むれ むれ むれの試し読みができます!
作: ひろた あきら  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
【ピース又吉直樹 推薦!】読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本
李子(ももこ)さん 30代・その他の方

ちがっててもいいよ
最初のうちは群れの中にいるたった一つの…

じめんのしたの小さなむし自信を持っておすすめしたい みんなの声

じめんのしたの小さなむし 作・絵:たしろ ちさと
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784834026214
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,458
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そうなのか! 土の下の生活

    3歳2か月の、最近、虫などの身近な生物に興味を持ち始めた息子に
    図書館で借りました。

    たしろさん、こんな絵本も描いていらしたんですね。

    ハナムグリの幼虫の話。
    人間に捕まえられてしまってからの冒険です。
    土の下でも、いろいろな生物がいて、さまざまなドラマがあったんですね。
    そうか、地面に近い土は乾いていて暑くなるんですね。
    腐葉土はふかふかでおいしいんですね。
    ハナムグリになった気分になれます。

    巻末にハナムグリの飼い方なども詳しく描いてあったのが
    よかったです。
    恐らく、ウチの庭にもハナムグリがいます。
    今度飼ってみようかな。

    息子も興味津々で読んでいました。

    投稿日:2014/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勉強になります

    8歳長女に読みました。小学1年生のころに取っていた絵本なのですが、昆虫の絵本で何となく親子でちゃんと読まずに棚に置いてあったのですが、長女のリクエストで読み聞かせしました。

    昆虫の幼虫が地面の下でどうやって生きているかを幼虫目線で描いています。幼虫も大変なんだねと長女は同情していました。昆虫は全部土とつばを混ぜて土まゆというものを作っているものなんでしょうか。全く知らなかったので、びっくりしました。とても勉強になる絵本です。

    投稿日:2016/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしろちさとさんなんだ

    ハナムグリという虫が、卵から成虫になるまでの物語です。

    幼虫は様々な危険にさらされながら、成長していきます。
    幼虫の考えていることがセリフとして書かれているので、虫好きの娘は「可愛い、可愛い!」と目を細めていましたが、しろくて丸々と太ったその姿は、生ものだったら後ずさりしてしまいそうなほど、忠実に描かれています。

    そんなリアルな虫の話を、たしろちさとさんが描かれているということが一番の驚きでした。
    でも、ちいさな生きものへの優しさが感じられるところは、たしろさんらしいとも思いました。

    投稿日:2015/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • むし目線です

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    子供たちがいっつも捕まえてくる虫たち。
    当然幼虫も捕まえてきたことはあります。
    捕まえられてしまった幼虫目線ですすむお話が
    子供達にはいい刺激です。
    つかまってからの大冒険をへて
    立派な成虫になって空に飛んでいきます。
    大人も子供も「よかった」と思いました。

    軽い気持ちでは捕まえられない気持ちになります。

    投稿日:2014/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼虫の生活

    はじめに表紙を見たときは、カナブン?カブトムシ?と思いましたが、
    シロテンハナムグリという昆虫だったのですね。
    初めて聞く名前でしたが、卵から成長するまでのストーリーが
    とてもドラマチックで吸い込まれるようなお話でした。
    昆虫好きの娘も興味を持って読み始め、
    「すっごいおもしろい!」と言いながらとても気に入ったようでした。

    投稿日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなのか〜

    この絵本は一匹の小さな幼虫が、成虫になるまでを描いていました。最初は私も子供もカブトムシの幼虫だと思って見ていたのですが・・・ハナムグリっていう昆虫の幼虫でした。よく畑とかにもいるので、今度飼ってみたいな〜って子供は言っていました。

    投稿日:2012/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな卵は土の中で育ちます。  土を食べて大きくなるのを知りました。(土の栄養ですね)

    ところが 生まれるまでには いろいろな天敵が襲ってくるのです
    人間の子供が 虫の幼虫を見付けました  植木鉢の中で育てようとしたのでしょうが、 虫はおいしい土を食べて大きくなるのですが 植木鉢の土は 石がごろごろ おいしくないのです
    むしは 穴を掘って ドンドン進みます。土の中には ミミズや アリや他の生き物もたくさん生きています
    この虫は 逞しく ドンドン進んでいくのです
    途中で モグラに出会ったり 天敵がいっぱいです
    アリも 生きるために食べ物を求めています そして この幼虫は 春が来るまで土まゆを作って じっと じっと 
    そして 小さな虫は 飛び立ったのです   シロテンハナムグリ
    ハナムグリという虫は知っていましたが  こんなにも 土の中で生きているのに感動しました
    ほ〜ら あの 男の子の胸のとまって あいさつしているの  ホット笑顔になれました
    たしろちさとさん 小さな虫に愛情込めて絵本を作られたのですね
    感動しました!
    虫好きの子に是非読んでほしい絵本です 

    投稿日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかった虫の気持ち…

    今更ながら自分の無知さにビックリします。。
    虫って土を食べるんですね。 この本で知りました。

    この本は事細かくシロテンハナムグリの幼虫の様子を書いてあります。

    小さい子にも分かりやすく。

    土の中にも天敵がいるんですね。今まで考えたことなかったです。

    もしかしたら、子供の頃に覚えていても大人になるにつれ忘れていくのかな。そうだとしたら、ちょっとさみしいですが…。

    知らないことの連続で子供に帰って勉強している気分でした。

    シロテンハナムグリはそういった事を乗り越えて、生き延びて、大空へ飛び立っていきます。

    こんな小さな虫にも人生が語られるんだと感動しました。

    子供たちには是非、見てほしいな。

    最後のかわいらしいオチもおススメです。

    投稿日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット