季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ぼくおばあちゃんのこになってあげる自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくおばあちゃんのこになってあげる 作:西本 鶏介
絵:渡辺さもじろう
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:1995年
ISBN:9784790260615
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,100
みんなの声 総数 10
「ぼくおばあちゃんのこになってあげる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 老いるおばあちゃん

    認知症になっているおばあちゃん。たまにぼくのことを「よしお」とお父さんと間違えてしゃべります。そんなおばあちゃんをぼくをはじめとする家族は「むかしのくににいってしまう」と表現しています。なるほど〜と思いました。
    老いていくおばあちゃんをぼくの目線から描いた作品で、とてもよく表現されているなと感じました。最初は主人公のぼくが間違うおばあちゃんに少し腹を立てている様子でしたが、おばあちゃんがいなくなって必死で探すぼくが「ぼくおばあちゃんの子になってあげる」と表現するところ、峠で見つかったおばあちゃんはやっぱり孫ではなく息子と思って主人公のぼくと接するけど、自分のコートを当たり前のようにそっとぼくにかけるところに胸をうたれます。
    老いていくおじいちゃん、おばあちゃんを学ぶ素晴らしい作品だと思います。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばあちゃんはおばあちゃん

    認知症のおばあちゃんの物語です。
    ひろくんのおばあちゃんは、少し認知症が始まっていて、ひろくんのことをよしお、と、お父さんの名前で読んだりします。
    そのことを、おばあちゃんは時々、むかしのくにへ行ってしまうから、と家族が表現していたことに、優しさを感じました。
    おばあちゃんがお父さんの名前と間違えることにムッとしていたひろくんでしたが、
    おばあちゃんが行方不明になって見つかった時には、むかしのくにへ行ってもへいき、ぼく、おばあちゃんのこになってあげると言っていて、
    それはきっと、おばあちゃんがむかしのくにの人になってしまっても、おばあちゃんはおばあちゃん、元気でいてくれたらそれでいいよ、てことなのかもしれませんね。
    認知症への理解の仕方がとにかく温かくて、万が一親に同じようなことがあった時、こんな風に見守れたらいいなと心から思いました。

    投稿日:2021/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしのくに

    ひろくんは、おばあちゃんから時々おとうさんの名前のよしおと呼ばれますが、おばあちゃんが居なくなって家から飛び出して行った時に、「むかしのくにへいったままでいいからもどってきて。ぼくのことよしおとよんでもおこらないから」と。ひろくんが心の中で叫んでいたのが、凄く泣けました。孫って本当に愛しいと思いました。おばあちゃんもひろくんを「よしお」と呼んでいる時の嬉しい優しい顔をして子育てをしてたお母さんだったころが一番よかったんだと思いました。一番幸せだった頃にかえれてよかったと思いました。「むかしのくに」っていう表現があたたかくてとても気に入りました。ひろくんも優しい思いやりのある子に育ってなによりおばあちゃんを大切にしている気持ちにうたれました。

    投稿日:2017/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身につまされる…

    自分の母親と近居の関係になって
    もうすぐ5年。
    娘たちはおばあちゃんにすごくなついています。
    まだこの絵本のおばあちゃんのようには
    なっていませんが、
    近い将来ならないとも限らない…。
    そう思いながら読むと
    なんとも他人事とは思えない…。
    痴呆になってしまった
    おばあちゃんと孫の関係をうまく描いた絵本です。

    投稿日:2015/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさに、胸が熱くなりました。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    いつも、園に行くひろくんを、バス停まで送り迎えしてくれるのはおばあちゃんです。そのおばあちゃんが、ある日いなくなりました。
    いつかは、こんな日がやってくるのでしょうか。核家族で生活していると、なかなか理解できないおばあちゃんたちのことですが、ひろくんはきちんとわかってあげて受け入れることができているようで素晴らしいと思いました。
    本当の優しさは、こんな環境で培われていくのかなあと改めて思うことでした。

    投稿日:2008/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなおばあちゃん

    • たくゆうとさん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    私の実家には97歳になるおばあちゃんがいます。時々意味不明なことを言ったり同じことを何度も繰り返し言ったりしています。2人の息子はいつでもおばあちゃんに優しく接していますがこの本を読んでからもっと優しくなったような気がします。老いていく事を素敵に教えてくれてるようなきがします。2年生の読み聞かせで涙を流す子もいましたよ。

    投稿日:2006/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 是非、読み聞かせを・・・

    人は老いれば、いつかは「昔の国」の人になってしまうかも知れない。子供に教えるのに、この言葉は、とても適切であるかのように思えました。
    大好きなおばあちゃん、でも時々、孫の名前をお父さんの名前で呼んでしまったり、突然いなくなったり、おかしな言動をしてしまうこといっぱい。
    このお話は、5才の息子に、その現実を教えてくれて、素直に受け入れてくれるように書かれていると思いました。
    息子は、おじいちゃんとおばあちゃんとは、遠く離れているので、こういうことは分かりません。
    でも、こういうお話は、とっても大切だと思います。
    自然に優しさが、出てくるような素敵なお話でした。

    投稿日:2004/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット