ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

くまの子ウーフ」 みんなの声

くまの子ウーフ 作:神沢 利子
絵:井上 洋介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069479
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,465
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

  • キレイな心のウーフ

    • りょうあおさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    ウーフの不思議な突拍子もない考えに驚かせられながら、けれども最後には優しいお母さんのもとに戻り色々と教えてもらうウーフがとっても可愛らしいです。すごく純粋な心を持っているウーフだからこそ持てる疑問や行動、息子にもいつまでもキレイな心で居て欲しいと願っています。
    息子も自分で読める本ですが、読んであげたほうが想像が出来て楽しいようでした。

    投稿日:2010/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥がふかい

    ぼーっとしてそうな顔のウーフがいろいろ考えて「どうして?」といろんなことに疑問を思う本。子供向けの絵本ですが、「こういう風に何でも疑問に思うことって大切だな」と大人の私が考えさせられました。「どうして?」という、疑問や興味の心から世界ってうんと大きく広がっていくのですよね。答えるのに面倒臭いなーと思わず、子供がどうして?と思う気持ち大切に、丁寧に答えてあげられる優しいお母さんになりたいな、と思いました。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供より親がしんみり読みふけりたい

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     子供の頃読んだ本だったので、自分の子供にも読んであげました。
     
     でも、自分が子供の頃思っていたウーフと全然印象が違いました。子供の頃は、ただクマの子が面白かったのですが、親になって読むと、なんてウーフが子供らしくって、子供の心を持っているのかを気づかされます。また、ウーフのお父さんお母さんが、子供を大切に育てている目線に気づかされます。

     なぜか私の方が読みながら感心、読み終わってしんみり、という気持ちを持った本でした。

     絵本の部類にしては長い本ですが、5歳の娘は1巻全部一気に読んでしまいました。やっぱり名作だと思います。

    投稿日:2009/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • なぜかお腹がすくのです

    • いーめいさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    2年国語で紹介されていますので・・・
    でも2年生が読むなら1話ずつのほうがいいですね。

    昔、教科書で読みました。読み返してみたら・・・お腹がすくのです。
    当時もハチミツ・・・目玉焼き・・・パン・・・食べたくなったのを
    思い出しました。そして今でも。神沢さんの筆の力かワタシの
    食欲のなせる技か(笑)。
    今の子どもたちはどうだったのか。・・・聞けませんでしたが(再笑)。

    子どもたちは臓器などよく知っていましたが、頭だけでなく
    実体験で感じてほしいと思います。けがをしたら血が出るなど。

    お腹に卵がいっぱいのめんどりさん。
    はちみつやパンでできているウーフ。
    子どもって楽しい!と思う1冊です。

    投稿日:2009/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウーフはなにでできてるの?

    私が小さいころお気に入りだった本です。
    現在、5歳3歳の子供たちに毎晩寝る前に1話を読み聞かせています。
    3歳の子もストーリーに引き込まれてしっかり聞いています。

    子供達には「ウーフはおしっこでできているのか」というタイトルが衝撃的だったようで、ウーフというとすぐこのフレーズが出てきます。
    本当はもっと哲学的な意味なんですが。。。

    ふわふわのくまの子の物語を親子で楽しく読んでいます。

    投稿日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長女が初めて自分で読んだ長編

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    長女がこの本を買ってほしいと言った時「全部読めないだろうな。」
    と内心思いながら買いました。
    読み聞かせの本は大好きだけど、自分で読書の習慣がなく、読書よりも外遊びのタイプなので期待はしていませんでした。
    でも、この本は1年生の時に全部読みました。
    毎晩1話づつがんばって・・・と言っても、苦痛そうではなく実に楽しそうに読んでいました。

    私も読んでみると、子供の気持ちにそった楽しいお話がたくさんです。
    ただの物語ではなく、ウーフが疑問に思ったことを考え、解決していくお話です。でもほのぼのなところがとても優しい気持ちになれます。
    時々ある挿絵もかわいいです。

    そしてこの本の良さはそれだけにとどまらず、教科書にも掲載されていたり、国語の文章問題にもよく採用されていたりしています。

    また、この本にあるお話の1話が絵本バージョンになっているものもあるので、幼稚園児への読み聞かせには絵本もいいと思います。

    投稿日:2009/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議がいっぱい

    ウーフちゃんはとってもかわいくて、
    色々なことに興味があるんですね。
    娘は聞きながら、「そんなわけないよう」とケタケタ笑い、
    ウーフちゃんを弟のように愛おしく思っているようでした。
    「ぼくはおしっこでできてるか?・・・・」、
    それってどういうことだろうと読み進めていくと、
    なるほどそういう事か!と心がほんわかしました。
    娘が日ごろ感じているであろう「??」を大事にしていきたいな
    と思える本です。大人でも楽しめます。

    投稿日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで?どうして?という年頃に

    絵本の対象が小学生向けとありましたが、
    ぱらぱらめくってみると、
    挿絵が多いし、文字が大きいので、
    小学生以下でも読み聞かせできるかもと思いました。

    そして何よりも、ウーフの「なんで?」「どうして?}が
    うちの子どもの質問とよく重なっています。
    「これ、何で出来ているの?」
    「どうやってつくるの?」
    素朴な疑問ばかりですが、
    改めて考えさせられて返事に困る質問もあります。
    でも、そんな素朴な疑問や意見を持っていてほしいなあとも願います。

    ウーフが水くみに行くお話しで
    ねずみやりすにイヤミを言われて帰りますが
    おとうさんに報告するときに
    「ぼくなら、ぜったいにそんなこと言わないよ」
    とウーフが言ってました。
    ウーフはとてもいい子だなあと思うと同時に、奥が深い本だと感じました。

    「ウーフって何歳かな?」
    「ウーフって、学校通ってるのかなあ?保育園かな、幼稚園かな?」
    絵本を読んだ後で聞かれるのですが、
    こればっかりは、私にもわかりません。

    投稿日:2008/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうして?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    以前は小学校1年生の教科書に載っていたのですが、
    週休2日制になったあたりからカット。
    「あらしのよるに」と同様に、先生が非常に残念がってらっしゃいました。
    でも、登場人物といい、題材といい、やはりこの時期の読んでおきたいおはなしですね。
    くまのこウーフが、ニワトリから卵をもらっていろいろ考えます。
    自分って何からできているんだろう?
    その素朴さがいいですね。
    そして何より、いろんなことに、澄んだ疑問を持つこと、
    これは大切ですよね。
    そして、そんなウーフには、そっと寄り添ってくれる家族がいるんです。
    ウーフの結論とともに、心ほっこりですね。

    投稿日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい話の数々。

    息子に読み聞かせていたところ、どうやらウーフと同じ目線で楽しんでいた様です。
    ウーフは何でできているか、のお話が特にお気に入り。「おしっこだけでできてるんじゃないよね〜」と言いながら話を聞いていました。
    それぞれの話がとっても優しいウーフの可愛い話です。
    ウーフの様な優しい子に育って欲しいなぁ…と思わされました。

    投稿日:2008/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きょだいな きょだいな / 星どろぼう / 岸辺のヤービ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット