LOVE すべては あなたの なかに LOVE すべては あなたの なかに
文: マット・デ・ラ・ペーニャ 絵: ローレン・ロング 訳: 小川 仁央  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
詩のような文章と美しいイラストで「愛」を謳う絵本

おにはうち!」 みんなの声

おにはうち! 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784494005949
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,146
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • みんななかよく 良い子だ

    園長先生たちと子供たちのシリーズは
    いつ見てもほのぼのと心が温かくなります。
    今回は、命の恩人のにおくんのこと
    園長先生は、わかっていたのかな
    わかっていたんですよね。
    におくんと仲良くできてよかった
    いじわるする気持ちがないところには、悪いおにもいないと思います。

    投稿日:2018/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園長先生、すてき!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘が、「このシリーズ面白いんだよ〜!」と言って
    紹介してくれた一冊。
    娘は保育園で読んだようですが私にとっては初めてのシリーズ。
    保育園か幼稚園が舞台のようで、
    そして無口っぽくて表情もぼそぼそっとしてるけど優しい園長先生が
    とっても素敵なんです!

    節分の豆まきで、どうして豆をまくのか。
    どうして鬼はそとなのか。
    そんなこともさらりと学習できて、
    短い絵本だけどとっても実り多いです。

    そして、ここぞというときの園長先生の配慮。
    なんだかあったかいなぁー。

    娘が大好きになるのも納得の一冊でした。
    シリーズ全部制覇するぞー!

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい鬼だっている!

    節分シーズンにぴったりな絵本です。
    園長先生の優しさも感じられ,節分の豆まきが始まった際のにおくんの切なさも感じられ,とてもよい絵本でした。
    現実にも「おにはうち!」という掛け声の地域もあるみたいですよ。
    鬼=怖い悪いという感じがありますが,いい鬼のお話も私はとても好きです!
    「おにたのぼうし」「ないたあかおに」なんかもとても素敵でキュンとしますものね。
    人間界にも鬼の世界にも,いい人も悪い人もいるという教訓にもなるかもですね。

    投稿日:2016/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい園長先生

    5歳4歳の娘たちに読みました。節分が近いので図書館で選んできました。

    「いいオニはうち」と言って、園長先生が豆をまく場面があるのですが、娘たちはそこがとても気に入ったようです。読んだ翌日から「いいオニはうちって言わんなんね」と言っています。園長先生の「外見で人を判断しない」ところがとても素敵で、心に残ります。

    投稿日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見かけで判断しちゃいけない。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    保育園の子どもたちに、「にお」君という友だちができました。
    「にお」君と野球をして遊んだ後、豆まきの時間。
    でも、「にお」君は・・・

    節分に、どうして豆まきをするのか?
    その由来を、こどもたちにもわかりやすく説明してくれています。
    その上で、園長先生の言った言葉が素敵です。

    「ほんとは、おにも、わたしたちとなかよくしたいのかもしれません。」

    確かに鬼だからって、みんな悪い奴と決めつけるのは良くないよね。
    いい鬼だっているかもしれないよ。
    いい鬼は・・・「いい、おにはーうち!」だね。

    園長先生が「にお」君の正体をしった時の顔。
    忘れられません。
    そして、それをわかったうえでの園長先生の「おにわうち!」の言葉。
    ほろりとさせてくれます。

    こどもたちは、素直に受け入れているようだけど、
    かえって大人たちにも読んでもらいたい内容かも。

    親子で楽しんで。

    投稿日:2013/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園長先生らしい!

    鬼の子『におくん』

    帽子を被り、つのを隠し、皆と野球をしていると、バットが飛び園長先生の方へ!
    それを助けるにおくん。
    抱きしめてお礼を言い、におくんの正体に気が付く園長先生。

    豆まきが始まり「いい、おにはーうちー!」と、皆には、におくんの正体を言わずに豆をまく園長先生。
    「ほんとうは おにも、わたしたちと なかよくしたいのかもしれません。」
    という言葉。

    鬼に限らず、人は見かけや噂だけで判断してはいけない!
    そんなメッセージを伝えている気がします。

    子供に、そんな気持ちを学んで欲しいと思える、良い話しです。

    投稿日:2013/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分の話

    「ピーマン村の絵本」シリーズの中の1冊です。

    今回は、「節分の豆まき」がテーマです。
    いつもは、ちょっととぼけた園長先生ですが、今回は園長先生らしい対応に、ほろっとします。
    「おに」はみんな「悪いおに」ばかりじゃないもかもね・・・
    節分に合わせて読みたいです!

    投稿日:2012/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごーい!におくん

    野球の大好きな赤鬼のにおくんです。園のお子供達と一緒に混ぜてもらって野球帽で鬼を隠してやってます。素早いし、野球は上手いし、危機一髪の所を園長先生の命を救ったし人間とちっとも変わらないのだと思いました。節分の日に、におくんは皆から離れて遠くから眺めているのがやっぱり可哀そうになります。節分の日に豆を蒔く理由などがわかりやすく説明されているのがよかったと思いました。よい鬼のいるから、「鬼はーそとー!  いい、鬼はーうちー!」と、保父として保育園に5年間勤めた中川ひろたかさんだからの思いやり、優しさが感じられました。園長先生に、その姿がだぶりました。におくんは、やっぱりお友達と仲良くしたいし、一緒に遊びたいのだと思いました。孫も今日は加南保育園の子達と交流保育です。とても喜んでいます。同年代の子供たちと遊べるのが嬉しいのだと思いました。

    投稿日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい鬼もいるかもしれない!

    3歳5ヶ月の息子に読んでやりました。節分に読んでやりました。豆まきの掛け声とは若干異なるところがありますが、鬼=悪いやつと決め付けないで欲しいというメッセージが伝わる絵本でした。

    保育園ににおくんが遊びに来て、野球をやるとヒーロー的な活躍をたくさんしてくれる。でも、いざ豆まきをしようとするといなくなってしまいます。園長先生は、豆まきの掛け声には、鬼=悪いものの総称として扱われるがなかにはいい鬼もいるかもしれないね、と説明します。昔はたしかに、悪いことの総称として鬼をあてていたかもしれませんが、そうではない側面があるかもしれないと気づかせてくれます。

    豆まきの掛け声を教えたいという親としては、子どもが混乱してしまうかもと心配しますが、それは別としてお話として読んであげて欲しいですね。

    投稿日:2011/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい鬼もいる!の節分絵本

    幼児向けの節分絵本として、オススメします☆

    悪い鬼ではなく、「におくん」という、みんなと友達になりたい子どもの鬼が登場します。
    「におくん」が鬼だということに気づいた園長先生。
    園で豆まきが始まると、子ども達から身を隠してしまった「におくん」のことを思って、「いい、おにはーうちー!」とやってのけるのです。(*^_^*)

    鬼=悪者→やっつけてやる!
    というような思考を節分を期に持って、イベントを楽しんでしまうのは、3歳児にはまだなんとなく違和感を持っていました。
    けれど、この本なら「いい鬼もいるかも」「本当は鬼も仲良くしたいのかも」って思わせてくれます。

    「どうして鬼に豆をぶつけるのか」という風習のことも、園の先生の言葉で分かりやすく書かれていますよ。

    園児にオススメします。
    (ゆっくり読んで、ちょうど3分でした。)

    投稿日:2011/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット