おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

サムならきっとできるから自信を持っておすすめしたい みんなの声

サムならきっとできるから 作:エイミー・へスト
絵:アニタ・ジェラーム
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784566007673
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,814
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しい贈り物

    「美味しい贈り物」と書いたカードを添えて、ママとサムで焼いたケー

    キをお友達の家に、10軒届けます。

    夜中中、お友達の喜ぶ顔を想像しながら、二人でケーキを焼きました。

    お友達の家の近くに来るとママは、緑色の車を止めてサム一人でケーキ

    を届けさせます。

    ママと二人の方が安心だし、それに早いと思うのですが、辛抱強くサム

    にお使いをさせるのが凄いと思いました。

    「サムなら出来るから」と抱きしめて勇気を持たせます。

    ママだから出来る愛情だと思いました。息子に自立させて、出来ること

    に自信を持たせたかったと思いました。

    達成した喜びを教えたかっただろうと思いました。

    ママは、サムを信頼して一人の人間として認めているのに感心しました

    待ってあげること、信頼してあげること、出来る事はやらせてあげよう

    と気長な気持ちが大切だと思いました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • そっと手を放して

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    お母さんクマとサムとで焼き上げたケーキを
    一体どこへ届けるのでしょう?
    そんな期待感を膨らませながら
    お母さんはお友達のおうちの前で車を止めて
    サムにケーキ入りの赤い袋を玄関前に
    置きに行くよう促します。きっと彼にとって初めての
    一人でするお手伝い。
    小さな子だとドキドキしますよね。
    でもお母さんが見守ってくれてるんだら大丈夫。
    なんでもかんでも親が手出しするんじゃなくて
    (ついついしてしまいますけどね)
    こんな小さなことから始めてみては?そんな気持ちにさせてくれます。
    「○○○にならきっとできるから」なんて親に言われるほど
    自信をつけてくれますね。きっと。

    掲載日:2007/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が自信をもつ方法♪

    子育てをしていて、ついつい色々なところで手や口がでてしまいます。
    子供のペースを大事にと思いつつも、ついついでてしまう手に口。
    でもこの絵本のサムのお母さん。
    ただ一言。
    「サムならきっとできるから」といって、優しく見守っているんですね〜。
    子供に自信をもたせるためにも、見守るという姿勢が大事だということを改めて思い知らされる絵本でした。

    挿絵もすごくほんわかしていて、それがまた何ともゆったりさせてくれる絵本でした。

    何でもやりたがる年齢のお子さんの読み聞かせにぴったりだと思いました。

    掲載日:2007/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単そうで難しい、見守る愛情。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    「ぼうや、おくちをあけて」のエイミー・ヘストの作品です。ママとぼうやのイラストを見ると、この「サムなら…」は、たぶん「おくちをあけて」の続編だと思います。
    この絵本を盛り上げてくれているのは、なんといっても、アニタ・ジェラームのイラストです!
    わざと紙質を見せるこの質感に心地よい暖かみを感じるのは、わたしだけではないと思います。
    テーマは『子どもの自立』でしょうか?
    一晩かけて母子で作った美味しいケーキを、子どもの友達の家へ届ける話なのですが、母ぐまはいつも、お友達の家の近くで車をとめ、子ぐま(サム)に車から玄関まで歩いて届けさせるのです。
    その時、必ず肩を抱きしめて「サムならきっとできるから」と、励ますのです。
    見守るという、簡単そうでいて、これが中々難しい、母の愛情を、再認識させられる絵本でした。

    掲載日:2004/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット