話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ふくろうくん」 ママの声

ふくろうくん 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\1,045
発行日:1987年03月
ISBN:9784579402557
評価スコア 4.77
評価ランキング 627
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 愛らしいなあ

    娘がこども病院で入院した際に院内の図書館から借りてきて読みました。
    愛らしいなあ、ふくろうくん。がまくんとかえるくんの絵本よりも
    娘は喜んでいました。ふたりのかけあいよりも、ひとりでぶつぶつやって
    いるふくろうくんの方がおもしろく感じるのかしら?
    なみだでおちゃをわかす話は何度も「読んで」と言い、こんもりおやまに
    は「違うよねえ!ふくろうくんなんでわからないんだろうねえ!」と
    笑い、ふくろうくんが自分の家の1階と2階をどたどたする様子には
    もう大笑い。
    この絵本もそのうち手元に・・と思っていたのですが、最近絵本ナビに
    レビュアーとしてデビューした娘が、「レビュー書いてためたポイント
    で買うんだー」と意気込んでいましたので、娘にまかせましょう(笑)。

    投稿日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアたっぷりのお話たち

    「ふくろうくん」の日常に起こる出来事を綴った短いお話が5話。
    どれもくすりと笑ってしまう、独特のおかしみに溢れています。
    童話などでは賢いキャラクターとして描かれることが多いふくろうですが、この「ふくろうくん」は大人なようで子供のように無垢な心を持っていて、いろいろとヘンな事を発想したり、行動に及んだりします。
    そのギャップがなんともおかしい。
    私のお気に入りは「こんもりおやま」と「なみだのおちゃ」。
    子供に読み聞かせるとき、真面目だけどどこかヘンなふくろうくんのセリフを感情たっぷりに言うと盛り上がります。

    投稿日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい大好きな作品です!

    アーノルド・ローベルさんの作品は本当にツボなものが多いです。

    物事をそのまま受け止め、頭に浮かんだことを素直に行動にうつす、ナチュラルなふくろうくん。
    全部で5つのお話があります。

    「おきゃくさま」
    冬のある日、風がドアをたたくと、「ふゆくん、おはいりよ。はいって ちょっと あったまったら どう。」とドアをあけて、冬の風をお客様にしてしまう。
    そして部屋の中は大変なことに!

    次のお話「こんもりおやま」も笑えます。
    ベッドに入ったふくろうくんが毛布の下の二つの「こんもり」に気づき、やっつけようとするお話。
    「こんもり」の正体は自分の足(笑
    そのことに気付かず、ふくろうくんは毛布から出たり入ったり。

    他にもいくつかお話があり、「こども的」な発想と行動がとっても楽しいお話です。

    子どももこのふくろうくんと同じで、ときに大人が想像もしないようなことを言ったり行動したりしますよね。
    つい自分の子供がそんなことしようものなら、「何やってるの〜!」と叱ってしまったり・・・
    絵本の中では子供たちと笑えるのに。。。やっぱり大人ってずるいのかもしれませんね〜。

    たまには、このおっちょこちょいなふくろうくんを思い出して広い心を取り戻しましょう^^

    投稿日:2009/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • コドモゴコロの代弁者

    あぁ愛しのふくろうくん!「がまくんとかえるくん」シリーズ愛読者の方も、そうでない方も、必読! 絵が少ないけれど、2歳の我が家の娘でも大のお気に入りです。
     ひとり暮らしのふくろうくんは、正直で、やさしくて、寂しがりやで、お人よし。いろんな事件が起きます。感受性豊かなふくろうくんですから、どんなことも事件になってしまうのです。外を吹き荒れる北風に、どこまでもついてくるお月さまに、抱く友情。なみだでお茶がわかせるかしら、1階と2階をどっちも一度に見られるかしら、と思ってみる好奇心。布団の下に隠れているこのモンスターは一体なに?!とこわがる想像力。どれもこれも、小さな子どもなら誰にも覚えのある気持ち。子どもたちはもちろん、ふくろうくんにシンパシィを感じるはずです。
     もっともっと読みたいなぁ。続編はないのかしら…。
     

    投稿日:2004/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一人だけどひとりじゃない感覚。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    「おきゃくさま」、「こんもりおやま」、「なみだのおちゃ」、「うえとした」、「おつきさま」のお話が収録されています。何気ない日常にふくろうくんが『なぜ?』と子どもらしい感性で楽しむお話です。 一人遊びで、訪ねてくるような友達は訪れず、だからこそ『冬』や『こんもり』『月』を擬人化して友達と見立てています。大人も子どもと共に楽しめました。

    投稿日:2021/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくろうくん

    なんでもないような日常の出来事が、ふくろうくんにとってはちょっとした恐怖体験になったり、不思議体験になったりしてしまい、思わずくすりと笑いが出てしまうお話でした。子ども目線だったら、ふくろうくんの気持ちがわかるのかも?という感じでした。

    投稿日:2021/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーノルドローベルの絵もお話も大好きなんですが、このふくろうくんだけはコミカルさがちょっと怖い…。
    ふくろう君がベッドで見つけた”こんもりくん”(自分の足)の正体を探すお話とか、寝る前にこんなの読んだら自分のこんもりくんが気になって眠れなくなる…。
    なのに子供は大好きでよく読み聞かせを頼まれます。

    投稿日:2020/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢中

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    ふくろうくんを最初に知ったのはyoutubeでの
    洋書の読み聞かせでした。
    三木 卓さんの訳は全く原作と違和感なく、
    この本の雰囲気を伝えていて、
    子どもたちも少し長いのに
    一気に読んでも途中で飽きることもなく
    このふくろうくんに夢中になっていました。
    このふくろうくんに子どもたちも
    「こんもりくん」や「なみだのおちゃ」など
    イメージしやすいのか、いろいろつっこんでいました。

    投稿日:2019/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものこころ

    がまくんとかえるくんの「アーノルド・ローベル」の本。
    いままでなぜか手に取る機会がなく
    今回ふと、読んでみました。

    第1話の「おきゃくさま」から
    もう天然の連続。
    しっかりもののカエル君がツッコミで
    天然のガマ君がボケの構図のあちらより
    「やりっぱなし」な感じなんですが
    そこは読者がツッコンで!!

    もうかなり大人に近づいた14歳の娘に読んだら
    苦笑しながらツッコんでました。

    ふくろうくんと読者の掛け合いが楽しい
    いつまでも楽しめる一冊です。

    投稿日:2019/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくろうくんの本気を見る

    • ほんもふさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    がまくんとかえるくんシリーズついでに借りました。
    さすが、面白かったです。
    お話はなみだのおちゃ、が印象的で家族でええぇ・・・?ってどん引きなような本気?みたいな感じでよんだのですが、
    話の最後のふくろうくんの努力に感動のようなほっこりしたような不思議な感覚になりました。

    バカにもできるけど、愛らしくてふくろうくんてすごいな!かわいいなっておもえるような素敵なお話がおおかったです。


    短編集なので一話ずつよんでもよいかもですね。読みやすかったです。

    投稿日:2018/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット