アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

あそぼあそぼなかなかよいと思う みんなの声

あそぼあそぼ 作・絵:高畠純
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784061322950
評価スコア 4
評価ランキング 21,068
みんなの声 総数 11
「あそぼあそぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうぶつたち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    動物たちが家の前に1匹ずつ現れては犬は「わんわん」等、各々の鳴き声を出します。
    タイトルからしてだれかと遊びたがっているのかな、いったいだれが出てくるのだろう?と思いながら読みました。
    1歳の娘は鳴き声が面白かったかな。
    たくさんの動物が出るので幼い子でも楽しめそうです。

    投稿日:2014/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが大好きな動物たち

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子0歳、

    赤ちゃんが大好きな動物たちが、1匹、また1匹と
    どんどん集まってきます。
    気が付けば赤ちゃんのいるおうちの前は
    動物たちでいっぱいになっています。

    みんな赤ちゃんと遊びたくておうちの前で大合唱。
    静かにするように言われて1度は静かになったけど、赤ちゃんの声が聞こえたらまたまた大合唱。

    色んな鳴き声は息子のツボに入ったらしく、
    ケタケタと笑ってくれます。

    投稿日:2012/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が楽しくしてくれました!

    この本を手にしたとき、動物がたくさん出てくるし、鳴き声もあって
    楽しそうだと思いました。
    絵も色がはっきりして、子供には見やすくていいと思います。

    中はひたすら動物の鳴き声のみです。
    私は少し退屈かな・・・と思いながらも読み進めていったんですが、
    息子は私が動物の鳴き声をするのが楽しいのか、とても喜んで見てくれています。
    キャッキャ言いながら、お座りしてる状態で体を上下に動かすほど。

    そんな息子の反応が、今度は私を楽しくさせてくれました♪

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高畠純さんの作品

    高畠純さんの作品だったので選びました。沢山の動物が何故この家に押しかけるのか分かりませんでしたが最後まで読んでみると分かりました。なんと幸せが流れる結末なのでしょう!大好きです、この終わり方!動物達が順番を守って声を出すところは爽快でした。沢山の泣き声をおぼえられるのもいいとおもいました。沢山の動物を自然に覚える事ができるのも良いと思いました。簡略化した絵も素敵でした。

    投稿日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰を待ってるの?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    カエルがやってきて「ゲゲゲ」、羊がやってきて「メヘーメヘー」いったい誰を呼んでいるのか一軒の家の前で何かを待っている動物達。誰のお家だろうね?と娘と話しながら今度はお馬さんが来たよーと一緒に鳴き真似をして楽しんでいます。
    実は、みんなが待っていたのは小さな赤ちゃん。お昼寝をしていたのかな?向かいのお家に赤ちゃんが産まれたばかりなので、娘は絵本の赤ちゃんに同じ名前をつけて「寝んねしたの?ミルク飲む?」とあやすように話しかけています。

    これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになるお子様たちの心の準備に読んであげるのも良いかもしれませんね。

    投稿日:2007/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳴き声がいっぱい

    家のまわりにカエルや動物達が次々にあつまってきます。
    出てくる文章は鳴き声だけです。いろいろな鳴き声でいっぱいになります。すると、家の中からママが出てきて「しーっ」静かになったら、今度は赤ちゃんが泣きだします。すると動物達がまた泣き出して、最後はママが赤ちゃんを抱いて家から出てきます。文章は鳴き声だけなので、いろいろ説明も入れながら読んでみました。

    投稿日:2004/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / きょだいな きょだいな / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット