まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ちいさなたまねぎさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

ちいさなたまねぎさん 作・絵:せな けいこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年
ISBN:9784323001890
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,663
みんなの声 総数 85
「ちいさなたまねぎさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 苦手な野菜も

    ねずみにかじられたじゃがいもさんをるために、にんじんやたまねぎ、キッチンの仲間たちがねずみに立ち向かう話です。せなけいこさんの切りえの絵がかわいらしいですし、なじみの野菜が登場するので、野菜が苦手な子どもに、野菜嫌いを克服する手助けにもなるかもしれません。うちの子供は、悪いねずみが暗いキッチンに登場するページがお気に入りです。

    投稿日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな巨人

    3歳次女がはまっている一冊。
    親のわたしがせなけいこさん大好きなので、子供たちも、特徴ある絵とユーモアに虜になっています。

    ねずみにかじられたじゃがいもくんのかたきをうつ為、台所の野菜や調理器具が一丸となって、ねずみを退治しようというお話。

    食器たちが、
    ガチャガチャいっておどかしてやるわ
    というセリフがとてもお気に入りで何回読んでも笑っています。

    しかし、たまねぎさん、小さいのに強い。
    何もしていないのに一撃!恐るべしです。

    投稿日:2020/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜達の友情が愛らしい。

    喫茶店に置いてあり、初めて読みました。
    出てくるものが身近な野菜たち、場所も台所なの物語に入りやすいです。
    私が、とても気に入ってしまい、その場で即購入しました。
    届いてからは娘もよく開いては見ています。
    テンポも良く読みやすいので、読み聞かせにもオススメします。

    投稿日:2019/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまねぎさんの活躍

    ねずみ退治に台所の調理器具やお野菜たちが協力したのは言うまでもありませんが、小さなたまねぎさんが、なにもしないでもそこに存在するだけで活躍できたことが気に入りました。野菜さんたちの名前を覚えたりできるので、1歳の孫に読んであげようと思いました。

    投稿日:2017/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまねぎさん大活躍

    ある日、ねずみにかじられたじゃがいも。にんじんは青くなるほど怖がるけれど、夜になるとねずみはまたやってくる。台所の調理器具達も力をあわせてねずみを追い払おうとするけれど、ついにじゃがいも達に近づいてきて…。
    本当にハラハラドキドキします。子どもはもっとドキドキするのではないでしょうか。見開き一面に描かれたねずみ(文章もない!)の怖さといったら…。いや、絵は結構可愛いんですけどね。
    一昔前は日本中の台所で、こんな息詰まる攻防戦が行われていたのかもしれないですね。
    息子はストーリーがどこまでわかっているのか不明ですが、そこそこ好きな様子。じゃがいもがキャベツの葉の包帯を巻いてもらうところに、興味があるみたいです。あと、調理器具達ががちゃがちゃどんどんする所が好きなようです。
    ハラハラドキドキと書きましたが、面白く読める絵本だと思います。子どもに嫌われがちなたまねぎさんのおかげで、みんなが救われるラストもいいですね。

    投稿日:2017/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな玉ねぎさんが頑張ります

    • みゅーけさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子3歳

    息子に3歳の時に読み聞かせしました。
    お友達にいただいた絵本ですが読んでいるうちに私も幼稚園の時に読んだ事を思い出しました。

    野菜やお鍋などが夜中に台所に来るネズミさんと戦うのですがみんなそれぞれ頑張ります。
    絵も切り絵?のような少し立体的でそれぞれが可愛らしく描かれていて素敵な絵本です。
    お話も短いので幼稚園生くらいの子供がいる方にオススメです。

    投稿日:2013/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵本です

    頭をかじられて泣いているシーンからはじまる、このお話。その絵がまず可愛いです。ニンジンやキャベツにやさしくしてもらい、そして食器たちが打倒ねずみ!と奮い立つ。せなけいこさんの独特の絵、野菜や食器それぞれに顔もあり、怒ったり泣いたりと表情豊かでとってもかわいらしいです。娘、セリフをまねてみたり、食卓でジャガイモをみると「ねずみにかじられるよねー」なんていっています。

    文章の中、野菜の後ろにそれぞれ「さん」がついています。この「さん」がついていることで日常動かないものにもほんとはこんな世界があるんだなぁなんて思えてしまいます。何度みても楽しい絵本です。

    投稿日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで!?

    うちの子はタマネギの恐ろしさをまだ知りません。なのでこの絵本を読んであげてもピンと来ていませんでした。今度タマネギを切らせて涙地獄を味あわせたいと思います。タマネギが強いのを最後まで不思議がっていました。タマネギ切った後に、また読んでみたいです。

    投稿日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • せなけいこワールド

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    「ねないこだれだ」が大好きな娘は、病院の本棚でこの本を見つけてすぐに「読んで」と持ってきました。せなけいこさんの貼り絵のぬくもりがとてもかわいらしい絵本です。
    内容は、じゃがいもさんがねずみにかじられて、キッチンにいる仲間たち(おたまややかんや野菜)がねずみに報復しようとするのだが、なかなか歯が立たず、最後にちいさなたまねぎさんが自分をかじらせて「めがしみる」「からい」とねずみを撃退するというもの。
    途中に出てくるキャベツの葉っぱの包帯をしたじゃがいもさんがとってもかわいくてお気に入りです。
    ただ、ねずみが苦しむ絵で終わるので、最後ににっこり笑顔のかわいいページがあれば良いなと思いました。ちょっと終わり方が唐突で、まだ続くと思ってページをめくってしまいました。

    投稿日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • タマネギさん強い!

    息子は男の子だからか、ねずみと戦うという展開に夢中でした。

    身近な題材で、たわいもない話ですが、小さな子にとっては大事件に見えるようで、ドキドキしながら聞いている様子がよくわかりました。

    読み聞かせる立場としては、登場人物たちの発言があちこちに散りばめられて書かれていて、どこから読んでいいかわかりにくかったのが難点でしたが、しばらく息子のお気に入りになりそうです。

    投稿日:2011/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(85人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット