もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

どろぼうがっこう」 みんなの声

どろぼうがっこう 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784032060409
評価スコア 4.76
評価ランキング 616
みんなの声 総数 149
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

149件見つかりました

  • 泥棒学校の遠足

    とても楽しい愉快な絵本です。泥棒学校の生徒たちもまが抜けておっち

    ょこちょいで可愛い生徒ばかりですが、校長先生の「くまさか とらえ

    もん」 名前も怖そうですが、顔も怖いですが、生徒たちと一緒です。

    なんにも盗ってないのに、盗みに入った所が一番大きな刑務所とは、折

    角の遠足で牢屋入りになってしまってちょっと同情してしまいます。

    でも生徒たちも充分に怖い泥棒みたいなかっこうをしているので似合っ

    ているのも笑えました。遠足なら校長先生、下見ってしないのですか?

    って、聞きたくなりました。楽しい愉快な絵本です。

    投稿日:2011/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残念などろぼうさん

    • たまなこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 7歳、4歳

    私が小さい時にもあったこの絵本。とても懐かしく思いながら読み聞かせしました。
    ちょっと間抜けなどろうぼうがっこうの生徒達。どろぼうなのに憎めず、思わず「頑張れ!」って思ってしまうような絵本。

    最後の最後のオチで「どろぼうの先生ならどうして前もって調べてないの?!」って子供でも思わず言ってしまうような内容に、親子で笑ってしまいました。
    そんな先生だから生徒も間抜けでおっちょこちょいなのね…。

    投稿日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒の学校!?

    まずタイトルにビックリ!
    正しいことを教える場所であるはずの学校と、泥棒を結びつけてしまう発想は驚きです。

    「泥棒ってわるいことなんだよねー。学校ってへんなの」と言いながら、見ていたうちの子供。

    どこか憎めない泥棒の行動が、おもしろかったです。

    最後のオチがなんとも言えず、楽しい絵本になっています。
    こちらには、あえて書きませんので、ぜひ読んでみてください。

    投稿日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬきあしさしあし…

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    4歳の息子も「どろぼうは悪い人」とわかっています
    それなのによい泥棒になるための学校があるなんて
    面白いと本屋さんで持ってきて購入しました

    読んでみると息子は大笑い。
    「ぬきあしさしあし・・・」というくだりが大好きで
    何度も何度も繰り返しています

    牢屋に盗みに入ろうとするおっちょこちょいも
    おかしく、若干愛らしさも感じてしまいます

    投稿日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしくて楽しい

    • アオイナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    私が子供のころ、保育園の先生に一回読んでもらい、今まで心の隅っこで忘れられずにいた本です。

    当時の私は、本の中のどろぼうたちがこわくてこわくて・・・。

    最後に、まんまと牢屋に入ってしまうところで、すごくほっとしたのを覚えています。

    今、読んでみると、何ともおちゃめでドジでかわいいどろぼうたちなのに。

    どろぼうたちの言葉使いや絵が、いかにも悪そうに書かれているのもこの本の魅力だと思います。

    娘も喜んでいました。

    投稿日:2011/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • まぬけな泥棒のお話

     大好きな加古さんの「どろぼうがっこう」というタイトルを見て,「面白そうなので,読んでみたいな」と私が言っていたら,息子が小学校の図書館から借りてきてくれました。

     どろぼう学校の校長先生と生徒たち。学校の宿題は,なんと泥棒をしてくる事。先生と生徒の活躍?が始まります。

     読んでみて,いつもの加古さんと違う大胆な絵に驚きました。そして,登場するのは,いかにも悪そうな生徒たち。でも,その生徒のやる泥棒のスケールの小ささのギャップが笑いを誘います。
     最後のどんでん返しまで,息子と2人で楽しむ事ができました。

     やはり,この本は,お父さんが子供さんに読んで聞かせる(泥棒の声マネをして)のが一番だと思います。
     本当に楽しい本でした。

    投稿日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が「ごめんなせー」を使います

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    皆さんのレビューがおっかしくて借りてみたら・・・
    絵本も面白いんですが、
    読んだ後の子供がおもしろかったんです。
    直後ではなく次の日、1週間後とかに
    歌舞伎風くまさかせんせーや小汚いどろぼう生徒たちの
    台詞が日常で聞けるようになったのです。

    パパを起こしに行くとき
    「ぬきあし さしあし しのびあし」
    私のてつだってーの返事が
    「はーい へーい ほーい」だったり「ごめんなせー」だったり。

    4歳の子が滅多に使う言葉じゃないから面白い。
    そしてわが子ながらかわいいって思いました。

    投稿日:2011/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪人顔なのに憎めません

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    絵本ナビでたまったポイントで息子が欲しがっていた「どろぼうがっこう」を購入しましたっ♪

    歌舞伎役者のような校長先生、悪人顔の泥棒学校の生徒たち。
    泥棒を教えるなんて 悪事の学校なのに、生徒たちはなんてお間抜け!! 

    最後に、泥棒学校の遠足で、大金持ちの家と思いこんで入ったところが、なんと刑務所!!! そのまま御用とは・・・
    やりとりが、漫才みたいで、お笑い好きな我が家の息子たちは大笑いしながら聞いていましたょ。
    子供のココロをグッとつかむ、面白い絵本です。

    かこさとしさんの、ユーモアたっぷりなストーリーと絵で、欲しがっていた長男よりも、次男が夢中になっちゃいました。

    投稿日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 褪せることのない加古里子さんの魅力

    のびのび系の幼稚園に通っている息子が、降園後、「今日の宿題は..」なんて
    言い出すので、「なんで?」と思い、翌日、先生に問い合わせてみたら、
    この『どろぼうがっこう』を読みきかせしたところ子供達から宿題をだしてくれと言われ
    まして...と。
    それでどんな本なんだろうと興味津々に読んでみました。

    さすが、かこさとしさんですよね。
    もう、かこワールド全開で、肝心な絵なんて時代劇にしか出てこないような
    校長先生の姿だったり、(この言葉は個人的には嫌いなのですが)
    「昭和の香り」がプンプンなのに、何故か平成生まれの子供達にも自然
    と受け入れられ、あのべらんめえ口調の語り口も一層、絵を引き立てていて、
    話のオチが実に楽しく、本当にケチのつけようのない満点な絵本でした。

    まるで、江戸小噺みたいです。
    おもしろさを倍増させながら一気に読める絵本です。
    まだ読んだことのない方は、是非、読んでみてください。

    投稿日:2010/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろさがわかるようになった!

    3歳の時の娘の反応は今ひとつだったのですが(その時のレビューを
    下記に残しておきます)、5歳になって購入して読んでみたれば・・
    とっても楽しそうだったので、今現在のレビューを再び♪

    やっぱり読むのに適した時期っていうのがあるのですねえ。
    何度も何度も読んでいます。なにか返事をしなければならない
    状況の時も、ひとりで「はーい。へーい。ほーい。わかり
    やしたー。ごめんなせー」とひとりで何役もやって(笑)
    喜んでいますし。「どろぼうがっこうごっこをやろう」とも
    言ってきますし。
    年中さんの時、ひとつ年上の年長さん達が発表会の劇で
    「どろぼうがっこう」をやった・・というのも大きいのかも
    しれません。

    また、この絵本を買ったよーとfacebookに書いたら、
    友達の多くが「懐かしい」だの「はーいへーいほーい」だの
    コメントしてくれて(笑)、あらためてロングセラーになる
    だけの絵本なのだなあと思った次第です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    どろぼうだからなんだか怖そうだなあとは思ったらしく
    (ねないこだれだにどろぼうがでてくるので、怖いもの
    の仲間だという認識はあると思うのです)娘は神妙に聞
    いておりました。
    でもきっとよくわかんなかっただろうなあ(笑)。
    どろぼうがっこうのせんせいのいかにもな見た目のおも
    しろさも、どろぼうたちがどこに入ってしまったかも、
    きっとうまく理解できなかったと思うのです。
    私はどろぼうに入るおうちを物色している時点でわかり
    ましたけどね(って小さな娘に自慢してどうする。笑)。

    でも、「からすのパンやさんとおんなじだー」っていう
    のは気がついたらしいので、それでよしとしたいです♪

    投稿日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

149件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット