おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

ちいさなたまねぎさん」 ママの声

ちいさなたまねぎさん 作・絵:せな けいこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年
ISBN:9784323001890
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,663
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 苦手な野菜も

    ねずみにかじられたじゃがいもさんをるために、にんじんやたまねぎ、キッチンの仲間たちがねずみに立ち向かう話です。せなけいこさんの切りえの絵がかわいらしいですし、なじみの野菜が登場するので、野菜が苦手な子どもに、野菜嫌いを克服する手助けにもなるかもしれません。うちの子供は、悪いねずみが暗いキッチンに登場するページがお気に入りです。

    投稿日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな巨人

    3歳次女がはまっている一冊。
    親のわたしがせなけいこさん大好きなので、子供たちも、特徴ある絵とユーモアに虜になっています。

    ねずみにかじられたじゃがいもくんのかたきをうつ為、台所の野菜や調理器具が一丸となって、ねずみを退治しようというお話。

    食器たちが、
    ガチャガチャいっておどかしてやるわ
    というセリフがとてもお気に入りで何回読んでも笑っています。

    しかし、たまねぎさん、小さいのに強い。
    何もしていないのに一撃!恐るべしです。

    投稿日:2020/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさいのにつよい!

    いえにねずみがでてくるなんて今の子供たちはびっくりするかもしれませんが、昔ながらのはなしって大事ですね。
    あたまをかじられてしまって泣いているじゃがいもさん。なかまたちはやっつけてやると意気揚々です。
    そしてよるになり、やつはやってきます。夜行性のやつは強い!
    ひっちゃかめっちゃかにします。暗い中に色々な音が響きます。さいごにものしずかなたまねぎさんが登場して・・・。せなさんのさいごは考えさせる終わり方好きです。

    投稿日:2019/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜達の友情が愛らしい。

    喫茶店に置いてあり、初めて読みました。
    出てくるものが身近な野菜たち、場所も台所なの物語に入りやすいです。
    私が、とても気に入ってしまい、その場で即購入しました。
    届いてからは娘もよく開いては見ています。
    テンポも良く読みやすいので、読み聞かせにもオススメします。

    投稿日:2019/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまねぎさん大活躍

    ある日、ねずみにかじられたじゃがいも。にんじんは青くなるほど怖がるけれど、夜になるとねずみはまたやってくる。台所の調理器具達も力をあわせてねずみを追い払おうとするけれど、ついにじゃがいも達に近づいてきて…。
    本当にハラハラドキドキします。子どもはもっとドキドキするのではないでしょうか。見開き一面に描かれたねずみ(文章もない!)の怖さといったら…。いや、絵は結構可愛いんですけどね。
    一昔前は日本中の台所で、こんな息詰まる攻防戦が行われていたのかもしれないですね。
    息子はストーリーがどこまでわかっているのか不明ですが、そこそこ好きな様子。じゃがいもがキャベツの葉の包帯を巻いてもらうところに、興味があるみたいです。あと、調理器具達ががちゃがちゃどんどんする所が好きなようです。
    ハラハラドキドキと書きましたが、面白く読める絵本だと思います。子どもに嫌われがちなたまねぎさんのおかげで、みんなが救われるラストもいいですね。

    投稿日:2017/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい世界を見せてくれたみたい

    始めは図書館で借りてきて読みました。
    私としては、ネズミさんが悪者で、他のみんながやっつけるって話の展開が今まで読み聞かせてきた絵本には無いタイプだったし、なんだかネズミさんをいじめてるみたい?な気がしてしまってかわいそうだなあ・・・なんて思っていたのですが・・・

    息子は大のお気に入りになり、こちらで購入しました。

    自分でネズミ役になりきってみたり、「これをほうたいにしなさい」なんてキャベツさん役になりきってみたり。今までにない絵本の楽しみ方をして、親としてはびっくり。
    みんなでやっつけよう!みたいなドキドキ感がいいのかなあ。

    いままで親の趣味で読み聞かせをしてきたかなあなんて反省したり。
    いろいろな世界を見せてくれるのが絵本のいいところですね。

    投稿日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみが悪者のの絵本

    ねずみが主役の絵本も多いですが
    この絵本では完全に悪者です
    台所が舞台で
    野菜や台所用品がみんなで悪者のねずみをやっつけるお話です
    真っ黒なバックにねずみが登場するシーンは
    大人でもゾッとします
    最後はたまねぎさんの活躍でみごと退治!

    投稿日:2015/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツさんの包帯

    久しぶりに読んだせなけいこさんの絵本です。せなけいこさん=赤ちゃん絵本というイメージが強くて、3歳の長女はもう卒業かななんて思っていたのですが、全く違いました!

    台所で、たまねぎさんやじゃがいもさん、にんじんさん、そしてフライパンやお皿などの調理器具たちが、一匹のねずみと戦うお話です。
    実際の世界ではこのようなことはないわけですが、子供の頭の中では自然と繰り広げられていることなんだなと思います。それくらい長女はすんなりと読んでいました。
    頭をかじられたじゃがいもさんに、キャベツさんが自分の葉っぱを「包帯」としてあげていたのがかわいらしいです。

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わるいねずみ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    台所に出てお野菜たちを狙うわるいねずみ。
    ねずみは小さくて弱者なイメージですが、ここでは強者ですね。
    実際、私も台所でねずみに遭遇したら強敵扱いでしょう(幸いねずみが出てきたことはありませんが)。
    お話のラストがちょっと唐突に終わる感じが少ししました。もう1ページかもうひとことあって余韻があるともっと良かったかな。

    投稿日:2014/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみvs台所の仲間!

    図書館から借りてきて、4歳の娘と読みました。

    台所でねずみにかじられてしまったじゃがいもさん。
    台所にいるみんなが、悪いねずみをこらしめようとしてくれます。
    しかしねずみは思ったよりも強くって・・・?!
    誰がねずみをやっつけてくれるのでしょうか?!

    せなさんの絵本でしたが、珍しくあまり娘にはヒットしませんでした。
    たまねぎの辛さとか目にしみる感じがいまいちピンと来ないからでしょうか?
    お皿とコップに歯があったところと、
    にんじんさんが青くなっているところは食い付いていましたが、
    あとは特に感想なし、な感じでした。
    最後もちょっと中途半端な感じだったので、
    「これで終わり?」と言われちゃいました。
    良いお話だと思うんですけどね。
    うちの娘とはあまり相性が良くなかったようです。
    母は、きゃべつさんが看病してくれるところとか、いいなぁと思いました。
    ねずみが登場するシーンも、ドキッとして好きです。

    身近なものがたくさん出てくるところが良いなぁと思いました。

    投稿日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

77件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(85人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット