新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

10本のまっかなバラ」 ママの声

10本のまっかなバラ 作:イヴ・メリアム
絵:ジュリア・ゴートン
訳:たまの まさと
出版社:あづき
税込価格:\1,430
発行日:2004年07月
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,306
みんなの声 総数 8
「10本のまっかなバラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数数え

    子供とこの本を読んだ時に、子供が何となく引き算を分かっている感じがしたのでちょっとびっくりしました。この絵本みたいに一個ずつ減っていくのは知っていたけど、二個とか減ったらわかっていませんでした・・・・・。でもこんな本をきっかけに数字とかに興味をもってくれたらうれしいなと思いました。

    投稿日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真っ赤なバラに心をこめて

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子5歳

     10本の真っ赤なバラと10人の子どもたち。バラと子どもって、すてきな取り合わせと思っていたら、まさに期待を裏切らないあたたかで意味深い絵本でした。数の絵本でもあるので、もちろん1から10までの数の確認ができます。でも、この1本1本、ひとりひとり……という概念が同時に心の深さをも示すと思うので、実は単なる「数」というわけでもないのでは、とも感じました。
     それと、赤いバラって人をひきつけますね。各ページ鮮やかに描かれたバラの花はとても印象的です。子どもたちの幸せそうな顔もすごくいいです。(笑顔って、子どもにとってはとても大切ですよね。わたしが真剣な顔つきをしていると「ママ、笑って!」と娘はいつもリクエスト。他人が笑顔でないと、それがいやみたいで、「笑ってない……」としょげています。)
     たまたまクラスに双子の兄弟くんがいることや、やっと慣れ始めた学校の風景がそのまま描かれていることなど、まさに娘にはぴったりのタイミングで、いろんな刺激がもらえた作品になりました。最後のページがとてもすてきですよ!
     そうそう、お絵かきの好きな彼女は表紙を見て、まずバラの描かれ方に興味を抱き、自分の描き方と比較していました。(偶然にも、バラの花束の絵を担任の先生に贈ったばかりだったのです!)そして、さすがは数の絵本。バラを描くときに、今度は葉っぱの数を一枚ずつ増やして描くなど、しっかり「数」を意識していました。

    投稿日:2004/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の場合

    • Twinsさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子5歳

    図書館から借りました。うちは双子の男の子(年長さん)です。
    面白いなと思ったのは、読んであげた後の行動です。上の子は「ふーん」と言って、この絵本のことはすべて分かったという顔をしました。何回か読んであげましたが、「のこったバラは」のところで数を言う以外は特別な反応は示しません。ただ「しちほん」と「ななほん」、「しほん」と「よんほん」には興味を覚えた様子です。
    下の子は、この絵本がとても気になる様子です。時々一人でページをめくって、しきりにあちこち確かめたり、ぶつぶつ言っています。自分なりに絵の中に別の数を見つけたり、他のページの絵と比べたりしています。
    二人とも10、9、8と逆に数えることはすぐ覚えました。引き算の意味を理解したかどうかは分かりません。上の子はお話しというか、ストーリーが奇抜なものを好みます。下の子は観察が得意です。双子の兄弟でもこんなに違うことを改めて教えてくれる絵本になりました。やっぱり私の好みだけで選んでいては伸びる芽も伸びなくなると感じています。

    投稿日:2004/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の選び方を考えさせられた

    • む・めぐみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳、男の子2歳

    ネット書店で偶然「日本の大人たちが抱く「絵本」のイメージとは大きくかけ離れています。多くの子どもたちの目に触れる機会が訪れるよう祈って投稿します」というコメントを見つけて買いました。ちょっと勇気が要りました。
    とってもきれいな絵本です。でも書店でこの絵本を見つけても買わなかったと思います。お話の絵本ではないし、ただ数を10から逆に9,8,7‥と覚えるためだけの絵本に見えるからです。
    子どもに読んでやると、上の子は早くも2回目で数をだいたい覚えてしまいました。しかも絵の中に、私が気がつかない数の仕掛けを見つけ自分なりに楽しむこともしています。絵本を開くたびに、数に対する理解を深めている様子が分かります。こんな絵本もあるのかと今は驚きの気持ちでいっぱいです。
    下の子はまだ「のこったバラは」のフレーズを私と一緒に言って楽しむだけですが、そのうちきっとお姉ちゃんと同じように絵本の中に入って引き算の仕組みを覚え、「ママ、これ」っとバラの花をプレゼントしてくれるようになるだろうと楽しみにしています。パパにも読ませなくちゃ。

    投稿日:2004/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もしゃもしゃマクレリーおさんぽにゆく / もしゃもしゃマクレリーねことおっかけっこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット