まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

11ぴきのねこ」 みんなの声

11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784772100045
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,522
みんなの声 総数 179
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

179件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 単純でかわいいねこたち・・・

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、女の子3歳

    言わずと知れたロングセラー絵本ですが、読んだのは初めて。
    私が子どものころからあったはずですが、読んだ記憶は残っていませんでした。
    いつかは子どもに読んでみたいなと思っていて、やっとです。

    実は上の息子が幼稚園でこの絵本を読んでもらって絵を描いたことがあって、それでいつかは親子で読んでみたいと思っていました。ちなみにその絵は先生にもほめていただいて、子どもも覚えていたようです。

    内容は単純ですが、子どもは面白いみたいです。
    みんなで力を合わせて大きな魚を捕まえるところも楽しいし、捕まえた魚をみんなに見せようと連れて帰っている途中で、がまんできなくなっちゃったんですね。
    骨さえ残っていれば十分自慢できるかなと思いますけど。

    子どもたちは大きな魚が見事な骨になってしまうところが一番のようでした。

    投稿日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気ままだけれど、団結力は天下一かも

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    馬場のぼるさんの作品はどれも大好きなのですが、特にお気に入りなのがこの「11ぴきのねこ」シリーズです。
    とらねこたいしょうとその仲間たち、11匹のお話はどれも愉快。記念すべき1作目のこの作品から、すでに魅力が全開です。

    いつもおなかがペコペコの11匹の猫たち。じいさんねこの「山の向こうにある湖には、怪物みたいな大きな魚がいる」という言葉を聞いて、喜び勇んで捕まえに行くことにします。

    ねこの気ままさずるさも表現しつつ、見事な団結力を見せる11匹の仲の良さも、親しまれる理由でしょうか。
    最近の絵本のように色彩に溢れてはいませんが、わかりやすく伸びやかに描かれている馬場さん独特の絵とユーモラスなキャラクターは、長い年月を経ても色褪せません。

    小学校3年生の読み聞かせに使用しましたが、もっと小さなお子さんからでも楽しめる 幅の広い作品だと思います。

    投稿日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我慢の限界!?

    はらぺこの11匹のねこたちが、大きな魚を捕る為に悪戦苦闘するお話です。

    島で何日も見張りをするねこたちに、とうとうチャンスが訪れ、見事に大きな魚を捕まえることに成功した11匹のねこたち。
    みんなに見せるまで食べないと誓ったのですが・・・。
    夜が明けると、たぬきのお腹をした11匹のねこが気持ちよさそうに寝ています(笑)

    11匹のねこたちの団結力には頭が下がります(笑)

    私が好きなのは、小さな魚を11等分したページです。
    真剣に悩む姿が可愛らしく、また、みんなで均等に分けようとする友だち思いの優しさに感動です。

    “たいりょうぶし”と“ねんねこさっしゃれ”の歌が気になる所ですが・・・(笑)
    いつも笑っている11ぴきの猫が可愛らしくて大好きな一冊です☆
    表紙のイワシ雲を眺める姿も好きです。

    投稿日:2007/11/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • だよねー!!

    • おじままさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    まさか!そんなオチが!
    思わず笑ってしまいました!
    でも、その後に「だよねー!!」と思わず納得もしてしまいました。
    食欲には勝てませんね!
    この本を読んだら、一緒に食べようと置いておいた鯛焼きを、いつのまにか部屋の隅で1人食べていた娘にも、思わず「だよねー。」と妙に納得してしまいました。
    11匹のねこたちの団結力はすばらしく、娘にもねこたちを見習って、ママにも半分こしてくれるようになるといいなと思いました。

    投稿日:2019/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    可愛くて面白い11匹のねこが巨大な魚を捕まえる大冒険!
    何度も失敗して、最後にはやっと捕まえるという話の展開は子どもは夢中になりますね。最後のオチも爆笑でした!
    途中で出てくる「ねんねこさっしゃれ」という不思議な?フレーズも気に入ってました(笑)

    投稿日:2019/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬場のぼる先生の原点

    11ぴきのねこ(おおきなさかな)

    11ぴきのねこの絵本に《教訓などありません》
    作者の馬場先生が、生前残されたこの言葉に
    子供は純粋に絵本を楽しむべきだ
    という熱いメッセージを感じました

    11ぴきのねこが生誕50周年を経ても
    愛され続ける理由はそこにあります
    絵本はしつけの為の道具では無く
    子供が楽しむ為にあるべきなのだと
    私も息子も11ぴきのねこが大好きで
    こちらのおおきなさかなは何度も読みました
    子供が寝る前に「読んで」と持ってくるのは
    毎回11ぴきのねこシリーズでしたが
    私も読み聞かせていて楽しいし
    子供は繰り返し読みたくなるんだそうです

    ついつい食べられてしまう魚が可哀想…

    なんて思ってしまいますがお母さんは
    お子様に楽しく読んであげて下さい
    たぬきのおなかになったねこたちは
    満腹になってとっても幸せそうです


    【馬場のぼる先生について】
    1967年…終戦からまだ20年しか経っていない時代に
    出版されたのがこちらの11ぴきのねこの1作目です
    作者の馬場のぼる先生は戦時中の特攻隊でしたが
    出撃前に終戦を迎えられたそうで、その後は
    戦後の日本を漫画で盛り上げようと漫画家になり
    さらに絵本作家として活躍されました
    馬場先生にしか書けない11ぴきのねこの
    柔らかな表情は見てるこっちもにこにこ笑顔になります

    投稿日:2019/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり面白いです

    このシリーズ、やっぱり面白いですね。なんともいえません。子どもが小さいときによく楽しんで読んでました。
    11ぴきのネコたちが、いつも一緒に行動します。みんな同じようなネコであまり個性はありません。それが、新鮮だったような。

    投稿日:2019/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 第1作目

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    馬場のぼるさんの11ぴきのねこシリーズ。他のものはいくつか持っているのに、肝心の第1作であるこちらを読むのは初めてです。やっと買えました!ねこたちが大きな魚を捕まえにいくお話です。シリーズは大好きですが、なんだかんだでこちらが1番お気に入りとなりました。
    ページをひらくごとに、背景などの色使いがどんどん変わってすごくひきこまれました。
    おすすめです。

    投稿日:2019/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 北のお空のお星様、教えておくれ湖を。

    合唱団に入っていた頃、この絵本を元にした11ぴきのねこのオペレッタをやりました。
    20年近く前のことですが、まだ歌を覚えているし時々歌ってしまいます。

    そうそう、腹ペコなんだよなー。
    メダカがつれたんだったなー。
    おじいさんねこ、いたなー。
    子守唄で魚を眠らせるんだったなー。

    原作は初めて読んだのですが、オペレッタは脚色が割と入っていたんだなぁ、と気づきました。
    最後、獲った大きな魚をねこたちは腹ペコの限界で待ちきれずに食べてしまいますが、
    オペレッタでは不憫なのらねこたちを集め「のらねこ共和国」を作ってハッピーエンドでした。

    にしても、この独特の文調がいいんですよね。
    11ぴきのねこシリーズはもっといっぱいあるのかと思ったら、意外と少なくて・・・。

    11ぴきシリーズは馬場のぼるさんの代表作だと思いますが、
    他の著作も読んでみたくなりました。

    投稿日:2018/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネットで絵本について調べた時、有名な作品ということで、とても気になり、図書館でかりてみました。
    全シリーズ、図書館の予約ランキング100に入っており、まだ全部よんではいません。
    この絵本は、対象年齢が0歳からではありませんが、子供が表紙を見て笑ったり、長い話ですが、比較的落ち着いて聞いていたりします。
    11ぴきのねこが、とても人間らしくてとてもユーモラスな作品です。
    作品中に、「ねんねこさっしゃれ」と「たいりょうぶし」という歌がでてきますが、歌ったとの記述で、歌詞はありません。
    調べたところ、中国地方の子守歌でとても素敵な歌でした。
    この本は、寝る前の読み聞かせにもよいと思います。

    絵本貯金がたまったら、是非購入したい作品です。
    その頃までには子守唄をマスターして、絵本の読み聞かせ中に歌ってみたいと思いました。

    投稿日:2018/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

179件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / パパといっしょ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(179人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット