オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
しいら☆さん 50代・その他の方

ワタナベさんもオオイシさんも素敵♪
気になる・・・ 下の方に、必ず出てく…

くまの子ウーフなかなかよいと思う みんなの声

くまの子ウーフ 作:神沢 利子
絵:井上 洋介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069479
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,436
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あの頃のわたしへ

    • 地球っこさん
    • 40代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子17歳、女の子15歳

    小学校低学年のとき国語の授業に登場した『くまの子ウーフ』
    今日もう一度ウーフに再会するまでのとてつも長いあいだ、わたしにとっては正直苦手なくまの子だったんだ。
    ウーフが苦手って珍しいかな。
    なんにでも疑問をもって、そのくせ知ったかぶりしたり。
    すぐキツネ君(そうだツネタだツネタ)にだまされて。
    じぶんはおしっこでできてるのかなって不安になったり。
    このくまの子くんがあまりにも無邪気に素直にじぶんの気持ちや疑問を
    相手に尋ねたりじぶんで考えぬいたりするのが、とっても苦手だった。

    わかってるんだ。
    人見知りで自分の気持ちをうまく表せない。おまけに表情も乏しくてすぐに泣いてしまう。そんな幼い頃のわたしには眩しすぎたんだ。眩しすぎて目を背けてしまうことしかできなかった。

    もう一度手に取った今日。
    読み終えたわたしにウーフは意外にもとっても愛らしい笑顔を見せてくれた。いや違うな。今のわたしには当然のように愛らしいくまの子ってわかっていたと思う。ウーフは全く変わっていないのに、今度はウーフとちゃんと目を合わせられるわたしがいる。

    ウーフのおかあさんのおおらかさとあったかさに反省と尊敬の念を抱くほどわたしは年をとった。あの頃のわたしは何とか頑張ってきたのだ。今更ながらそう思う。

    ずっとずっと待っててくれる世界。それがウーフの本の中にあること気づいた。可愛いウーフ。やんちゃなウーフ。ウーフは子どもにとって、やっぱり必要な友だちなんだと思う。
    そしてかつて子どもだったママたちにもね。

    投稿日:2015/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい児童童話。

    • みかっけさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    市立図書館のリサイクル市で次男坊が選んだ児童書。
    4歳の次男にはまだ早い気がしますが、7歳の長男と一緒に眠る前の読み聞かせに1章ずつ読んでいます。
    小さな子どもでも楽しめるテーマ。ウーフはおしっこできているのか?なんて、大人でもクスッと笑っちゃいますよね( ´∀`)
    こどもらしいくまのこウーフに、すっかり親近感が持てたのか1日1章ずつが次は?の催促であっという間に読み終えてしまいました(笑)
    シリーズで他にもお話があるようなので、また楽しい時間を過ごせればと思います。

    投稿日:2012/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥がふかい

    ぼーっとしてそうな顔のウーフがいろいろ考えて「どうして?」といろんなことに疑問を思う本。子供向けの絵本ですが、「こういう風に何でも疑問に思うことって大切だな」と大人の私が考えさせられました。「どうして?」という、疑問や興味の心から世界ってうんと大きく広がっていくのですよね。答えるのに面倒臭いなーと思わず、子供がどうして?と思う気持ち大切に、丁寧に答えてあげられる優しいお母さんになりたいな、と思いました。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜかお腹がすくのです

    • いーめいさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    2年国語で紹介されていますので・・・
    でも2年生が読むなら1話ずつのほうがいいですね。

    昔、教科書で読みました。読み返してみたら・・・お腹がすくのです。
    当時もハチミツ・・・目玉焼き・・・パン・・・食べたくなったのを
    思い出しました。そして今でも。神沢さんの筆の力かワタシの
    食欲のなせる技か(笑)。
    今の子どもたちはどうだったのか。・・・聞けませんでしたが(再笑)。

    子どもたちは臓器などよく知っていましたが、頭だけでなく
    実体験で感じてほしいと思います。けがをしたら血が出るなど。

    お腹に卵がいっぱいのめんどりさん。
    はちみつやパンでできているウーフ。
    子どもって楽しい!と思う1冊です。

    投稿日:2009/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きょだいな きょだいな / 星どろぼう / 岸辺のヤービ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット