貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼうしのすきなこぶたなかなかよいと思う みんなの声

ぼうしのすきなこぶた 作:マーティン・オーボーン
絵:アクセル・シェフラー
訳:ふじさき なおこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784751514504
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,351
みんなの声 総数 11
「ぼうしのすきなこぶた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「好き」の力

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    帽子が大好きなこぶたくん。
    たくさんの帽子コレクションを持っていて、どれも大切なものばかり。
    毎日帽子を取り替えて出かけます。
    お母さんぶたは、帽子にばかり執着するこぶたくんを心配している様子。
    親としてはこのお母さんぶたの気持ち、分かります。
    ついつい色んなことに興味を持って欲しい、たくさんのことを学んで欲しいと思ってしまいますもの。
    でもこぶたくん、帽子をとおしてたくさんの大切なことを学んでいきます。
    それも誰に教えられるのではなく、自分で気づくのです。
    「好き」を大切にするって、それだけの力があるのだろうなぁと思いました。
    たくさんの帽子が出てくるので子どもも喜んで聞いていましたが、私の方がはっとさせられた絵本です。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親切は難しいけど

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    子どもが見せる、好きな物へのエネルギーを共感できるのではないでしょうか。
    ぼうしの好きなこぶたが主人公。
    そのコレクションがまず圧巻ですね。
    そして、その帽子のためには、くじけず、勇気を持って、辛抱強く。
    素直なこぶたの姿がいいですね。
    そして何より、ラストの展開はハートウォーミングですよね。
    そして、小言を言っても、我が子の良さをちゃあんと分かっている
    お母さんの行動にも拍手!
    作者の、我が子へのまなざしを垣間見るようでした。
    私も見習わなくちゃ。

    掲載日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長をみました

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    読んで字のごとく、ぼうしが大好きなこぶたくんが登場します。たくさん持っていて、ぼうしでばかり遊ぶので、お母さんはちょっと心配してるみたい。

    でも、こぶたくんは、ぼうしをかぶっていることで、勇気と忍耐とやさしさをもつこぶたくんになれます。
    こぶたくんの精神的な成長を、ほほえましく眺めることができる絵本です。

    こぶたくんが家に帰ってきたときの、お母さんのあたたかい歓迎ぶりにも、あたたかさを感じました。

    一つのことに集中する子は、きっとこのこぶたくんのように、立派に成長するんじゃないかなあと、期待してしまいました。

    掲載日:2008/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット