虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 その他の方の声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,198
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自然界の節理はすごい

    アフリカのタンザニアの動物たちのお話し

    コビエの丘のイチジクの木は草原に住む動物たちのことをずっと昔から知っている
    お話しのはじまりです  
    なんだかすごく心惹かれる書き出しです

    そして お話しが始まりました   ライオンがヌーのお母さんを殺したのです
    「さいばんだー」 お話しが展開しました
    ハイラックス(イワダヌキ) 裁判長おもしろいな〜
    裁判が始まり ヌーの子どもは涙を流して悲しんでいるのですが
    ライオンは 「ヌーが殺してほしいと言った」
    このあと弁護士 証人の言い分がなかなかおもしろいのです
    動物たちの掟があって  子孫を繁栄させるために 病気になった動物は食べられるのです

    年とったヌーはお母さんが死んで悲しんでいるこどものヌーに
    「わたしは なかまをまもることが いちばんたいせつです ・・・・
    ヌーのお母さんは病気になり、ライオンに殺してくれと言ったのでしょう」
    ライオンの仕事は 草原の動物たちを守ること 
    病気の動物を見つけ出し 誰かが殺してやる  この仕事をライオンがしているのです
    裁判の判決は無罪でした
    動物たちの裁判はなかなか 民主的で 理にかなったすばらしい裁判だと思いました

    「親をなくしたヌーの子どもの気持ちは、 みんな分かってあげましょう 終わります」
    なんて すばらしい裁判の判決でしょう

    動物たちのルールは 子孫繁栄のために守られているのがすごいな〜
    人間も見習うべきことがあると思いました

    投稿日:2013/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット