どうようクラシック 名曲ピアノえほん 改訂版 どうようクラシック 名曲ピアノえほん 改訂版
 出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
37鍵盤、正しい音程、和音もひける本格ピアノ絵本。童謡・アニメソング・英語・クラシック、全50曲の自動演奏&楽譜つき。

これはのみのぴこなかなかよいと思う みんなの声

これはのみのぴこ 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:サンリード
本体価格:\1,800+税
発行日:1979年
ISBN:9784914985011
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,004
みんなの声 総数 103
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 谷川 俊太郎さんの読み方には目からうろこ

    • まんちゃんさん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    肺活量と早口言葉が自慢の私なので、一息で読むのは楽勝。
    小学生やお母さんは肺活量が少ないため、一息で読むと尊敬してくれます。
    朝読書の時間調整にはものすごくいいので、いい気になって何回かか読んでいました。
    NHKのテレビ絵本で谷川俊太郎さんがへろへろになったり、はぁはぁしながら読んでいましたが、いい気になって読むよりも100倍面白いと思いました。
    うまく読むことが大事じゃないですね。

    投稿日:2004/11/11

    参考になりました
    感謝
    5
  • 結構疲れる、でも可笑しい

    かなり前にテレビ絵本という番組で放送されていて
    変わったお話だなあと思っていて 読んでみたいと思いつつ
    なかなか出会えない絵本だったので 見つけた時には嬉しくなりました。

    “これはのみのぴこ”から始まって
    どんどんどんどん文章は長文展開となっていきます。
    親には試練の絵本でしょうかね。
    読み重ねるうちに 左ページの文章の余白が怖くなってきます・笑
    でも“こどものまんがを読んでるお母さん”とか“銀行員とお相撲さんがピンポンをする”とか面白い人が沢山出てくるので子どもは面白がっていました。
    そして最後にはすごくおさまりがイイというのは
    谷川さんならではだなあとただただ感心してしまいます。

    投稿日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • 意外とはまります

    楽しい絵本です。

    一匹ののみからスタートし

    たくさんの人が登場します。

    谷川さんの絵本は

    言葉遊びができる本も多く

    気に入っていますが、

    この絵本はずいぶん前に

    読んだのに今でも記憶に

    残っているのですごいなと

    思いました。

    投稿日:2018/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びの絵本でした

    言葉遊びの絵本でした。
    こういう形式は、子供にはとっても面白そうですね。
    読む方はちょっと疲れるかな。
    ノミのピコに戻るかなと思ったのですが、違う名前でした。
    友だちかもしれないですね。
    絵も可愛くてのんびりしていて、良いです。

    投稿日:2017/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「これはのみのぴこ」に…どんどんどんどんことばが足されていきます。
    これは声に出して読まないといけませんね。声に出すとより面白い絵本だと思いながら読みました。読むのはけっこうたいへんそうですが。
    テンポよく絵もよかったです。

    投稿日:2015/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    1年生の息子が学校で読んでもらい面白かったからと
    また借りることになりました。

    とにかく読むのが大変です!
    というか息をするのが大変?!
    1年生の息子でも十分読める内容なので、息子に読んでもらい
    息子ケタケタ笑いながらも一生懸命読んでました。

    お話に中身があるわけではないのですが
    面白く読めるので、絵本嫌いのお子様でも大丈夫じゃないでしょうか。

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応がまちまち

    年中のクラスで読んだことがあります。
    繰り返しになるので、飽きたような表情の子どももいましたが、「次は次は?」と身を乗り出して見ている子どももいました。
    最後の締めくくりの仕方はどうなるのかなぁと思いながら読みましたが、はじめがノミで最後もノミ。
    まとめられた絵本だと思いました。

    投稿日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私自身が小さい頃に読んでもらっていたこの本を
    今は娘に読んでいます。
    まだ9カ月の娘なので意味はわっていないですが
    興味を持って「じー」っとみてくれています。
    この独特の世界観。
    何時か判ってくれる時がくるかなと思いながら
    読み聞かせしています。

    投稿日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴこからぷちへ

    我が家では、積み重ね言葉絵本は3冊目なので、
    わたし的には新鮮さはなかったのですが、
    娘はやっぱり好きみたいです。

    しかも、この本は30年以上前に出版された本なので、
    実は日本での元祖!?

    近づいて見てみたくなる表紙、
    のみのぴこから始まったストーリーは、のみのぷちで終わります。
    まったく無関係のようだけど、どこかで繋がっている社会。
    実は深〜い作品なのかも?(笑)
    何より、絵がシンプルなのがいいですね。
    文章のこんがらがり感を横目に涼しい感じです☆

    そして、新鮮さがないと感じつつも、
    かなり白熱した読み聞かせを展開している私です。
    そして娘も、横から割って入り、一生懸命読んでました☆
    それも、また積み重ね言葉絵本の良さ。

    積み重ね絵本 未体験の方、トライしやすい一冊ですよ!

    投稿日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑

    小学1年生の息子が図書室で借りてきた本です。

    「のみ」の「ぴこ」のお話なんですが、 
    1年生には繰り返し繰り返しの言い回しが面白いみたいで


        ひとりで 「 大爆笑 」 していました!!


    ただ最後の2ページくらいは

          「ママ読んで〜」
      
            ってギブアップしていました(笑)

    読んであげるなら、3歳くらいからいけそうですが、自分で読むなら小学生くらいからおすすめです。

    シンプルな絵+シンプルな文章で男女ともに喜びそうです。

    投稿日:2010/12/30

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / うんちしたのはだれよ! / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / あけましておめでとう / がまんのケーキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット