まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おにもつはいけんなかなかよいと思う みんなの声

おにもつはいけん 文:吉田道子
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784834026238
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,465
みんなの声 総数 12
「おにもつはいけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家はこんな風に楽しみました

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ランドセルブックシリーズの一冊です。
    新一年生の娘用に借りてきました。
    シリーズの他の本は自分でもくもくと読んでいまいたが
    この本は私に読んで欲しいと持ってきました。
    絵もお話も古風な和のテイストで
    娘の好物では無かったのだと察しはつきました。

    寝る前の絵本タイムで一気に読むには長すぎて
    私の体力も限界だったので二晩で読みました。
    初日は苦手そうな表情の娘が二晩目には
    いち早くこの本を持ってお布団で待っていました。

    大人には初日で車掌の正体が誰なのかわかってしまうのですが、
    娘は荷物をひとつづつチェックする怪しげな車掌が誰で
    いったい何を探しているのか早く知りたいようでした。

    隣で聞いていた次女4歳が
    ある日、補助輪つきの自転車で遊んでいるときに
    「チリン、チリーン、おにもつはいけんしまーす」と
    いいながら庭をぐるぐる走っているので
    私は大笑いしてしまい、レビューを書こうと思ったのです。

    投稿日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子にはちょっと長かったかな?

    4歳のなりたて息子に読みました。
    電車の話かと思っていましたが、車掌さんがメインストーリーでした。

    とっても気持ちの良い電車なのですね。
    車内のいい香りをよく表現している…と思っていたら、
    やはり、そういうことなのですね。
    読んでいて、ちょっとドキドキしました。

    息子はまあまあおもしろかったようです。

    投稿日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山猫だったのかー

    のんびりとした電車の中。
    なんだか様子がおかしい車掌さんです。
    「おかしい おかしい」と思いながらも、正体がわからないまま、お話が進んでいきました。
    「きつね?」とも想像していたのですが、山猫だったんですね。

    表紙には、こいのぼりの絵もあって、さわやかな風を感じる今の時期のお話だと思います。

    投稿日:2012/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ぐりとぐらのえんそく / ぐりとぐらとくるりくら / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット