季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

わらしべ王子」 その他の方の声

わらしべ王子 作:斎藤 公子
絵:儀間 比呂志
出版社:創風社
税込価格:\1,980
発行日:1991年05月
ISBN:9784915659409
評価スコア 4
評価ランキング 26,498
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このお話は 斉藤公子さんが 詩人の木村次郎さんの再創造して絵本にされました
    絵は那覇出身の儀間比呂志さんの版画です
    わらしべ王子の後書きを読みますと 沖縄の人々の 歴史が分かります
    沖縄の人々の生き方 優しさは どうしてつくられたかが書かれています

    斉藤公子さんは さくらさくらんぼ保育園で園長として 子ども達を育ててこられました(私も保育士の時に 実習で一週間先生が子ども達をどのように育てられているかを 学びました)

    さて、 このお話の中に出てくる 
    主人公の たろう 
    お母さんは死ぬ前に、お父さんが 沖縄でよその国の王に殺されたこと
    お父さんが残してくれた ふるいわら束を渡し
    「このわらたばをもって 旅にいきなさい」と言って 死んでいきました

    たろうは 旅に出て いろんな人が困っているのを助けます
    そして、こみこという目が見えない女の子と出会うのです
    悪い王を追い出し こみこと沖縄の島でみんなと生きていくお話です

    このお話の中に 出てくる歌 
    私が 丸山亜紀さんの音楽教室で聞いた 懐かしい 歌です(おおきな声で歌っています)

    沖縄は今でも 米軍基地があり人々は、基地を作らないでと反対の声をあげています

    第二次世界大戦で 沖縄は、すさまじい戦争でたくさんの人々が殺されました

    悲しい歴史を語り継ぎ そして 基地のない平和な沖縄になることを望んでいます

    この絵本は みんなに読んであげたいし 私の友人 沖縄出身の彼女に読んでほしいと思います

    投稿日:2020/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット