すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ぼくんちのゴリ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくんちのゴリ 作・絵:笠野 裕一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834026184
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,308
みんなの声 総数 6
「ぼくんちのゴリ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬好きにはたまらない一冊

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    7歳、5歳の息子たちとワクワクしながら読みました。
    だって我が家にも中型犬がいますから。中型犬×男児が主人公の絵本とあっては、ワクワクせずにはいられなかったのです。

    ゴリの気持ちが分かる耳、しっぽ。ハエとりや、ボールひろい、息を吹きかけられると顔をこすって、遊んで遊んでって“ぺこ”っとおじぎ(^^)そのすべての仕草が犬らしくて、「うんうん、するよね〜」って盛り上がる。犬好きにはたまらない絵本です。
    しかもゴリ、ちょっと強面。でもお留守番の時は甘え鳴き。そこもまた犬らしいですよね。

    犬を飼っていらっしゃるご家庭には特におすすめです。読んだあと、自分の家の犬の仕草をより一層観察したくなりますよ!

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛犬

    ぼくんちのゴリととても可愛がってゴリの自慢話にもとれて微笑ましか

    ったです。下の娘の嫁ぎ先も愛犬7匹もいて自分たちの家よりか、犬小

    屋の方が広い(?)には、驚きます。老犬になった犬には、夜の身回り

    も1時間毎になって大変だけれど、ゴリのようにどの犬も愛されていて

    毎日の掃除も朝、晩の2回で家族からとても愛されていると思いました

    ゴリもとても嬉しそうでやっぱり家族の一員なんだと伝わってきました

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬を飼っている家庭にぜひ

    ぼくんちの犬、ゴリ。
    ゴリの事はなんでも知っている「ぼく」が
    ゴリの体、気持ち、好きなもの、嫌いなもの…
    たくさん紹介してくれます。

    耳を動かしたりしっぽを下げたり、
    うなったり寂しがったり・・・いろんな場面での
    表情豊かなゴリの姿が可愛いらしくみえます
    (実際は渋い顔してますが)。
    愛情たっぷりにゴリを紹介しているぼくの表情も
    なんだかそっくりで微笑ましい。

    我が家でも柴犬を飼っているので、
    その姿と重ね合わせて「そうそう、こんなしぐさする!」
    と納得してしまいました。
    息子はゴリが不思議に思ったりびっくりして
    しっぽを足の間に巻き込む場面が好き。
    絵を見ながら「これびっくりしたときだね!」とニコニコ。
    我が家の犬の気持ちもこれを読んで分かってくれるかしら?
    なんて思いつつ繰り返し読んでいます。

    犬を飼っている家庭でももちろん、
    そうでなくても楽しめると思います。

    掲載日:2012/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット