かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

ふうと はなと たんぽぽ」 その他の方の声

ふうと はなと たんぽぽ 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年04月20日
ISBN:9784494001965
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,564
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うさぎの ふうと はなが野原へ遊びに行きました
    お母さんは「気をつけていっておいで だれかきたら かげで じっとしているんだよ」 と送り出しました
    子うさぎですから いろんな花のことも知りません
    たんぽぽの花のことも 知りません
    てんとうむしやべにしじみ みつばちは たんぽぽの花が大好き
    いろんな事を教えてくれました 
    「はなは たねを みのらせ あたらしい いのちを うむんだよ」てんとうむしが教えてくれました
    ♪たんぽぽ ぽぽぽ ぽ ぽ ぽ ♪  かわいい歌で 口ずさみたくなります
    たんぽぽぽの綿毛が  風にのって 命を運んでいくのですね

    家に帰ると 子うさぎの ふうとはなは 自分たち二人が見たこと 野原ではじめて知ったことをお母さんに話しました
    二人は お母さんのおっぱい飲んで 安心して 幸せにねむりました

    お母さんは よく二人で お出かけさせましたね。 
    子どもを信じてあげて 子育てしているのですね。 こうして 子どもは成長するんだなあ〜 教えられました

    いわむらさんの ファンタジーな世界を 絵本でたっぷり 味わえました

    春のたんぽぽが咲く頃に 読んであげたい絵本です

    投稿日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちはたんぽぽがだーいすき!

    • 柿の木さん
    • 50代
    • その他の方
    • 新潟県

    保育園で年少・年中・年長児みんないっしょ(45人位)のところで読み聞かせをしました。たんぽぽの絵がとてもきれいで、目を引くようです。てんとう虫もしじみちょうもはちも見つけてよろこんでいました。そして、わたげを飛ばす場面では、「みんなもいっしょにとばすよ。せーの、ふっー!」と。45人のほほがふくらんで、絵本の中のわたげを飛ばしました。みんなの顔がとってもかわいかったです。ふうとはなと子どもたちの心がひとつになれる絵本です。

    投稿日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわか

    ふうとはなシリーズ第2弾!
    今回の作品も親子で読んでもらいたい作品。
    ふうとはなの名前の意味も納得☆
    子供の時って外の世界は冒険で不安もあるけれど、
    子供にしか感じ取れない物があるなぁと…。
     そうやって大きく成長していくんだね♪
    読み終わった後は穏やかな気持ちになれました☆

    投稿日:2011/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット