しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい」 ママの声

復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい 作・絵:さとう わきこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784577039427
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,075
みんなの声 総数 14
「復刊絵本セレクション 3 たぬきがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぼくとたぬきと森の中・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「ひとやまこえて」のわらべうたが気に入って
    きつねとたぬきの出てくる絵本を物色中!
    で、今日リクエストで届いたのがこれ!!

    あ〜っ!!なつかしい!
    そうそう、保育園にあって
    よく読みました
    「どれが“ぼく”か。これだよね」とか
    こどもたちは、ぼく探しとかして
    楽しんでました

    さとうわきこさんの絵を見ると
    こどもたちは「ばばばあちゃんの人?」と
    すぐに気付きます
    大好きです

    おはなしも、なんともいいんです
    楽しいし
    問題が起こっても
    機転も利かせて、解決しちゃう!

    あとがきも素敵です
    エッセイのようです

    もう売ってないのかな・・・
    探してみようかと思っています

    いい作品は、皆さんに見てもらいたいです!!

    投稿日:2011/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「ナムクシャ ドローン」

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    すごく古い本の復刻版です。
    ぼくがたいこをもって野原に行くと、たぬきに出会います。
    そのたぬきは「ナムクシャ ドローン」といって、ぼくに化けてついてくるのです。
    それが何度も続いて、森のなかのたぬきは、みんなたいこをたたいて歩く“ぼく”ばかり。
    ちょっと怖い気もするけど、さとうわきこさんはその様子を楽しいリズムと絵で描いてくれています。
    単純で繰り返しが多くて面白かったです。
    さすが、復刻された作品だけありますね。
    そして、「ナムクシャ ドローン」って、意外といいずらかったです。
    これは、読み聞かせに使うなら、よく練習しておかないと口が回らなくて大変そうです。

    投稿日:2019/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストの色彩もいい!

    こちらの絵本,文章自体はそんなに多くないので小さなお子さんにもいいと思いましたが,「たぬきは化けることができる」という要素を理解するにはやっぱり幼児期以降の子供向けでしょうか(笑)。
    私が素敵と思ったのは,この絵本のイラストの色彩です!
    4色を使ったとても味のある使い方が見ていて統一感と温もりが感じられ,すごくよかったです!
    お話も楽しくて,最後はほっこり優しい気持ちになれる絵本でした。

    投稿日:2016/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素朴な感じが気に入ってます♪

    さとうわきこさんの絵本は、内容も絵も、素朴であったかい感じがして、
    大好きです!!
    今回も男の子とたぬきの楽しそうな様子が描かれていて、つい一緒に
    踊りだしたくなるような感じでした。
    単純な内容なのですが、じわっとおもしろさがくる、そんな感じの絵本
    でした!!

    投稿日:2015/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんしん!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    たぬきたちがへーんしん!!
    たぬきやきつねは変身したり、人を化かすと言いますがどこからそんなことが発生したのかな?
    みーんながまったく同じ男の子ってすごい光景です。
    あかちゃんが起きてしまったのはたいへんでしたが、このオーケストラは豪華で良いですね!

    投稿日:2014/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽがあるからね

    さとうさんの絵本が好きなので
    思わず借りてしまいました。

    たぬきが男の子にどんどん化けていきます。
    だけどしっぽが出てるからすぐにわかります。

    どんどんたぬきは増えてたいこをどんどん!

    うるさくて動物の赤ちゃんたちが寝られない。

    そこで考えたのがたぬきを楽器に化けさせて
    オーケストラをつくってしまいました。

    楽器の勉強になっていいなと思います。

    投稿日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポコポン

    タヌキが、かわいい絵本でしたね。
    お話の中で使われている、変身の呪文も面白かったのですが、子供は「ポコポン ポンポン」と言っていました。
    やっぱり、タヌキと言えば、ポコポンですよねー。
    オーケストラも完成して、童謡「山の音楽家」?を思い出しました。

    投稿日:2013/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくがいっぱい

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    たいこを持って森へ行くとたぬきに出会い、そのたぬきがぼくに化け、しばらく行くとまたたぬきに出会い・・・
    だんだんぼくがいっぱいになる様子には子供たちは「すご!ぼくがいっぱいや〜」と楽しんでいました。
    みんな、たいこを持ってドンドンやってると・・・苦情が!
    その対応がすごく素敵!
    こんな素敵な音楽があればグッスリですね^^

    投稿日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の演奏会

     太鼓をたたいていると、なんだか楽しくなってきます。シンプルな楽器だから、誰でも演奏できます。森の中は、どれほどにぎやかになったことでしょう。
     そして、オーケストラでは静かな子守唄、というのがステキだなと思いました。

     にぎやかな太鼓の音も、しずかな子守唄も、森の中ではいい音で響くだろうなと思います。本当に聞いてみたいです。

     森で楽器の演奏は、実際には難しいですが、外に出てのびのび体を動かしたくなりました。

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な展開!

    全ページで読んで。

    ぼくがたいこをたたいて歩いていると、
    たぬきが「ナムクシャドローン」といってぼくに化けます。
    次から次へと出てきたたぬきもみんな化けて・・・?!

    繰り返しの展開かな?と思いきや、
    とってもほほえましいラストに親子でにっこりできますね。
    思わず繰り返し呼んでしまいました。
    たぬきたちが化ける楽器もさまざまで楽しい!
    子どもに名前を教えたいけれど、なかなか楽器の名前が出てくる
    絵本ってあまり見かけたことがなかったので新鮮でした。
    これは購入したいです!

    投稿日:2012/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット