アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ルドルフといくねこくるねこ」 ママの声

ルドルフといくねこくるねこ 作:斉藤 洋
絵:杉浦 範茂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784061335219
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,668
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろいのだけれど

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    ルドルフシリーズ、第三作目です。今回も、友情や恋など、いろいろ考えさせられる内容でした。新しいキャラクターも活躍します。ただ、イッパイアッテナが初めと終わりしか出て来ません。ルドルフとイッパイアッテナのかけあいが好きな私は、そこがちょっと物足りなく思いました。でも、おもしろいはおもしろいんです。ちょっと新しいキャラクターの「〜でやんす」という話し方が読みにくいかもしれません。
    一作目、二作目とも夢中になっていた娘ですが、今回は途中でやめてしまいました。ただ、もう少し大きくなったら、また楽しめるかもしれません。

    投稿日:2018/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園児でもとっても面白い!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    「ルドルフと」のシリーズが大好きな6歳の娘と読みました。
    もともと小学生の長男と寝る前に読んでいた本ですが、
    いつの間にか保育園児の娘の方がハマッてしまい、
    お兄ちゃんよりも先に第三冊目。
    大人や小学生が読んだ方が面白く笑えるところもたくさんあるのですが、
    でも保育園児でも十分楽しめちゃう、ありがたいシリーズです。

    今回は市川に行ってしまったイッパイアッテナにかわり、
    人質、いやネコ質として江戸川にやってきたテリーが物語に参戦。
    そしてデビルもすっかり仲間として加わり、
    ある目的を達成しようとチームワークよく奮闘する姿が描かれています。

    そして私がこのシリーズでとてもいいなぁと思うのは、
    今回の敵が、次の回の味方になるところ。
    ルドルフの人のよさ?ネコの良さ?のなせる業かもしれませんが、
    どんな人?ネコ?犬?とも仲良くなってくれて、次回につながるところが、
    本当にあたたかい気持ちになります。

    さて、次はいよいよ、スノーホワイト。
    今からもう読むのが楽しみです!

    投稿日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブッチー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    今巻はシリーズ通して出ているルドルフの友達ブッチーが目立つ巻でした。
    恋をしたり、飼い主に変化があったりでなんだか考えることの多くなったブッチー。
    次巻での彼がまた楽しみです。
    逆にイッパイアッテナの影はいつもよりやや薄かったかなと感じました。
    ルドルフが気づけば立派になったなーと思いました。
    まだ恋はよくわからないといった感じのルドルフですが今後は恋をしていくようになったりするのかな。

    投稿日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズが一番好きかも

    ルドルフのシリーズ。昨年から読み聞かせをしてきて、ついに読み聞かせ完了となりました。

    斉藤洋さんの本は『ペンギンたんけんたい』のシリーズや『なん者ひなた丸』など、息子に今までいろいろと読み聞かせをしてきましたが、

    その中でもこのシリーズが一番私の好みかもしれないと思いました。

    斉藤洋さんの作品には、どんな人になりたいのか?どういう自分でありたいのか?というテーマが繰り返し出てきているように感じていました。

    このシリーズは、その点がよく出ている気がします。

    リエちゃんとの関係では元飼い猫、今の状態は飼い猫とのら猫の半々。

    だけどそれだけではない。

    名前が変ったり、役割や関係が変ることで、自分とは何か?ということが自ずと見えてくることがあります。

    ルドルフの心の成長と共に、それを一緒にたどってきたような気がしました。

    途中切ないなあと感じる場面がありました。あまり書くとネタばれになるので書きませんが。

    読まれて切ないなあと感じる場面があったら、ああここだったのかと思ってください。

    友情というテーマもこの本にはしっかりとありますね。

    仲間とは?友だちとは?そして自分とは?

    関係や体験の中で見えてくる自分。

    自分だけでは自分のことはわかりません。

    やはり関係の中で人は育つし、豊かな人間関係を育んでいきたいなと思わせるところがありました。

    投稿日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昨日読み終わりました。

    昨日、やっと読み終えました。
    前の2冊同様、笑いあり、友情あり、教養ありでとても面白かったです。
    前作2冊は★を5つにしましたが今回は4つにさせていただきました。
    理由は2つあります。
    大好きなイッパイアッテナがあまり出てこなかったこと。
    もう一つは、
    少し恋話がでてきて、8歳の息子には微妙な感じだったからです。
    高学年だったら大丈夫なのかもしれません^^
    新作がでるのかわかりませんが、出たら必ず読みたいです。

    投稿日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昨日の敵は今日の友

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    ルドルフとイッパイアッテナのお話第3弾です。
    今回も仲間たちとの楽しいやりとりがてんこ盛り。
    イッパイアッテナの登場が少し少なかったのが残念でしたが、それでもまた新しい仲間が増え、ねこの世界を充分楽しむことができました。

    第1弾ではデビルとの戦い、第2弾では故郷への帰省が一番の見せ場でしたが、今回はまた新たなる敵との戦いが見ものです。
    それはあのデビルとの戦いを思い出すような緊張感。
    ハラハラドキドキしました。

    3作通して見ると、いい意味で「昨日の敵は今日の友」になっています。
    「人類みなきょうだい」ではないですけど、同じ動物同士分かり合えればみんな仲良くできるんだなと感心します。
    人間も見習わなくちゃですね。

    4作目は出ていないようですが、出るとすると今度はあの動物が味方になるのかな??
    是非読んでみたいです。
    ルドルフ、早く書いてくれないかな〜笑

    投稿日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ペンギンたんけんたい / ルドルフとイッパイアッテナ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット