14ひきのあきまつり自信を持っておすすめしたい みんなの声

14ひきのあきまつり 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494008575
評価スコア 4.42
評価ランキング 11,012
みんなの声 総数 95
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 秋を満喫

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    秋になるとまず読みたくなる絵本の1冊です。表紙から秋色満載でちょっと肌寒い秋風も感じられるからです。14ひきシリーズの秋はどんなだったかしらと6歳の息子と読み始めました。森でかくれんぼをするみんなを、落ち葉をめくるような心持ちで目を丸くして探す息子。時々、コレ何君だったっけ?と何度も表紙の名前を確認しつつ進めるので中々先には進めませんでしたが、かくれんぼに一緒に参加したかのような感じで読み終えました。

    投稿日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    3
  • 秋にぴったりの読み聞かせ

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    今回は季節にぴったりの「あきまつり」。おやおや、今回はろっくんが見つからないぞ。いなくなった ろっくんを探して、家族みんなで森を歩いていると、「わっしょいわっしょい」きのこのおみこしに出会います。豊かな秋の恵みに感謝する秋祭り。かえるも登場します。賑やかな秋祭りですね。

    投稿日:2020/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひきシリーズで秋の季節に購入しました。かくれんぼしていていなくなった兄弟を探しにいくのですが、みんなは森の秋祭りに遭遇します。14ひきシリーズは、絵がとても細やかで実写的なので大人の私は勉強になるなぁと思いながら読めます。この本では知らなかったキノコを沢山見ることができました。

    投稿日:2019/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネズミは勿論、他に描かれている虫や小動物も

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    リアルにかつ可愛らしく描かれていますね。見開きの優しい色使いのページの中から、文章に書いてあるネズミの兄弟や家族、植物、虫たちを探すのもこれまた楽しい。この絵本が長く愛されているのがわかる気がします。

    投稿日:2014/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳から

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    子どもが2歳のときは、14ひきシリーズを読み聞かせようとしたところ、興味を示さず最後まで読めませんでした。私自身、このシリーズは知ってはいたものの、ねずみの本かぁ・・・というくらいの認識でした。
    子どもが3歳になって、改めて読んでみると・・・この世界にはまりました。家族のあたたかさ、自然の美しさ、丁寧な生活、いろいろなものがこのシリーズには詰まっています。この14ひきのあきまつりは、秋の森がとても美しく描かれています。おまつりの風景はとても幻想的です。

    投稿日:2014/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋をいっぱい感じることができる1冊

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、
    そして、10匹のきょうだい。
    あわせて14匹家族。

    「14ひき」シリーズの一冊です。
    秋の森でかくれんぼをしていたら、ろっくんがいない!
    探していると、秋祭りがはじまって・・・

    秋色一色のこの絵本は、確かにかくれんぼをすると、
    なかなか見つけるのが難しい。

    それでも、このシリーズをよく知っている子は、
    目ざとく見つけてしまいます。

    1年生だと、ほとんどの子が知っているこのシリーズですが、
    やはり、最初は表紙の絵を見せて、家族の紹介をしました。

    「ろっくんどこだろうね。」

    と問いかけながら、読み進めていくと、
    すぐに見つける子がいて、すごいな〜って思いました。

    今回は、他のシリーズと違って、
    くりたけきょうだいが駆け出したり、みこしを担いだりと、
    ちょっと非現実的なところがありましたが、
    きのこやかえるたちがごちゃごちゃといる場面は、
    いかにも祭りって感じで、迫力がありました。

    秋色に染まった森の中は、地面いっぱいに落ち葉が敷き詰められ、
    きのこやどんぐりなど、秋の豊かな恵みでいっぱいでした。

    シリーズのどの作品も、季節感あふれるもので楽しめるものばかりです。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な感じ

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子7歳

    14ひき家族の日常を描いたシリーズ、という印象で静かな雰囲気がとても印象的なシリーズです。
    他に読んだシリーズの作品は、家族の日常を切り取った印象でしたが、この作品は、ちょっと不思議な秋祭りが出てきてほかの作品とは印象が違うなぁ、と思いました。
    でも、秋の実りの季節に読むと雰囲気が出ていいのではないかなぁ、と思いました。

    投稿日:2013/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • きのこがいっぱい

    秋色いっぱいのこちらの一冊。
    14ひきの家族以外は、実にリアルに描かれていることにいつも驚かされます。
    改めて、実りの秋を感じることができました。特にこちらの本はかくれんぼしているみんなを探すことができる、楽しい一冊のように感じます。残念ながら1歳の娘にはまだまだ兄弟の見分けはつかないけれど、それでも楽しそうに「あったー」と言いながら皆を探していました。
    良い絵本でした。

    投稿日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋にぴったり

    いわむらかずおさんの絵は本当に素敵です。繊細で色もすごく綺麗で。見ているだけでうっとりしてしまいます。

    2歳次女はろっくん探しに夢中でしたが、途中くりたけ兄弟が駆け出したとこからは、きのこに夢中になっていました。みんなでおみこしをしている場面は圧巻。この季節に読んでもらいたい1冊です。

    投稿日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • キノコがいっぱい

    「14ひき」シリーズの中の1冊。今回は、表紙からして素敵な秋のおまつりがテーマなんです。

    見開きにも、沢山のキノコの紹介がありますが、絵本の中でもキノコがいっぱい出てきます。
    読んでいくと、カエル達が「きのこみこし」と担ぐページが出てきます。ここのページは、子供も私も、ちょっとリアルすぎて苦手だったな。。。

    でも、最後の一家団欒の食事のシーンは、いつもながら心温まる光景でした。

    投稿日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


2月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット