虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

フランシスとたんじょうび」 じいじ・ばあばの声

フランシスとたんじょうび 作:ラッセル・ホーバン
絵:リリアン・ホーバン
訳:松岡 享子
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784769021070
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,066
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 姉妹

    3歳半も離れているフランシスは、妹に素直に自分の気持ちを表現して

    読んでいる親に参考になっていいなあって思える絵本でした。妹に嫉妬

    したりするのは幾つになってもあると思いました。フランシスの心の葛

    藤が上手く表現できていて、読んでいる大人もきっと子育てに役立つ絵

    本だと思いました。

    投稿日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べちゃうんだよね

    5歳孫娘が笑っていちばん反応するのは、妹グローリアのたんじょう祝いに買ったはずのお菓子を、いつのまにフランシス自身が口にしてしまうところ。
    実生活でも10ヶ月の弟を持った孫娘。
    下の子に優しくしてやりたい気持ちもあるけど、自分自身を満足させたい気持ちが勝ってしまうその気持ち、「良く分かる!」のかもしれません。

    このフランシスシリーズ、絵は挿絵の、葛藤しながら成長するこどものこころを投影する、童話に近い絵本と言ってもいいのではないかと思います。
    特にフランシスのひとりごとのような「うた」は、口にはできない、(言ってしまうと「そんなこと言うものでないでしょ!」と怒られてしまうに違いない)、こどもの本音のこころを言い当てていいですね。
    そういったことを、まるごと暖かく見守る絵本の中のお父さん、お母さん。(多分、作者自身が投影されている)。いいですね。

    投稿日:2008/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おでかけのまえに / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット