話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ」 パパの声

もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ 作・絵:リンリー・ドッド
訳:さとう あやこ
出版社:あづき
税込価格:\1,430
発行日:2004年04月
ISBN:9784901970211
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,467
みんなの声 総数 6
「もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 猫の動きが絶妙

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    リンリー・ドッドは、ニュージーランドで最も著名な絵本作家。
    1983年の「もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく」の成功によって、国民的絵本作家となったとのこと。
    この「マクレリー」シリーズは、英語圏で200万部を突破しているというから、凄いベストセラーと言えます。

    この作品は2作目。
    主人公のマクレリーは、オーストラリアン・テリア。
    ある日、マクレリーは、家を抜け出します。
    何をしようか?と思案して、おっかけっこをしようと思います。
    おっかけっこは誰とするかといえば、出合った猫。
    とは言え、おっかけっこと言っても、急に陰から飛び出して、単に追い駆けるだけですから、猫は逃げ出すしかありません。
    今回は、
    「ところが そこに マクレリー・・・・」
    という、リズミカルな文章が、追い駆けるシーン毎に読むことになるのですが、この繰り返しが、子供にとってはたまらないはず。
    猫にとってはいい迷惑ですが、猫の動きが自然なので、読者は惹き込まれること間違いないでしょう。

    その結末は、1作と同じなのですが、やはり、この結末ってかなり笑えました。

    1作目よりも、より自然体の文章になっていますが、韻を踏んだ原文は、もっと素晴らしいはずで、その点は仕方のないところです。
    その分を差引いても、繰り返しの文がある文章は、読み聞かせし易いもの。
    明るく愛嬌のある絵と相まって、水準の高い作品に仕上がっています。

    読み聞かせのオススメ作品の1つに加えたいシリーズなので、続編を続けて読んでみたいと思います。

    投稿日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット