みんなにゴリラ みんなにゴリラ
作: 高畠 那生  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
穴の開いた仕掛けで、ページをめくるとみんなゴリラに変身! とにかく楽しく笑ってほしい!という思いがつまった絵本です。

わらのうし ウクライナの昔話」 みんなの声

わらのうし ウクライナの昔話 作:内田 莉莎子
絵:ワレンチン・ゴルディチューク
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年09月
ISBN:9784834015577
評価スコア 4.35
評価ランキング 11,348
みんなの声 総数 16
「わらのうし ウクライナの昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 訳がいい!絵がいい!

    • 川萬さん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県

    子供は「繰り返しが好き」といわれますが、この本では、登場するくま、おおかみ、きつね、それぞれの違いがちゃんと表現されていて感心します。学年のあがった子供でも大人でも、全く飽きない、無駄のない文章で、読みやすく、聞きやすい、よい絵本だと思います。
    最後にわらのうしがどうなったのか?子供の心を見逃さない、裏表紙までお話しが続くすてきな絵本です。

    投稿日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんの思いつき

    もうすぐ3歳の息子が最近昔話を好むようになったので、読んでみました。

    ウクライナの昔話とのこと、日本の昔話ではなじみのないタールが登場しますが、それ以外の点では特に分かりにくさはないようにおもいました。

    貧乏な老夫婦がわらの牛をつくり、そのわらの牛が何故か幸せをもたらすというお話です。おばあさんがおじいさんにわらの牛を作ってもらおうと思いついた話の始まりからして、「なんで?」と思ってしまう展開なのですが、そこが昔話でしょうか。不思議だけどおもしろい、不思議だからまた聞きたくなる話です。

    タールがどんなものか、見たり触ったりできれば、きっと面白さは倍増するでしょうね。

    投稿日:2011/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウクライナの世界感を楽しめます

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    大きいサイズの絵本だなぁ・・・

    と、ウクライナ?
    「てぶくろ」もそうだったなぁ・・・と
    手に取りました

    表紙の牛の絵が
    従姉妹が陶器で作った牛にそっくり(^^ゞ
    黒いのがタール???

    あの昔木の電柱とか、鉄道の枕木に塗ったものですよね?
    あのにおいかぁ・・・

    絵がリアルで、とっても素敵です
    おばあさんの服とか民族衣装ですよね?
    貧乏だけど、すごい刺繍とかセンスいい感じ

    おおかみは、ベルト?してるし
    キツネは、ピアスしてるし
    あなぐらの中での
    表情もなんともいいです

    絵本を閉じると、わらの牛の最後の姿が・・・

    素敵な絵本に出会いました

    投稿日:2010/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウクライナは昔話の宝庫ですとありました。

    てぶくろの絵本はよく楽しんで子供たちとあそんだものです。
    この わらのうしは図書館で見つけておもしろそうだなと思い読んでみました。
    繰り返しの おもしろさは てぶくろにも似ていますが ひと味違うところは  おばあさんの発案でわらのうしをおじいさんてもらって、タールをぬるこれもおばあさんの案
    おばあさんは わらのうしをつれて「 おいしいごちそうをたっぷりおたべ」

    ふとっぱらなおばあさんだな〜
    いとをつむいでいる間に・・・・いねむり

    おじいさんは なかなかゆうかん 協力して しあわせつかんだのかな?
    それにしても こんなに うまくいくと 楽しいですね!
    幸せに暮らし 本物の牛を二頭手に入れて

    くまや おおかみ きつねも 正直もの  こんな昔話もたのしいですね
    絵がリアルに描かれていて おじいさんとおばあさんの顔のしわもリアル
    ウクライナ地方の昔の暮らしぶりが よく分かりますね!

    「わらのうし」の仕事は、長い時間かかりましたとの作者の声
    良い絵本でしたよ!!

    投稿日:2010/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんのペット?

     ウクライナの昔話です。
     貧しい老夫婦がいました。
     ある日おばあさんが、おじいさんに作ってもらったわらの牛を連れて、丘にのぼりました。
     おばあさんが、居眠りを始めると…。

     息子に読み始める前に、タールの説明をしました。
     「とっても、ベトベト、ネバネバなんだよ。」と話したら、読む前から“ベトベト、ネバネバ”がうけました。
     それにしても、この牛をおばあさんはペットのつもりでおじいさんにつくってもらったのでしょうか。
     繰り返しのシーンが、3つ出てきて大笑い。
     閉じこめられた穴蔵から顔を出す獣たちにも大笑い。
     後半、獣たちを信じたおじいさんに、「優しい。」とひとこと。
     最後のページで「ホントの牛だね」とニッコリしていました。
     幼稚園時代の思い出の一冊です。

    投稿日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話

    最後にちょっと驚きました。幸せを運んできた功労者のはずなのになあというところで。

    おばあさんが何を思ったのか、わらのうしを作ろうと思ったことがきっかけで運命が変わっていきます。

    一瞬のひらめきにしてはすごいなあと思いました。

    日本だと親切にしてあげたから、幸せがめぐってきたとかになりそうですが、これは棚からぼたもち的で、万事都合よく運ぶのがご愛敬でしょうか。

    お国柄が反映されているのかな。おもしろいお話だと思いました。

    投稿日:2009/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • キテレツでとっても楽

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子5歳

    ウクライナって、ほんとに素敵な昔話の宝庫ですね〜。
    このお話もキテレツで面白かったです。
    「そんな馬鹿な…、でも、あり得ないともいえないかも〜」って、感じ。
    貧しい暮らしをしていた、おじいさんおばあさんの夫婦がいて、あるとき、おばあさんが「余っていたわらで牛を作ってくれ」って、頼むんです。「横っ腹にタールをぬっとくれ」って、注文をつけて。
    タールって、よく分からないんですが、ペンキみたいで、強力な糊のようなもののようです。(そうじゃないとお話しにならないので)
    そして、そのわらの牛を連れて外で糸を紡いでいると、うたた寝している間にクマだの、オオカミだの、キツネだのやってきて、タールにくっついて離れなくなったので、捕まえてしまうんです。
    しかも、おじいさんがその動物たちを処分して毛皮にしようとすると、動物たちは見逃してくれたらお礼をすると言って、次々に貢ぎ物を持ってくるんですよ〜。
    それで、そのおかげですっかり物持ちになった二人は幸せに暮らしましたとさ。
    え〜い、そんな知恵があるなら、おじいさんとおばあさんになる前にやってればよかったのにとも思うけれど、そこは、昔話のご愛嬌って、やつですよね。
    イラストもとってもきれいで、ウクライナの人々の民族衣装や暮らしぶりがよく分かります。
    お勧めです。

    投稿日:2005/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • よこっぱらタールのわらのうし

    • サンフラワーさん
    • 30代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子9歳、女の子4歳

     ウクライナの昔話。貧しいおじいさんとおばあさんがある日、わらで牛を作り、その横っ腹にタールをぬる。おばあさんがわらの牛を連れて丘に行く。おばあさんが居眠りをしている間に、牛の横っ腹のタールに熊がくっついてしまう。その熊を穴ぐらに閉じ込める。そんな調子で、狼も、キツネも穴ぐらに入れられてしまう。穴ぐらの横でナイフを研ぐおじいさんに、逃がしてもらう代わりに、熊がハチミツを、狼が羊を、キツネはにわとりとあひるとがちょうを連れてくると約束する。
     動物たちは、約束を守り、「おじいさんとおばあさんは、しあわせにくらしました。」ここで、終わって欲しかったのですが、「わらの牛はおかのうえに たちつづけ、やがて くずれて なくなりました。」で終わっている。何か余韻が残る。

    投稿日:2004/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるく、おさまって

     おばあさんが、わらの牛にタールを塗りつけて出かけていきます。なぜか、おばあさんが居眠りしている間に、いろいろな動物をつかまえてしまう、、、。
     タールはそんなに役にたつの?なぜ、おばあさんが居眠りしている間に?と、つっこみどころがいろいろあっておもしろかったです。
     最後は、まるくおさまったところが、イソップとはちがうなと思いました。
     
     細かく描きこまれた線が印象的な絵でした。

    投稿日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ウクライナの昔話

    ウクライナの昔話、ということです。
    「てぶくろ」が思い出されますが、このお話も面白かったです。
    昔話が豊富な地域なのですね。
    クマやオオカミを閉じ込めておいて「どうするのだろう?」と不思議に思いながら読んでいましたが、動物の恩返しとでも言うのでしょうか。
    おじいさん・おばあさんが、幸せにくらせるようになって良かったですね。

    投稿日:2013/04/17

    参考になりました
    感謝
    1

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ヒギンスさんととけい / あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット