おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

てんきよほうかぞえうたなかなかよいと思う みんなの声

てんきよほうかぞえうた 作:岸田 衿子
絵:柚木 沙弥郎
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784834019711
評価スコア 4.18
評価ランキング 19,686
みんなの声 総数 16
「てんきよほうかぞえうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかしくて不思議

    晴れ、くもり、雨、雪、雷などの天気予報と、一、十、百、千の語呂合わせが組合わさった、なんともおかしく不思議な絵本です。
    「あすは はれ のち はれ。 りくも ひとでで こむでしょう」のように、軽快でテンポは良いけど、なんだか意味が分かるような分からないような・・・でもこどもたちはうれしそうに口ずさみます。
    それに加えて、ユーモアたっぷりの挿し絵が、一層この絵本を楽しくしています。

    投稿日:2015/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像すると楽しい

    リズム感が楽しめるし、天気に興味も持てる、おもしろい絵本だと思いました。
    年長でこの絵本を読むと、響きが面白かったようで、呪文のように友達と言い合う姿が見られました。
    ちょっと駄洒落の要素もあるような気がします。
    リズム、天気、呪文、駄洒落…子どもが好きな要素盛りだくさんの絵本です。

    投稿日:2013/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムよく

    「かぞえうた」とあるように、とてもリズムのいい文章ですね。
    数字が登場する絵本の多くは、10で終わるのですが、こちらは、さらに百・千・万・億と、広がっています。
    うちの子供には、この大きな数がウケていました。

    投稿日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    娘は天気予報が大好きです。
    よく真似をして自分でもテレビの中の人のように天気予報を伝えて
    くれます。そんな娘が楽しめるかな?と思ってこの絵本を読んで
    みたのですが、ちょっと娘の好きな天気予報とは違ったようで
    それほどおもしろがってくれませんでした。
    いろいろなダジャレや言葉遊びのおもしろさが、まだうまくわから
    なかったようなのです。楽しめる言葉遊びの絵本もあるのですが
    こちらはちょっとだけ大人っぽかったのかな?小学生くらいの
    子の方が楽しめそうです。
    それに、よくわかったのですが娘はほんとに「ちゃんとした天気予報」
    が好きだったのでした。
    「○○中心に、とかって言わないよお。だめだよお」と(笑)。
    テレビの天気予報で「関東中心に風が強いでしょう」とか
    「山沿いは雪になるでしょう」と表現するのをしっかり覚えて
    いるのですね。
    今度は、もっとちゃんとした(笑)天気予報の絵本を読んで
    みたいなあと思います。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「音」にした方が面白い絵本。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    これは面白い絵本を見つけたぞ!!と、学校から帰ってきた子どもたちを捕まえて、読んでみたら、今イチ反応がなかったです。

    私はすごく面白かったのに〜!
    読み方でしょうか?
    こういう独特のリズムのある作品は、もっとよく口になじませてから読んだ方が、よかったのかもしれません!
    わたしの読み方のせいで、この絵本の面白さが伝わらなかったとしたら、残念です。
    練習して、次回リベンジしてみたいと思っています。

    この絵本は「4歳から」と対象年齢が書いてあります。
    一見可愛い猫の表紙で、確かに小さい子向けの絵本のような気がしますが、「千本松原」とか、「大国主」とか、子どもたちには縁のなさそうな単語が平気で出てくるし、
    韻を踏んでる言葉を理解するには、あまり小さなお子さんより、
    ある程度大きくなった小学校高学年以上や、大人の方がいいかもしれません。
    それに、この絵本は(作者は詩人&童話作家だし)黙読するより、音読や読み語りをして、「音に出す法」がずっと面白く感じられると思います。

    機会があって、この絵本を手にする方は、是非「音に出して」読んでみてください。

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい天気予報

    かぞえうたの本は何冊もありますが、これは天気予報にまつわる言葉遊びです。一回読んだだけでは、ちょっと意味がわからないです。何度か読んでいくうちにじわじわとおかしくなってきます。天気予報の解説にも、思わず笑ってしまいます。テレビの天気予報では聞くことができないですね。

    かみなりにおへそを隠すたぬきや、なみのりをするなまけものなど動物たちの動きもとてもおもしろいです。おおらかに描かれた動物たちにほのぼのします。

    「とのつくものを とお かぞえましょう」という予報がでたので、子供はいろいろ考えていました。

    投稿日:2007/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれが 面白い

    子供達は 天気予報のだじゃれが、面白かったようです。読む度に 「そんなの無理 無理」とか 言ってました。絵もしゃれがきいていて面白かったです。

    投稿日:2006/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天気予報の魅力

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    毎朝ラジオをつけているのですが、天気予報は独特の語りがあっていいですね。
    そんな魅力がかぞえうたとドッキングして絵本になりました。
    難を言えば、五七調でもなく、リズムが取りにくいこと。
    でも、言葉遊びを楽しんでください。

    投稿日:2005/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一から億まで

     かぞえうたと天気予報の本。
     岸田さんとスズキコージさんの「かぞえうたのほん」が大好きで、同じ岸田さんが著者になっていたのでこの本を図書館で借りてみました。
     天気予報にはぼたもちやみそしるがでてきて、おもしろい。でも、かぞえうたの部分の読み方がなかなか難しいのです。「かぞえうたのほん」に比べるとリズムがとりにくいのです。今、何度も読んで小学校で読めるように練習しています。

    投稿日:2005/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びと天気予報

    • べあさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子9歳、女の子6歳

    一から億までの単位を使った言葉遊びとおもしろ天気予報が載っています。
    リズミカルで楽しい数え歌と天気予報なので、ぜひ声に出して読んでみてほしい本です。
    小学生低学年から中学年位のお子さんに読み聞かせ、もしくは自分で読んでも楽しいと思います。
    のびのびした動物の絵もかわいらしいですよ。

    投稿日:2004/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット