COCOちゃんのおてがみ COCOちゃんのおてがみ
作: サカモト リョウ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
赤い長靴と口ぶえが大好きな女の子、COCOちゃんのイラストブック。イラスト100点以上+書下ろしミニストーリーも収録!

うまれたよ!テントウムシ自信を持っておすすめしたい みんなの声

うまれたよ!テントウムシ 著:中瀬潤 小杉みのり
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784265020447
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,459
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • てんてんむし

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    この春に自然いっぱいの新潟から
    東京に引っ越してきて、
    お庭も狭くなり、自然も減ったと悲しんでいた息子たち。

    でも、我が家の庭のところには
    物件の下見に来た時にテントウムシが大量にさなぎになっていて
    引っ越してくると、たくさんのテントウムシになっていたので
    子どもたちは毎日テントウムシを観察したり
    捕まえたり、毎日「てんてんむし」(3歳児)と言っています。

    なので、この本はぴったりでした。
    可愛くもない、へんな幼虫・さなぎから
    可愛い成虫の姿は想像できないですよね。
    ほんと、不思議です。

    投稿日:2019/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼虫の姿が分かりました

    テントウムシはアオムシの姿ではなく、羽根のない姿で成長して、最後にテントウムシの姿になる・・・というのがよく分かりました。
    でも幼虫の姿がちょっと怖いです。
    クモのような、毛虫のような・・・
    幼虫ですから小さくて、実際に見る機会はあまりないと思いますが、知らない間に見ているのかもしれませんね。

    投稿日:2019/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真がいいです!

    テントウムシが卵から成虫になるまでを写真で追った絵本です。
    この絵本、写真がとても素晴らしい。
    肉眼ではおそらく確認出来ないような部分も、大画面でしかも鮮明に写されています。(今のカメラのレンズってすごいですね)
    だから新たな発見があります。人間から見たら、ほんのちっちゃなテントウムシですけど、一生懸命生きてるんだなと感じました。
    写真が大きく、文章も簡潔で分かりやすいので、小さい子向けのお話会なんかにも良さそうです。

    投稿日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット