときに、この本を真似て私が「転びますよ」と言ったら、子供達は大喜びしてわざと転び、私に「いったでしょ」の言葉を言わせました。

    それ以来、しばらくの間「いったでしょごっこ」が流行りました。

    投稿日:2011/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かあさんなんでもおみとおし

    親子の掛け合いです。
    坊やが次にどうなるかお母さんはお見通し。
    「いったでしょ」の言葉がつきはなしているようでもあり、心配しているようでもあり、諭しているようでもあり、いろいろな意味合いがあることに感心しました。

    投稿日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いったでしょ♪

    五味さんの絵本に良くある繰り返しの内容で最後にオチがあるというお話です。
    この繰り返しの内容は子どもとの日常に良くありそうな内容なんですが、読んでいるとなんとも滑稽で笑ってしまいます。
    息子も気に入ったようで何度も1人で読んでいました。

    投稿日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味太郎さん

    五味太郎さんの作品ったのでこの絵本を選びました。お母さんって凄いな!と思える絵本でした。息子の心を読んでいて未来を予知できるとはさすがだなと思いました。お母さんは普段息子のことをしっかりと理解しているからこそなのだとお母さんの偉大さを感じられる絵本でした。文章もテンポよく読め良かったです。最後の主人公の笑顔が心に残りました。

    投稿日:2009/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 口を揃えて

    馬の親子が道を歩いていると、危険を発見し、お母さんが子どもに注意するお話です。

    注意をされても、ひっかかってしまう子馬のドジっぷり(?)とお母さんの「いったでしょ」の一言が面白い一冊です。

    1歳児クラスの子ども達に読み聞かせをした時も、口を揃えて「いったでしょ」という子ども達の姿がとても印象的でした。
    なんとなく話の先を想像できるようになってきているぶん、この絵本を楽しみながら聞けているように感じました。

    乳児さんでも十分に楽しめる一冊です☆

    投稿日:2008/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失敗しないとわからない

    「いったでしょ」と、言ったくらいでは子供はなかなかいうことをききません。自分で失敗して痛い目に合わないとわからない子馬くんは、うちの子供に似ているのでおもしろかったです。

    「おちますよって、いってよ」という子馬の言葉がおかしかったです。少し成長したんだなと、ほほえましくなりました。落ちないで、上手に飛んだ子馬のうれしそうな顔がいいです。それさえも、お見通しのママはさすがです。

    投稿日:2008/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!と笑っちゃいます

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    そういえば、普段、よく私も子供にいってるかも!「いったでしょ」と思いながら笑っちゃいました。
    子供にこれから起きそうなちょっと危険なことを
    「こうなるから、危ないわよ!」というんですけど、
    やっぱり子供はその通りに転んだり、ぶつかったり・・・
    そんな時、つい私も「ほら!いったでしょ!」と言ってます。
    息子もそれを感じているのか、読みながら、「ママ!」といって私を指差していました。
    最後の階段で、何も言わないママに子供は「いってよ!」とリクエスト。「そっか、子供って、こんな風に、ママに注意してもらうの待ってるんだぁ」と思いました。
    そしてそれに対するママの台詞とその後の展開には
    「そうきたか!笑」という感じでした。
    シンプルですが、共感できる内容で、面白い絵本です。

    投稿日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗示にかかる??

    ほんとうにどうして この子は
    毎日毎日 同じ事言わないとわからないのかしら・・・
    などと ぷりぷりしてきて
     使うまいと思っている言葉
    「はやくしなさい」
    を毎朝気づくと連呼してしまってる私が
    見習いたいようなどーんと構えた母の姿です

    つまづきますよ
       つまづいた!
    いったでしょ

    おちますよ
       おちた!
    いったでしょ

    最後、階段を登ったこどもが
    「おちますよっていってよ」といいます
    するとお母さんは
    「とびますよ」
        ↓
    「とんだ!」
     
    どうなるかと思って聞いてた子供は ここでゲラゲラ。
    もしかして子供って「こうなるよ」と言われたように
    深層心理でなるの?
    だったら
    母親の私は 悪い暗示ではなく
    いい暗示を与えなきゃいけない訳ですね!
    なんか 子育てのヒントみたいです。

    投稿日:2008/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しが楽しい

    「いったでしょ」は「ほらっ言ったとおりに失敗した」と
    聞こえてしまい、失敗を馬鹿にされているようで
    あまり好きな言葉ではないです。
    そのせいか私が子供に「いったでしょ」と言う時は、
    ちょっと冷たくなってしまいます。
    でも絵本に出てくる「いったでしょ」は
    冷たく感じません。
    何が違うのかな?

    子供も文字が少なく、ほとんどが繰り返しなので
    兄弟で真似して「いったでしょ」と楽しそうに遊んでいます。

    投稿日:2007/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬鹿うけ^^;

    • 向日葵ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    五味太郎さんの絵本は、どれも結構好きみたいなのですが、

    息子が最初っから、こんなに笑い転げた絵本は、生まれて初めてです。^^;

    文章はとっても短いので、どうかなぁ〜〜〜と思いながら図書館で借りてきたのですが、3歳児にぴったりでした。
    きっと、自分のこととも多少照らし合わせられるんじゃないかな?と思います。

    絵本のような、飄々としたお母さんになりたいです〜。

    投稿日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット